2019/02/21 今日、docomoでムラムラした

2019/02/21 今日、docomoでムラムラした


今日、docomoでムラムラした

最近は嫌がらせを止めてすごく親切にしてくれるdocomo

企業のイメージもあるだろうけど、苫米地博士を始め清い人々が僕を助けてくれようとしているんだと思い始めています

過去に嫌がらせをしていた地元のコミュニティの人々

嫌がらせをされる覚えは多分にありますが嫌がらせの実体を知った人達が姿勢を変えてくれたのだと思いました

女性をあてがい僕に見張りをつけようとしているんだと思っていたけどもしかすると僕の罪や現在の状況を改善するために行ってくれているのかもしれないと思うようになりました

女性を口説くチャンスを与えてくれているのかもしれない


だけど考えてみてほしいのです

そのような思惑で僕の背負う罪や過去の出来事を一緒に背負うということを


僕は胸の大きくセクシーなタレ目の女性が好きです

好みの女性が都合よくdocomoに現れて久々に胸が高鳴りましたがすぐに冷静になりました

頭をよぎるのは被害者のことや母親のこと

同一民族と結婚したからもうおしまいでよいのだろうか

例えば被害にあった人に対して同一民族と結婚したからもうおしまいというルールが設定されているとしてその同一民族である女性に損はないと言い切れるのだろうか?

それどころか危険すら感じながら生活しなければならないのではないか

母親が死ぬ数ヵ月前から毎日のように真っ青な顔をしてテーブルに座っていた

気持ち悪い、早く死ねと心から思っていた

済州島民であろうおばちゃんたちと一緒になって笑い者にしたりした

もちろん冗談だけど、怒りを抑え我慢していたことをやけにムカついてるな、短気だなとバカにしたり、何気ないときに「うちはどうなってもええけん、たっちゃんのことはお願いよ」(私はどのような仕打ちを受けても良いので我が子のことはお願いします)といっていたことが頭をよぎる

母は僕に憎しみを教えずに死んでいった

韓国の血が流れていることや部落の血が流れていることも教えたくなかったのだろう

母は「お前はカップラーメンを一生食べてろ」とかそんなことを言ったらその人は本当にカップラーメンばかり食べ過ぎて死んだということで村八分になったのだろうと思う

兄が生まれて僕が生まれるまでの間に覚醒剤をしようしていたらしい

母の友達が覚醒剤に嵌まり家のタンスに縛り上げて止めさせたとか

その間に何度か経験したとか

そして肝炎になり、その後村八分となった


僕と全く同じパターンのようだ


お前の血はそういう血なのだとか、運命ってものはあるんだとか、霊が見えるとか、そんな迷信じみたことは問題としてない

そもそもカップラーメンを食べて死んだ人にしても、卓越した洗脳技術ですら人を殺すことは難しいとされている中でたった一言で死に至るまでカップラーメンを食べ続けるという影響力を行使できる母がなぜこのように惨めな生涯を送ったのか不思議でならない

そのような力は持っていなかったと考えることが適切だろう


真実がどうであれ僕の人生について回るこの民族問題は人的なものだということは確かです


だからdocomoの人たちや全ての僕の存在を知る人達にわかってもらいたいのは僕のネガティブキャンペーンを行う人々の心理についてです

もちろん本当に被害にあった人や嫌な思いをした人などもいるとは思いますが何よりも僕にヒ素などを混入した人々や母の殺害などにか関わった人々からすれば僕の存在自体が危険であるということ

証拠となり得る存在とも言えますし、仕返しを恐れながら生活しなければならない、であれば死んでもらった方が良いということ

そういったことも考慮していただきたいのです


その上でお伝えしたいのはこの僕のブログや活動そのものは個人や組織、ましてや復讐や恨みを晴らすためのものではないということ

それはもちろん欲求的なものではありますが素直に心の底からこういった行いにヘドがでますし、そんなことが起こっている世界をとても悲しく感じています

そして同時にそのようなコミュニティの影響下で生まれ育った人々、それはヒ素を混入した人々も含め必ずしも自発的なものではないのだということ

立場が違えば僕は率先してやったと思いますし、更にはその優越性を最大限活かして人生を謳歌しようと企む筈です

なぜならどうせ否定しても自らに村八分などの対象になる危険が及ぶからです

であるならば率先してやりますし、様々な権力を活かした活動ができます

良い意味でも悪い意味でも


つまりこの人災の根本にあるのは民族的背景や日本という地政学的背景や戦争などで起きた他人種の争いの形であり、どちらがどうなっていたのかはどこに生まれたかによって決まっている必然的なものなのだということです


その必然的に起きてしまう様々な悲しい出来事や辛い経験をこれ以上増やしたくない、増やすべきではない、そうなるような組織が更なる活動をすることは制するべきでその根本に作用している日本の権力構造の矛盾はここだ、そういった思いだけが僕を突き動かしています


そんな中で例えばdocomoの人たちが善意の人々であったとしても今のこのホームレスのような状況で女性に声をかけることは失礼極まりないと思いますし、この現状を支えさせる意味も見出だせません

更には出された食事もヒ素が入っていないか、盗聴されていないか、実はハニートラップで合法的に殺害するチャンスを伺っているのではないかなど疑いに切りがありません

さらには想像ですがとうのなぎこさんのように親に酷いことをされて今でも許せませんとテレビで言ってしまう人などの人生を想うともしかして民族的復讐のために産まれてきたのではないか、僕に近付く女性はそういった思いがあり奴隷を生むために近づいてくるのではないかなどと考えてしまいます

今はただの善意の第三者でもただの映像を見ただけでサブリミナルにより対象に強烈な嫌悪感や好意を抱く技術が広まったままである以上、いつ豹変するのかわかりませんし、人間長く付き合いマンネリ化すればどのようになるかもわかりません

そして更には部落済州島民コミュニティに限らず新興宗教にはオウム心理教で使用された洗脳技術が広まったままであるという現実があります

そればかりか僕はくそみたいな人間です

自分のことしか考えないし人のことなどどうでも良いのです


つまり何かしら公的な存在か何かによる説明等がないとどうすることもできないということなのです

皆さんが善意で行ってくれているにせよ、何かしらコミュニティの指示により行っているにせよ、警戒するしか選択肢がないのです


ただご理解いただきたいのはこの警戒については済州島民だからとか部落民だからとか右だからとか左だからといった問題ではありません

どこの何だろうと悪い人は悪いですし、悪い人なのに僕には良い人もいます

いい人なのに僕には悪い人もいますし、善思いなのに悪いことになることもあります

そういったことを考慮した上で僕は今の生活で様子を見続けているのです

何かしら確証が得られるまで、、


もちろん生活保護などをもらい税金を搾取していることは申し訳ないと感じていますが言ってはならない”として学校などでも権力構造などある意味で本当のことを教えない事や更にはその教育を司る組織が中国共産党や果ては旧ソ連のコミンテルンの影響下にあるのではないかなど戦争的な問題にまで発展していることなどから国家にすがる現状は仕方がないと感じています

これについてはヴェノア文書などにより明らかとなったとか、いまだ確証はありませんがイデオロギー的には間違いないことではあると思います


ですのでもし善意で行ってくれているのであれば申し訳ないと思いますが僕には良い選択肢が見つかりません

ですので悪い気にならずに何事もなく過ごしてください



まぁ、すべてがただの勘違いかもしれませんがね、、、


この世を蝕んでいるのは、、、