このままだと口封じに殺すしかなくなる

2680/06/03/11:12 警察組織は当初の予定通り保険金殺人を実行する事にしたのかも知れません


肺が痛い

僕へ行われる電磁波攻撃がまた痛みを伴うものへと変化した

明らかに同じ場所を狙った複数の量子レーザーにより与えられている痛みは日に日に強くなり、発ガンなり炎症なりを繰り返している

もしかすると女子プロレススラー花さんの自殺となにか関係があるのかと感じ始めている

僕が起こした事件をなぞる様に侮辱され、自ら命を経たされたのではないかと、、、

つまり復讐の連鎖

この国は狂っている人が溢れている


しかし能動的に人を絶望の縁へ叩き落とし死に至らしめることなど比較的簡単であると言える

特に若くプライドの高い人であれば、盗撮をし、オナニーの証拠映像など他に見せられたくない秘密を握り、脅すなりしてしまえば羞恥心から自ら命を経つだろう

しかもそういった活動を長年繰り返してきた気持ち悪い宗教などであれば独自の暗殺技術のデータも存在するはずで、彼らのステージに乗ってしまえば誰も彼らには敵わない


もし僕の予想が正しいのだとして、僕への弾圧を正当化たらしめる為に同じ様な復讐劇が行われているのだとして、その出来事をモデルとして僕への量刑が変化しているのだとしたら、これほど馬鹿らしいことはない

それらの行いはただただ罪を増やす為だけのものだからだ

とはいえ実際にはこうした活動の本当の目的は復讐ですらなく、既得権の維持の為の攻防だ

もちろん端的な意味では復讐と言えるのかも知れないが、その根幹に作用している動機は、我々と彼らという分断により自らの存在に根ざす想いを晴らそうとしているだけのものであり、独りよがりなセックスのそれと何ら変わらない

この様な命懸けのレイプを正当なものだとしてしまえば、当然の如く生まれる勘違い

被害者意識が被害を拡大させ止まらなくなる

なぜこんなテロリズムを税金で補填して養う必要があるのか

全くもって必要な必要悪だとは言えない

むしろ人類普遍的な悪だとすら言うことができる


例えば考えてみて欲しい

自分達が被害だと感じている出来事を子供たちに埋め込むという事がどれ程に子供たちに苦しみを与えるのかを

もちろん公の痛みとして平等に痛みを分かち合うのであれば、それは必要なものだろう、第二次大戦、原爆、遺伝的不具合、災害、、、


しかしこの痛みを閉鎖的な空間で、証拠の捏造や歴史の拡大解釈などを行い復讐心と共に子供たちに埋め込んだとするならば、それは当然の如く犯罪の温床となり得るばかりか、閉鎖的な空間で育まれたその被害を晴らそうとする力の向く矛先を向けられた対象は、何が悪いのか、どの程度が罪なのか、何が行われているのかすら理解できる事はない

ただ何となく同じ雰囲気を持つ人々が存在し、その人々の周りでは嫌な出来事が多いというだけの事

もちろんその集合体のことなど知らないし、それどころか生まれる以前から狙われ囲い込まれている事により、それ以外の集合体を知らないのだから、それら不幸が普通の事なのだと感じる

事あるごとに囮捜査などを行い個人情報を内部で溜め込み着々と蓄積された数々の罪を並べて、死へ向かうために効果的な対象者の精神のスイッチを押す順番を選び、デスノートの効果を発揮させる


