真実を知った方の自殺が相次いでいると脅されるので、自粛します。

閲覧をご希望の方は以下の事を約束していただけた場合にのみメールを送って下さい。リンクを送付します。

自殺しない

書いてあることについて口外しない

全てにおいてブログ主に責任を向けない

よろしくお願いします。

philosophy@doubtfuljournal.com


要約として小名木善行さんの所にコメントすると消されるコメントを掲載します。(基本的に朝鮮と打つだけでコメントは消されます。)寄付はこちら 三菱UFJ銀行511 0661617

戦後の官僚主導の民主化が行われた日韓の発達障害の増加は、敗戦国の奴隷階級に真実を知られては困る、移民の集団で構成される統治民族による、共産主義的思想による平均化を建前とした、必要悪によるヒ素の混入が原因で"間違いない"です。

暗殺でもなんでも必要悪だと言って、民族浄化している人たちなので、中国のジェノサイドについても制止できません。

お互いが戦前に主流派であった秦の始皇帝など漢民族の満州族や朝鮮民族に同じ様に戦争責任を押しつけて民族浄化しているからです。

白人による黄色人種虐殺の対象民族だったからです。

世界でも普通に行われている虐殺の実態で、日韓だけそんな事がないなんて考えるのは不自然ですし、僕は見てきましたし、実際に被害に合いましたし、親族も殺されましたし、日本中で似たような事件が多発していますが、国家権力は捜査どころか注意喚起すらしません。

犯人だからです。必要悪なのです。

昔の写真を見れば、戦後に百済や朝鮮系や満州族とされるアジアの最大派閥は激減していることがわかりますし、中国でも未だに差別の対象となっており、極秘扱いで、この事を口にするとあちこちからネットを通して監視や嫌がらせが始まります。

You Tubeでもコメント消されますが、苦肉の策ではありますが中国を悪者にすることで、世界を股に掛け活動し牛耳っている既得権益層は、とりあえず合意したようですが、未だ油断はできません。

お気を付けください。そして死なないでください。

doubtfuljournal.com