大局観が民主主義を構築する

人類は未だかつて民主主義を成したことはない


最新記事はこちらからチェック

Wi-Fi契約できない僕のブログを危険視したのか公安警察に虐められて山の中に隠れてパソコンにあまり触れないのではてなブログ初めました


日本の義務教育はある種の嘘を教えています

権力の背景には多くの秘密や機密性が必要不可欠であり、その仕組みの際足るものがアメリカでレベル分けされている機密情報です

その根幹にあるものは民主制への配慮であり、秘密は仕方なくするものであり、時間の経過による情報の開示が必要不可欠であるという結論に達しています


しかし日本の統治権力は民主制への配慮を無視します


つまり民主主義という形をとってはいますがその内情は部落コミュニティなどの優越性を開示しないことが前提となり構築されたものであるということです

秘密というものは権力が階層で分かれている場合は必ず必要となります

その階層による情報量の差が力の差となるからです

しかし一般組織ではわざわざ力の差などを認識する必要はありません

力の差などを認識する必要があるのは強制力を行使しなければならないときだからです

つまりわざわざ普段からギリギリの問題に直面することがない以上、ただの役割分担のようにしか感じることはないのです

ですので力の差を感じることはない中で上司しか知り得ない情報などがあると思います


それが権力の差です


その閉鎖性へのアプローチの仕方が西洋と東洋ではハッキリと明確に違うようです

西洋のような理念的世界では民主制など個人の権利を論理的に明確化しているために国が秘密を持つということは悪いことであると言う感性があります

ですので仕方のない秘密があったとしてもいつかは開示しなければならないよね、という前提で秘密保持や機密性を確保できるのです

しかし東洋のような物質的世界では個人の権利をハッキリとすると全体主義的活動ができなくなります

これはつまり物への執着心が個人を優越することで満たされないことによるものです

ですので全体主義として機密性を確保します

どちらにも良し悪しは存在しますがこの機密性により国民の不信感が高まるなかでは政治への悪影響が懸念されます


つまり不信感の源となります


この不信感をぬぐい去る方法は全体主義的弊害から来ているものですので全体主義的に補填することが望ましいと思います

その補填方法が大衆への金融緩和だと言えます

つまり貧しい人々に裕福な生活を提供することで矛盾を気にならなくすると言うことです

しかしその分配ですら一部の民族コミュニティにしかなされていません

多民族、つまり部落民と言われる人々以外には内緒にしておけばよいからです


日本では戦前からずっとある種の嘘を教えています

それは個人のためではなく国家のために作られた仕組みだからです

その事自体が悪いかどうかはあなたが今幸せかどうかということに帰結することになると思います


あなたは幸せですか?


人間の幸せには様々なものがあります

家族のため、自分のため、国家のため、愛するもののため、恐怖から逃げるため

様々な環境や状況に応じて人間は幸せを定義していきます


そんな中であってはならないことがあります

それは嘘をつくことです

全ての諸悪は嘘を基本として成り立ちます

その嘘というのは秘密に由来します

嘘をつかなくていいのであれば秘密にする必要もないばかりでなく悪とされるものが悪ではなくなります


例えば人殺し

絶対に悪だと感じる行いも動機が悪いものでなければ隠す必要もなく悪とは言いがたいものとなります

母を守るため、国家を守るため、悪を根絶するために死刑や戦争など多くの殺人が善とされています

つまり善悪は動機に由来し嘘や秘密は不都合な面がなければ存在する必要がないことがわかります


日本では長らく統治のために嘘をついてきました

民主主義や在日差別、ヤクザとは、部落とは

多くの言ってはならないとされるもののために日本の構造の多くが歪められ日本を根幹から破壊するまでに膨らんでいます

その歪みの根本に作用しているのは部落民という特権階級による秘密や嘘です

戦後の動乱の中、大衆からは指示されにくい多くの必要悪と言う名の悪を容認してきました

その多くの悪はやがて肥大化し本人たちですら止めることが困難なまでに暴走を始めています


極右や極左を名乗る犯罪テロ集団

日本のための権力を海外のために振るう売国公務員

民主主義を歪め部落や在日という民族による差別を正当なものとしている宗教団体

過去に差別を受けたのだと主張する活動家

筋や義を重んじるはずの文化や伝統を継承すると主張する暴力犯罪集団

公的な行いに開示義務を持たせずに乱用する公の安全を害す秘密組織


これら全てを辿っていくと日本と世界を繋ぐ民族コミュニティに辿り着きます

しかしその存在を語ることは危険を伴い、それら全ての諸悪は"言ってはならない"という秘密の強要により生まれているのです

その組織は義務教育でも無類の力を行使し日本の子供たちを洗脳し、さらには自分達の子供にはまったく違う教育を施し人生を暗黒に導いているのです


それらは司法、立法、行政、経済界、裏社会、宗教界などのカテゴリに縛られず全てに存在するばかりか世界中で我々は差別されたのだという求心力を使い私腹を肥やし、その存在が人口を減らそうと自分達だけ守りながら多くの虐殺を行っています


この情報格差により、世界を股に掛ける"差別をしてはならない”コミュニティは差別を見えなくしています。

つまり民主主義というのは建前だけで大衆には開示されていない多くの闇を抱えています。

これは現在も独裁を貫いている北朝鮮や戦前の大日本帝国が国民に真実を教えなかった時と同じものです。

勿論その動機については悪とは言い切れない多くの現実が立ちはだかっています。

しかし、時を経て産業構造の変化やIT技術の一般参入による大衆の知能やリテラシーの加速、共同体の変化など人類歴史に残る大転換が起き始めています。

これまで闇に葬ることで解決していたものも通用しなくなり、さらには隠していた副作用により日本どころか世界の権力構造が地殻変動を起こしています。


公の存在すらも信じることはできない国家日本


その真実に迫ります

はじめに

参考

YOUTUBE