電磁波攻撃の思惑?

2019/01/19 電磁波攻撃の思惑


前立腺を破壊して不感症になりインポになる

遺伝子を傷つけ子孫に障害を残す


つまり子孫が繁栄しにくくなる


さらに済州島民によるハニートラップなどにより済州島民との交配を進めさせることにより、民主主義を制し、不動のものにする


このために国民の税金を使っているようだ


なにかがおかしい気がしています

済州島民だけがなぜ優越的であるような政策が行われているのか

済州島民だけがなぜ他人の最期の至福の時を破壊しても良いのか


僕の肛門はもう電磁波でボロボロです

処女を大切にしてきたのに

立たなくなっても大丈夫なようにしてきたのに

最後のデザートを取っておいたのに

すべてを踏み潰されます


おじいちゃんを殺され、母をいじめ殺され、最期の至福の時を奪われ、親戚も着々と死んでいき、そして僕も殺害されるのでしょう


済州島民のこうした近親相姦の影響による自己愛性人格障害のオナニーのために税金が当てられ差別化された特権意識で法律をねじ曲げ多民族を迫害、弾圧しているということを国民はしらない

さらにそうした行為の正当性を担保するために多民族の国民を騙してヒ素などの薬物を民間人が手にい入れ服用させて社会生活を困難に陥れ罪の捏造に勤しんでいるという恐ろしい現実がある

しかも多民族を弾圧している人々は社会性が高いとされ宗教や政治、司法、裏社会と深い繋がりを持つことができ資本主義を優位にしていくことができる


その一つがオウム真理教です


このような社会悪となる組織が出来上がるために多くの税金が投入されその税金を不透明にするために特別会計という年度を跨ぐという理由で国民に開示する義務のない枠が充てられています

これらの枠は一度充てられていると次の予算を確保するため不必要であっても無理矢理利用します

そのゆとりから来る無理矢理な行為が電磁波攻撃ですが自らの正当性を担保するために何かしらしなければなりません

そこで考えられたのがオナニーが人口減少を加速させているという根も葉もない理由です

そもそも国民が子供を産まないのは日々の生活が苦しいからです

低賃金重労働に加え格差による悲壮感

自分の子供も苦労して死んでいくだけなら生まない方が良いと思うのは当たり前のことではないでしょうか?

それどころか電磁波は遺伝子を傷つけ障害を持った個体が生まれやすくなるということは実証されていますし、人体への悪影響もあります

簡単に説明すると被曝しますし、それらで出た不純物を代謝するために腎臓に負担をかけ、慢性的にお金を吸い上げる白内障等の目の病気や腎臓病などによる人工透析、さらに脳疾患、心疾患、癌などの三大疾病を進めさせることが明らかです


さらに考えなければならないのは実は精子が減少するということです


つまり何だかんだと正しそうなことを並べてはいますが結局は済州島民による人口調整でしかないということ


人口が増えると民族意識を求心力としている少数派の部落済州島民コミュニティは不利です

これまでは差別利権を巧みに操りお金にものを言わせ民主主義を歪め我が物としてきましたが日本の経済の低迷は済州島民への分配すらもままならなくなり始めています

そこで必要な政策が日本人を減らす、ということです

済州島民を増やそうとしてきましたが資金繰りにムリが出始めています

ですので日本人を減らしているのです


そしてこれをテロ対策と言います


このページに書かれているほとんどがプロファイリングによるものですが間違いないようです


と言うのも僕の戦前華族だった家系だとかの生まれの経歴から自身に起きていた様々な日本国民やアメリカのロックフェラーを中心とするアメリカの旧来の左派からの迫害や弾圧について綴っていましたがハニートラップにより見張りをつけようとしていたようです

しかしそれらを拒みながらブログを更新していると次第に電磁波攻撃が頭を狙ってくるようになりました

頭を狙われ始めてからある異変が起きました

それはなにも考えなくなったということです

と言うよりも記憶が定着しにくくて自分がなぜここにいるのかすらわからないときがあります

さらには忘れ物などか酷く鞄を置いたまま移動したり、先日何を食べたかどこにいたのかも思い出せなくなってきています

わざわざ頭を狙ってくるということはもちろん理由があるのですからそれによる異変が活動者の思念を物語っているというのは間違いないのではないでしょうか?


何よりも恐ろしいのはこれらの活動に関与している地元の業者は地元の警察と地元の暴力団との癒着があるということで、その癒着の根幹にあるのが民族意識であり、さらには被害感情であるということです


なにも考えなくても被害者意識のある人と被害者意識のない人であれば前者の方が社会悪となることはご理解いただけると思いますがその被害妄想やコンプレックスを幼少期から刷り込まれている人々がこの国の権力を握っているということを日本国民があまり知らないということ、さらにその人々が組織の枠を超え民族意識で繋がりそれは憲法などよりも高い正当性を帯びているということを知らなければなりません


でなければ部落済州島民以外の日本人は罠の存在を知らずに捕獲される野性動物や家畜と全く変わらないからです


しかもこうした画策は本人たちでも操作、捜査しきれないほどに膨らみ大衆と剥離した文化を形成し、民主主義の根幹である共通認識、これは痛い、これは痛くない、悲しい、愉しいなどの感情を別次元で育んでいるという恐ろしいことが行われています

それ自体は実は恐ろしいわけではなく、その行いを行っている人々が被害妄想やコンプレックスを幼少期から刷り込まれているということが何よりも恐ろしいことであり、自ずとリアリズムの世界に身を委ねていくということです


そのリアリズムの辿る先は間違いなく優勢思想や民族浄化であり、現在起きている迫害や弾圧などはその予行演習にすぎないということです


そして最も恐ろしいのはその異常性を本人たちは認識できないということであり、これはまさに統治者によるポピュリズムであり、それらに操縦されているシビリアンによるポピュリズムだということです


こうしてまた時代は繰り返され、騙されたシビリアンは日本に落とされた原爆の父と言われたオッペンハイマーと同じ苦悩に悩まされることでしょう


日本の統治者の人々がシビリアンを騙したわけではないというのであれば彼らの声に耳を傾け国政を舵することが望ましいのではないでしょうか?

なぜなら問題の根本にある本質はただの資本主義による選択ミスだからです


何が大切なのか今一度考え直し、さらには物欲やコミュニティに支配された己を正すことでしか日本を助けることはできないと思います


その事がやがて自らを救うのではないでしょうか


この国を蝕んでいるのは、、、