集団ストーキングと電磁波の精神構造

そもそも何故こんな意味のなさそうなことをするのかを考えてみました

やる気を出さすため

殺すため

癌にするため

腎臓をいたぶり長生きしないように

復讐

国益

民族の求心力を高めるため

様々ありますが確かなことは特定の人々は対象から外れているということです。

それは正当なことなのでしょうか?


たぶん集団ストーカーも正義のもとで行なっているのでしょう

正しいのだと感じ行なっているのでしょう

しかし本当にそうでしょうか?


昭和教育の人々は感受性が低いです

なぜなら義務を押し付け均一化をしたので心を捨てさせました

人間ではないという意味ではありません

感情を表現することが極めて悪いものとなっている教育を受けているということです

何故人が嫌がることをするのでしょうか?

何故その考えにたどり着いたのでしょうか?

虐めは愛の鞭といいながら仲間内では優しくリベラルで強いものに逆らわないだけです


つまりもう人選は終えており大衆は均一化しなければならないと考えているのでしょう

こうでなければならない

あれはしてはならない

すると嫌なことがある

嫌ならこうしなければならない


これが彼らの思考回路で儒教や軍隊などに使われるマイナスの発想です

勝手に分類


問題はゆとり教育で違う感性や考えをするように教育を施したのにそれを都合が悪くなったからということで失敗と決め付けこうした命を脅かし、脅し、追い込み、あわよくば死ねばよい考えているのだろうというような凶行に走らせています。

つまり洗脳に成功したけど社会の準備してなくて巧く歯車がかみ合わないから殺してしまおうということです


そして均一化に戻るということは自ら感じ考え表現するという循環をしないように育てるということであることからそれはなるべく感じない考えない表現しない人間、つまり人間が人間たる所以を潰した奴隷、それどころか移植する内臓を作るための家畜を清算しているということなのです。

移植手術するのはだれでしょうか。

お金持ちです。


現在起きている世界中で起きていることは一定の富裕層(民族的コミュニティ)の物語でありディズニーランドと同じです。

私は差別的な色眼鏡で見てしまっているのかもしれませんが済州島民である孫正義さんがお金を持っていったと言われているトランプ大統領も含めたものがそうなのではないかと感じています

夢を見せているのです。

その実態をこうして綴ることで嫌がらせを受け死んでいく私はただの貧乏で不都合な存在です。

それどころか日本の統治者である済州島民と部落民の憎む対象民族といったところなのでしょう

真実は分かりません

何故彼らは隠すのでしょうか?

動機が明かされたくないからだと考えられます


これまで陰謀論は考える人の感性次第だといってきましたがそれこそが正に陰謀論があることの証明なのです

そう思ってしまった人間にはそういったものでしかないからです

子供の頃から洗脳しておいて不都合だから死ねというのです

確かにこうして声を上げることは社会不安や生産性の低下を招くかもしれませんがそれよりも大切なものがあります。

それは人間だということです。


私たちは家畜じゃありません

何故、心を捨てさせようとするのでしょうか?

理由は分かっています


民族が違い、貧しく、能力がなく、自分たちと違う感性を持っているからです


しかし罪を犯したのは確かです

同時に理解してほしいのは民族的復讐心や自らの優越性の確保のために犯罪を犯さそうと画策していた人々が存在しているということです

遺伝子的に感性が違うから犯罪を起こしてしまうからというのであれば部落民や済州島民は最初から答案用紙を持って人生を歩んでおり、そのほかのコミュニティに属していない人々は問題が出されていることすら知らない中で半ば強引にミスをするように画策され、目隠しで人生を歩んでいるということなのです。

それも毒を混入されながら

これが日本や世界の実態であり、これまでの石油など重化学工業を中心として栄えてきた近代資本主義の勝者たちの世界なのです

そして証拠はないからと言い張るのでしょう

騙された方が悪いと言い張るのでしょう

しかしその心に刻まれた真実を拭い去ることは出来ません

それこそが正に遺伝子に書き込まれたパンドラの箱であり、いつか人々はより強大で見えにくいパンドラを放つことになります

そのときに必要不可欠だったと感じるものは、そうならないように多様な遺伝子で望み痛みを伴うことから逃げないことであったのだと知ることになるでしょう


でなければ皆が家畜となり機械だけが動く、無機質で無意味で完璧な世界を残しやがて生きたい、死にたくないという欲求を失い滅びるでしょう

つまり現在の空けてはならないパンドラの箱はあなたたち自身だということなのです

始めから蓋を閉めるべきではないのです

執着を捨て認め育み共に生かす手を探してください

著者には見えています

それは社会構造を変えることです

そうしないということはすでにノアの箱舟を建造しているということなのでしょう

しかし考えてみれば確実に訪れる氷河期などがある限りいつかは宇宙に飛び立たなければならないのも普遍の原理だといえるのかもしれません。そして宇宙に出た時に心を捨てコミュニティを優先できる人だけで宇宙船内を構成したいと考えるのは必要なことなのかもしれません。

であるならば致し方ないとも思えてなりませんが緊急でないのであればただの人権侵害といわざる終えませんしわざわざ殺さずにどこか野生にでも返すべきではないでしょうか?

何故命を奪おうとするのですか?

必要悪という名の正義をまだ振りかざすのですか?

何故教育したのですか?

まったく責任はないのですか?

方向性を間違えていませんか?

未来が見えていますか?

そのアルゴリズムはもう考え改良する余地がないですか?


私から見ればすべてにおいて間違っていると言えます

根本原理が間違っています

破滅や崩壊する気であれば正解です

ゆとり教育を施して正解だったと確信を持っています

育てて頂いてありがとうございます

しかしそれとこれは別ですし実際皆さんもうすうす気付いているけどルールだから逆らえないだけなのではないでしょうか?

なので私は戦おうと思います


人類のために

世界のために

心を捨てて

こうしたパラドックスの存在に気付き自分がいかなる立場であるかを認識し承認し真心を持って見据えることで問題が見えてきます。

開けてはならない箱を開けた時に飛び出すのはすべてです。でも唯一それだけが人間に与えられた生きる意味なのだと感じるものだけが人類に残されたものでありそれだけはいついかなる時も忘れてはならないのです。

諦めてはなりませぬ

道はまだいくらでもあるはずです

人類に課せられて様々な試練を呼び込む罪というものの根本に潜むもの、

それは嘘でありタブーなのです。

あのアインシュタインを持ってしても量子が確率的に存在するということを認識することは出来ませんでした。

つまりパラドックスや永遠を認めることに

知能は関係ないのです!

つまりすべての人々が悟り、自分はどうあるべきか感じ考え表現することが出来るということです。

それは動物であっても理解しているということなのです。

そして箱の底にあるものを見つけ生きていくのです。

諦めてはなりませぬ

皆が人間のまま幸せになれるはずです

電磁波 新発見