ちなみにたとえば僕じゃなくて

ちなみに例えば僕じゃなくて




何時ものように朝起きて、相変わらず真面目に送られてくる電磁波が少しずつ電気的な痛みを伴うものになっていてイライラするけどいつもとは今日は違う


先日生活保護の需給がなされているからだ


空腹を満たすためスーパーに出向いてついついマクドナルドに寄ってしまいそのまま山に帰ってきた




僕は自分でも思う、バカなんだ




我慢ができない


辛抱ができない


強制力が必要




僕はみなさんが意味嫌う朝鮮人と何ら変わらない


やはり遺伝とはそういうものなのかもしれない




例えばぼくのことを本当に鍛えてくれようとしていたとして僕に行うことと同じようなことを他の人に行えばもっと有益ななにかが生まれると思う


それはよりクリエイティブで無駄が少なく有益ななにか


さらに社会的リスクも低い




なぜこんなことを言うのかと言うと僕はもちろん自分で天才だとか思っているけれども他の同年代の人々にはもっと優秀な人がたくさんいるからだ


なぜそう思うのかと言うと僕は脳のキャパが小さいことが分かっているからだ


いいわけを言わしてもらえば脳が発達する過程で電磁波攻撃やヒ素などを混入されたことが災いしている


それは身体的にもだし精神的にも家庭環境的にも学ぶことが困難な状況を作り出していたと言うこと




その上でこの国の統治者にやはり疑問を持たざる終えない




そもそもそのような行いをすることも不思議でならないが民族を優越して多民族を弾圧したと言うだけのことだろう


だけれども現在の近隣諸国の猛追や日本の生産力の低下の根底にあるのはまさにその多民族への弾圧によるものだと言うことがなぜわからないのだろうか?




例えば被害感情を持たずに多民族を出来るだけ才能を引き上げ搾取することができればお互いがメリットになる


その上で部落民の頑張りのお陰だと言うことになればありがとうで終わる問題だ




しかし被害感情が潜在意識的にでも残っているとこうは行かない


恐怖心はもちろんのこと嫉妬や妬みなどそれらにまつわる煩悩と表現できるものが顔を出す




現在の中国問題も実際には全く違うものだと理解している


何も根本は変わっていない


国民の鬱憤を反中に向けただけだ


一帯一路も元々の構想とほぼ変わっていない


表面上だけ日本が前に出たようにして海は日本、陸は中国という役割分担を中国の影響下であるという感じをなくしただけだ


つまり一帯一路はグローバル化と何も変わらない




その事を考えると電磁波攻撃も自ずと見えてるものがある




それはやはり反社会的だとレッテルを張り戦前の華族など中国やアメリカの富裕層の戯れ事を叶えているだけにすぎないということ




つまり捨てゴマだ




僕たちは日本に捨てられた撒き餌




いや咬ませ犬




いやいや、ただの生け贄だ




いやいやいや、生きてさえいない


元々半死状態で始まるパーティーの贄だ




もちろん安倍政権がどうだということではない


これはこの国の方向を変えることができない現状が現れているということ




そうではなく、本当によかれと思っているなら何度もこのブログやもう1つの王さまの耳はロバの耳doubtfuljournal.comを読み返した方がいい


わかった気になって飛ばしているところがあるのかもしれない


追い込むことでなにか生まれると思っているとしたらただのマゾだ


ゆとり教育はマゾじゃない、サドだ


マゾは昭和教育




その原則が理解できない人間が人の人生に介在するということの愚かさが分からなければ日本に再起はない


これからまだ十年は低迷していく


ただただ貯金を切り崩して




それから過去に稼いだのは先祖だからそれらを使わずに自らの新しいものを産み出し現代の人々が稼がなければならないと言っている頭の悪すぎるバカの集まりの気持ち悪いオナニー老害コンテンツを見つけたが一瞬で消した


脳が腐ると思ったからだ




例えばそれはスジだとか正当性を持ってそう感じているとしよう


稼いだ人たちが使い道を決める


当たり前のことだ




その上で質問しよう


ではそれを稼げたのはなぜだ?


他国はその稼いだお金を投資しているときに日本は投資をせずに戦え若者たちよ、と戦地に送り込む理由はなんだ?


あんたたちはそのお金を握りしめて墓場に行くとしてその後に日本はどうなる?


あんたたちが大きくなったのは税金をちょろまかしたからだと歴史が教えてくれている


民主主義をねじ曲げて




もちろんそれは国家のために官と民が一丸となって高度経済成長を作り上げたということだ




もう一度聞こう


なぜ稼げたんだ?




つまりこういうことだ


その正当性には嘘がある


さらにもっと大切な正当性を蔑ろにしている




例えば国家に対してよりも自社を優越するという正当性が許されるとするのであれば、それは通貨発行権を持つ存在にも言えること


通貨発行権を持つ存在は国家国民のためという一番の正当性を念頭に機能をもたらされている




つまり現在の大企業は国民を裏切った国賊であるということの証明だ




これは同時に大きな危険をはらんでいる




それは国民が大企業に対して支払いが出来なくなろうとも法律上それは支払う義務をもたらさなくなるということだ


なぜなら公正取引委員会の存在を始め商法よりも優越的な位置に存在するものがあるからだ




それが社会への公平性だ




それを完全に害している経団連以下日本の国債を引き受ける企業やその恩恵を受けている企業には多くの責任がのし掛かっている


それは一企業としてのものではない


それは国家国民のためとまではいわなくても害すことのないように活動することが念頭に置かれたものでなければならないということなんだ




お前は社会性がないという人がいる




だから僕は大企業の人々に聞いてみたい




社会性ってなんだ?




そしてその大企業の大株主が外資系企業という事実


これは戦争だ