本日の電磁波54マイクロ

2019/01/11 本日の電磁波微弱 54μ


なんだか優しくなったようです

なぜだかはわかりませんが助かります

今のうちにおならをいっぱいして腸内環境を整えまた気持ち悪いに敏感になり嫌がらせが始まるでしょうから対策を練ります

車のパーツも調べてもよくわかりませんし、配線図を見ようとするとネットで一万円くらいかかります

配線がわかったところで電磁波のなにかがわかる可能性も低いですし、何より車に仕掛けられていない電磁波が特に厄介で、車の電磁波を避けて外で寝たりすると肛門狙ったりする人々がやって来ますのでどちらにせよ上策とは思えません

捕まえたところでその装置を使った証拠がないとか言うでしょうし、そもそもその逮捕に来るはずの人が電磁波攻撃している人々なのだからどうにもなりません

こうして僕の遺伝子は必要悪と言う名を語るご都合主義の権威主義の歯車アイヒマンの脳ミソ100分の1くらいの人々の感情や全く論理的でない論理や不適正な適正手続きにより、過去の復讐が正当性を持ち傷物にされ障害を持った子供を産む確率が飛躍的に上昇するのです

いろんな国々でこの事を語り続けるために英語の勉強を始めようと思います

普通に聞けばなんだその気持ち悪いやつらは?となるでしょうが警察や民族問題や世界大戦へと話が続き、人類に降りかかっている災いに恐怖することになると思います

しかしその活動もこうして電磁波などで邪魔をして考えると電磁波によりダメージを受けた脳は頭がいたくなったり、栄養を吸収できなかったり、アトピーが再発したりして学ぶことも困難です

まだ私の場合は子供がいないからよいですが子連れの人の場合はそのままオペレーションを遂行するのでしょうから子供への悪影響やその後の社会への悪影響を考えると多大なものになっています

そんなこともわからないおバカな人々に統治され正義だ必要悪だと弾圧されている僕のような人を見て「これは差別じゃないのか?」という疑問を持たない、持てない、そんな人々が差別だと騒ぎ税金を搾取し優越的に振舞い、さらには遺伝的に感性が不安定で激しい気性を持っているのに特権階級になり権力を行使する立場にあるという身の毛もよだつようなこの国のシステムに恐怖して止みません


家が詐欺に合い引っ越し先も操作されていたのだと思いますが数々の出来事に決まって現れていた、自分はあがり性でアレルギーみたいなものだと思っていたことがまさか砒素を混入されていたものだとは、、、

よく通った飲み屋さんやご飯やさん、いつもの友達や先輩、友達のお母さんやお父さん、お爺ちゃんやお祖母ちゃん、何故かすごく悲しそうに「がんばるんよ」と言われたことや何故かにやにやしていたこと、いつもなにか不穏なものを感じていたこと全てが繋がったときの恐怖

何よりもその行いが国家権力も関係している行いであるということへの絶望感


もう電磁波終わったからとか、毒を盛られても大したことないとか、右だとか左だとか、部落だからとか戦犯の子孫だとかいろんなことがまさに混沌としているこの国は大きなネジが飛んでいると思います

そのネジが飛んでいることにより、身の毛もよだつほど壮絶な事件や事故が起きています

知っていながらそれでもコミュニティの言うことを聞いて生を享受しているのは恐怖心からなのか欲望なのか

多分どちらでもなく本人たちからすると当たり前のことなのでしょう


なので僕は思います

堂々と世界に日本はこういう国ですと言えばよいと思うのです

そうすることで世界の反応を知ることができます

こういうとそれを言うのはまずい!となるのでしょう?

まったく馬鹿馬鹿しい限りです


もちろんすべての人ではないでしょうし、内部で戦っていることも理解できますが論理で諭してもまったく意味をなさないと思います

なぜなら自覚がありながら行っているからです

しかしみなさんも同じ仲間だからということで少し優越してしまっていると思います


面と向かった議論は避け、見えないところからの嫌がらせで黙らせようとしたり、ユーチューブのコメントで脅してみたり、きっと僕のいないところで不在裁判をして不正に集めたものや捏造したもので証拠として殺害することを正当化しているのでしょう

卑怯なだけでなく気持ち悪いです

もちろん僕は罪も犯しましたし、タイミング次第だとかいろいろあるとは思います

しかし忘れてはならないのはそこに民族的差別が繁栄されていないかということです

調べると差別だと騒ぎ調べることは叶わないのでしょうが部落民や済州島民コミュニティへの制裁率とその他の人々を比べ、犯罪率との係数で比べたときに差別がないかどうか一目瞭然でしょう

なぜなら済州島民コミュニティの罠や画策により多くの人々が罪をおかしたり、捏造により弾圧されているからです

その様なことをする人々をなぜ対等に扱わなければならないのか

その様なことをする人々がなぜ権力や談合を許されるのか

これは明らかな憲法違反であり、迫害の上で行われている虐殺行為であり、戦争行為です

しかし国家は取り締まらない

この国はもう止まれないのかもしれないと感じています


迫害や差別の上で選別され画策されリアリズムが必要だという

リアリズムが必要だという前に既に狙いを定められていたのに

スタートの合図はいつ鳴りましたか?

何が起きているのか知らない人々に対し

画策し、狙いを定める済州島コミュニティ


この国は狂っている