しかも彼らはレイプや罪の共有などで求心力を維持し教育界を牛耳り日本国民を騙し洗脳し税金を搾取している保険詐欺組織

考える事は限られている

それらの活動をねずみ小僧だなんだと言い始め、所詮この世は弱肉強食だと悪事の正当性を担保する

何も知らない国民へ注意喚起を促すことも無く、自分たちの正体がバレるのだけは許せないと情報を統制する

バレるくらいであれば国民が虐殺されてコミュニティが潤うほうがいい

我々ではない彼らの人数が減れば、民主主義も制しやすくなる


これは悪ではない、正義なんだ、必要悪なんだ

しかもそれらを行っているのが国家権力なのだから救いようがない

誰を犠牲にするべきなのか、我々ではない誰かにしよう


突然法を越えた人々が勝手に内々でルールを変え数字の上下を何よりも大切なものだと崇拝し、自分たちの都合に合わせてあらゆるものを捻じ曲げる

命の値段、価値の定義、我々とは、正義とは、日本とは、歴史とは、、

そのどれにも被害感情が作用し、自分たちで埋め込んだコンプレックスに囚われて操縦不能に陥る

コミュニティの向く先どころか、自分たちの心すらも自由にならず、その餓鬼畜生根性に振り回される憐れな姿はまさに自爆テロを企むテロリスト


なぜ国家権力や税金でこんなことを行われなければならないのか

なんでも特権階級様だとか


本人達曰く、様々な特権を有している様で多くの日本人はその事を知らない

もしかするとこのお話自体が作り話で、僕に罪を増やさせる為の囮プロパガンダなのかもしれない

しかしそれら真実を明らかにすることもなく終わらせたのであれば、犯罪の手口を闇に葬られ無かったことにされてしまう

こうして声を上げ続ける事で全く同じ事が繰り返されれば状況証拠として積み重ねられる

その出来事が同じ組織周辺で起こるのであれば一定の成約を掛けるなりの理由になる筈だ

問題はその不穏な出来事を法や行いを司る人々が行っているという事実を国民に周知する必要があるということ

しかし彼らは情報の開示は一切行わない

その中で周知活動を行えば彼らからの図ったように始まる、こいつは頭がおかしい、統合失調症だ攻撃を受け続ける事が条件となる

とても気持ち悪くて悔しい


母も絶望の中でこの言葉にできない誰にも理解してもらえない集団から行われる侮辱の中で絶望を感じていたんだろう

我が子からも誹りを受け女一人で全てを受け止め僕を育てた

この増悪のどこが国益となるのか、この増悪の何が必要だというのか

本当に被害者や一族の事を思うのであれば、その人々を救う事を考えるべきであるはずだ

しかしそうではなく、人を貶めようとする背景にあるのは既得権の為に利用価値があるのかという浅ましい理由

それどころか楽しんでいるとしか思えない

悪ければ強い、悪ければカッコイイとナルシズムに浸るコンプレックスを埋め込まれた憐れによるオナニー


勘違いして欲しくないのだけれど、僕がトランプ大統領を推しているのは"対外的"にそうした悪とされる性質を持つ政策判断を決断することが必要だと言っているに過ぎない

そうした感性がなければ体外的な危険に対して対処できない

国際社会へ向けた責任を果たす事ができない


しかしそれを内部で行い悪を育むという事は国家は国家という責任を放棄するという事になる

だから始まる独立論争

しかもこれら全てが、どちらに転ぼうとも工作員の思い道りに転がるしかない哲学的狭義が存在している

憎しみは憎しみを生み、憎しみを力としている人々が力を増す

体外的なものであれば法や倫理観など様々な制約を超えて更に大切な理念により統合する事ができる

しかし内部で行ってしまえば同じルールの元で自ら首を絞めることになる

この道はどちらに向かおうとまずいとしか言えない

つまり民主主義の性質により悪とされる感性を周知させる必要があるのであれば国家権力に近い人々による差別的弾圧ではなく、国家権力の推奨するイベントによる差別のないヴァーチャルな体験を行わせることが必要だと言うことができる

それはとても簡単な事で、貧しい所への研修や紛争地域への社会見学を行えば良い

何かに巻き込まれたとしても超法規的に国家の責任は問わないものとすれば良い


国家の存亡の為に国際社会への責任を果たす必要性を認識させる必要があるからだ

とにかく先ずは全く違う道を用意し、どちらに転んでも工作員の思う壺にしかならないような政策をやめ、掌から出ることを先決とするべきだ

それどころか自分達が工作員として操られていることにすら気が付いていないのかもしれない

だからねずみ小僧だなんだと言い始めた人々の眼は軽く瞳孔が開き視線は定まらず更に奥に注意を向けている様なオウム真理教に洗脳された人々と同じ引きつった作り笑顔のシワに隠れた奥から除く全く笑っていない瞳の雰囲気がもたらす人間味の欠けた異質な触り心地が、無条件に危険を察知させ気持ちが悪いと感じてしまうのだ


結局の所、電磁波攻撃で鍛えているだ何だと言っているが、子供の頃から僕に行われた様々な弾圧自体がこうして始まる電磁波などの活動を予期した暗殺に利用されているだけで、必要悪を主張する裏社会や税金で賄われる公共事業などと連携して労働を悪用し、アスベストやグラスウールや溶接作業など呼吸器に入り肺などを傷付ける素材の撤去作業にマスク無しで従事させじん肺を誘発し、あらゆる社会環境を暗殺に活用し電磁波攻撃が始まる事により発がん率を上げ寿命を操作している

いかに人体に影響はないだとか言ったところで積み重なればその効果は絶大

周辺住民全てが生まれた時から狙い撃ちにするのだから組織的に生命保険を得る為に寿命の二十年や三十年は簡単に縮めることができる

それどころか祖父の時代から見張られているのだから、おとり捜査やマインドコントロールも含めて、それ程までに深い思慮を必要とする状態で多くの国民に被害が続出し長年に渡り行われている保険詐欺であろうということが大方確からしいと確認できても、この国の権力機関は情報の開示も捜査もしない


つまりこれらは元々は国家権力の仕方の無い資金繰りであり、現在となってはその仕組みを悪用した我々とされた工作員に仕組みごと乗っ取られている


法に従うのは大切だけれども、その法が制定された裏にある思惑などに立ち返り今一度考え直さなければ、その法自体が既に工作員により巧妙に練られた罠である可能性すらある

それどころか戦後の真実の日本の民族対立などから辿ると法どころか権力構造自体がまず間違いなく悪用されていると言える


まずは掌から出る事が先決だ

このままだと虐殺が始まる気がする

なんて気持ち悪い世の中になったんだ

気持ち悪いやつが増えすぎた


僕にしてみれば、銃を持って殺し合っている人々の方が眩しくて、正々堂々と死を前にして精一杯に命を光らせた美しい輝きの如く映る

罪深さや業の深さは、生命の輝きすらも奪っている様だ


こんな事する位なら死刑にするべきだ

罪深すぎる