やはりオナニーをすると生産性は下がるのかもしれない


2018/12/27 やはりオナニーをすると生産性は下がるのかもしれない


何だかオナニーをしてから頭が回らなくなりました

電磁波が頭を狙っている影響もあるとは思いますがやはりオナニーをすると精力が下がるのは仕方のないものなのですか

しかしセックスでもそれは同じものなのではないでしょうか

人と関わり何かしら生まれることを考えると生産性が上がるとは言えそうですが、、、


やはりオナニーというものは罪深い行いなのでしょうか

誰にも迷惑をかけず、イメージ力を高めることができ、実に高俗的なものであると考えていたのですが使い方次第のようですね

とは言えオナニーをして生産性を下げ社会性を無くすために行っていた部落民の画策であったとは言え、自らに課したオナニーという鍛練の日々は僕に何をもたらしてくれたのでしょうか?

なにかよいものがあるはずだ

そう考えて思い付いたことは余計なことをしなくなると言うこと

つまり害悪となり得る存在にはオナニーを覚えさせることがよい抑止力となり得る

なので部落民による多民族へのオナニーの薦めは効果覿面と言えそうです

しかしそれを画策されていたと気づいたならばどうでしょうか


やはりそれは作らなくてよい敵を作り出したと言うことであり実に社会にとって害悪となり得ることは想像に容易いでしょう


しかし何よりもこういった謀略、つまり本来の意味での右の思想や苫米地博士の薦める密教空間により一番害悪として現れているのが内部の敵です


謀略を張り巡らすとそれに和をかけた仲間の裏切りを警戒しなければならず更なる計略、政略、確認作業が必要となります

もちろん費用やそれらにまつわる教育や粛清も必要となり、この巡りは永遠に細分化され続けます

北朝鮮では粛清と呼ばれる虐殺を行ったりして自らの安全の担保に勤しんでいますがこれも右ならではと言えそうです

つまり終わりはありません

このような終わらない戦いを人類は蛇の道、つまり邪道と表現してきました

これで右の思想というものが持つ危うさを理解していただけることと思います


密教など秘密により求心力を高める組織も同じもので同時に人質をとられたも同然です

もちろん仏教や戦国時代について言えば最高の涅槃に至る道として前立腺を刺激したり、大名との契りを男色として交わしたりと様々な形がありますのですべてが悪いとも言い切れませんがやはり危うさや交換条件のようなものを取り付けているにすぎないことがご理解いただけることと思います

こういった真実が女人禁制の理由なのかもしれません


つまりオナニーのような快楽に身を委ねることは外部との接触を減らすことができるゆえに個を守ることに対しては高い利用価値がありますが社会が個人主義から対人主義に変化している昨今ではあまりお勧めはできないと言えるのかもしれません

ただし著者のような迫害や差別の対象となっている人々、人と接することが危険な行為となり得る人にとってはかけがえのないものと言えるのではないでしょうか?