そこですよね

またイライラを強制的に起こす電磁波


またですか、、、

イライラが凄いです

足むずむず病でイライラしてお腹も宿便が溜まっているようで気持ち悪いですし横腹が痛いです

よく考えてみれば鍛えるためだとかいってはいますが全く鍛えられません

聖書に興味を持って読もうとしてもそれどころではない電磁波攻撃に阻まれます

やはり部落済州島民は近親相関の影響でイライラが強いとか文字を読むのに向かないとか様々な弊害を他の日本人などに与えて足を引っ張る、社会生活を困難にさせる、優越性を無くす、共産主義的思想を強制する、と言うことが目的なのですか?


何だかんだで起きていることなどを考えてみると、やはり全ての僕達一族や日本中で起きている様々な不可解な事件は左と言われる人々による国権を悪用した行いのようですね


そんなことを考えると今日連絡のあった事などについても警察に行くのが怖いです


例えば僕が15歳の時のように、友達が荷物を篭に入れて乗っていた自転車が止まっていてその荷台に腰を掛けて喋っていたら警察が来て、他の部落民の友達はなぜか直ぐに居なくなりました

篭にあった荷物も警察官の目の前で持っていっているのになぜか僕だけが腕を捕まれ違うと言い続けて母も派出所まで来て何時間も挟まれて怒鳴られて認めることにしました

そして窃盗罪となりました

家庭裁判所でも何やら事件について聞かれたので警察官にいっていたことと同じことを説明すると、またか!っといった感じで直ぐに部屋を出て何処かに行きました

その後なにも起こりませんでしたが今思えば変な感じでした


だけどそもそもなぜそのようなことになったのか今ならわかります


その派出所には顔にイボのある警察官の人がいて部落民のみんなと派出所に向けて文句を言ったりしていました

ロケット花火を飛ばしたり、パトカーの上を駆け登ったり、確かに毎日のようにバイクや自転車を盗んでいました

そんな中でその警察官についたあだ名は”イボ”でした


今思うとそんなこと言ってはならないと思いますし、申し訳なかったとも思います

しかし仲間たちと同調していたと言うことも理解してほしいですし、そんな中で僕にだけ目をつけたとは言いにくい、つまりその文句を言う過程から自転車窃盗罪までの一連の流れが仕組まれたものであったと言うことです


つまり僕は警察などに強いコネクションのある組織、それも被害感情などにより、職務上の権限や法よりも高い位置に存在する人々に囲まれて生活していたと言うことです


さらにはその人々が憎むべき一族だったのです


そして現在、このような活動により大分正体もはっきりしてきましたし、ブログを通じて意思を伝えることもできるようになりました


そして監視される毎日

周辺住民からの執拗な監視

ストーキング

同一アクションによるイラつかせ?

強烈になる電磁波


犯罪を起こさせて刑務所に入れて校門を弄びたいのでしょう


しかし犯罪を起こさないなら過去を遡って塀の中に入れようということでしょう


ご苦労様です


しかし僕はこう言ってはなんですが実は犯罪は好きではありません

反社会的な世界に片足を突っ込んでおきながらなんですがたまたまそうなったと言うことが適切です

それは仕組まれていたと僕は感じていますし、何やらこういった組織の手口を考えるたその程度は序の口なのだなといった感じです

しかも中国様の憎むべき旧日本軍の上層部、華族等の子孫であれば尚更でしょう


なぜ日本の権力構造に関わっていながら他国への帰属意識を中心に活動したり、反日的な思想を持ち存在しているのか意味がわかりません

さらにはその人々は特権階級にあり、これは想像ですが警察のもぐら(スパイ)などとして活動していながら民族意識を中心とした反日勢力の駒として活動しているのでしょうか?

ただのお金目的なのでしょうか?

理由に不信感を持たざる終えません


なぜそこまでの危険を犯してまで日本を貶めようとするのか


これはもはや洗脳されているとしか考えられないのです

もしくは弱味を握られており逆らうことが困難となっている


儒教的な世界観では往々にしてあるとは思いますが昨今の情勢を見ればわかると思いますがもはや薄皮一枚で繋がっているとしか言えません

共産思想やナチスや連合赤軍などを初めとする統制組織においては何故か破滅に向かう中でも粛清や断罪などを止めることができません

これは壊れそうになればなるほど内側を固めなければならないと動いてしまうジレンマによるものです

そういった面から考えても日本の中共派閥はもう既に後が無いと言えますし、上層部は薄々感づき始めているのではないでしょうか?

それでも無理をしてでも行動を止めないと言うことはとかげの尻尾切りに走っています


つまりあとは時間の問題だと言うことです


いくらでも冤罪でもなんでも刑務所に突っ込めばいい

レイプでもしてあざけ笑えばいい

蔑んで見下して先祖の恨みを晴らせばいい

僕が中で助けを求めようと、仲間の刑務官しかいない所や時間帯を仲間内で伝達し、国家権力の情報漏洩を慢性化させてその特権による優越感に浸り在日だの日本人だの見下せばいい


だけれどもこのブログは残る

そしてこのブログを見張ってくれている人々の心に根差す正しさ、つまり人間が生まれながらに持つ善とされる感性に呼び掛け、

この行いは永遠に内部に残るしこりとなる


そしていつか出てきたときには僕はお前たちの顔を見てこう言う


許すと


だから安心してやればいい

仕返しのない嫌がらせだ

楽なものだ

全く儒教的ではない


中には、であればもっと痛め付けようとする強者もいるだろう


だけどこれだけはい言っておく

これはお前たちの戦いではない


僕が自分に課す闘いだ


母への罪悪感が勝つか、自分への痛みが勝つのか

そしてそれらの出来事が終わったとき僕は自分を心から許すことができる


最初からお前たちのことなんか眼中にない

僕は自分のことしか考えていない


だけど絶対に日本から駆逐してやる


もう集まることができないくらい


全くそんな発想も起こらなくなるくらいになるまで刻み込んでやる


全く価値のない気持ちの悪い行いだと言うことをな


そして誰かが認めてくれたら僕は言うんだ


これは母の行いだと


お前たちが無惨に罪を着せた下らない気持ち悪い文化を押し付けた名も無き女性の神の裁きだとな