ついに気づいた

警察の天下り企業で雇われて不正に公安警察の電磁波攻撃を利用して保険金殺人などをしている民間人などがついに捜査されていることに気がついたようだ


というのも細かいことは言わないけど僕のブログを見つけて一瞬だけ爆発的な閲覧数を記録した

その後はベターッとした感じ


その日の数日前に警察の天下り企業で雇われて不正に公安警察の電磁波攻撃を利用して保険金殺人などをしている民間人にお手紙のようなブログを書いたんだ

そして見つけたのだろう

アホだからついつい見ちゃったんだ

そして気づいた

張られている


実はとっくの昔に張られていたのに今さら気がついたみたいだ

いや、もしかすると張られてはいないかもしれない

だけど違法な捜査としての盗聴は行われているはずだ

だけどこれは証拠としては出せないんだ

だからあぶり出したりする必要があったんだけどまんまと引っ掛かったようだ

あれからしばらくは言い訳にいいわけを重ねたスパイ活動や証拠隠滅活動により普段は人一人来ない山の中にたびたび訪れていた教育委員会や猟友会を初めとする部落コミュニティの奴隷の歯車で全然応用が効かないからスパイ丸出しで喋ることも不自然きわまりなく遠回しに脅したいんだろうなとしか思えない情報捜査も全くの鳴りを潜めた


だけれどもそんな不穏な組織の存在が明らかになったことだけでも由とするべきか

まずは日本人が目を覚ますことが大切だ


何よりも憲法改正が必要


それを阻止して捜査させまいとしている中国派閥の国賊のみなさんには本当に頭が下がる

いや、そこまでもがすべて作り物なのかもしれない

そして悪者を逮捕しているようにして大衆を納得させようとか、、、疑いは身を滅ぼすとはまさにこの事か

信じるべきだ


本当に世界は変わろうとしているのかもしれない


だけど僕はこの活動はやめない


もちろん追い込まれている人もいるのかもしれないけどその人達のためでもあるからだ


例えば部落コミュニティの権力に目が眩み、ずっと真面目にしてきたのについついどうしても許せないことがあり、弾みで悪に手を染めた人もいるかもしれない

僕からするとその人もやはり被害者であるということは考慮しなければならないと思う

そこに正義はあるからだ


ただご理解いただきたいのは僕が問題としたいのはそんな個人的な問題ではないということ


これは日本の形や果ては世界そのものを大きく揺るがす問題なんだ

もちろん善と悪に分かれて、旧約聖書と新約聖書に分かれて、現実と理想に分かれて、どちらにも又は真ん中にも逃げ道を用意して混乱が起きないように最後の受け皿を用意するための仕組みなんだとしても、部落民だけとか富裕層だけがその情報に触れることが出来るような仕組みがなぜ許されるんだろうか?


もちろん許してもいいけどその真実に気づいた個体や無惨にも虐められ迫害や弾圧の対象となっている存在を容認することがなぜ許されるのだろうか?

その存在がアリストテレスのいうような奴隷階級がいてこそ大衆を統治することが出来るというような論理で成り立つとするならばなぜその事を隠さなければならないのだろうか?

多くの矛盾を善だ必要悪だと嘘ぶいて日本人の心をねじ曲げている

そしてその捻れは後に降りかかる災いとなる


どれだけ正義を語ろうが嘘や秘密による統治は悪そのものとなるということだ

なぜその事を是としなければならないかは簡単だ

立場が変わることを恐れているから、信じることができないからだ

つまり民主制では困るんだ

もちろん信じるだけではならないだろう

だからフェアで平和的な解決法法として民主制を導入している

そこに嘘や秘密を持ち込まなければならないのは大きな矛盾が生じるからだ


それが部落民への優越的差別であり内部の清き人々ですら見て見ぬふりをして憲法にはっきりと禁止だと書いてある戦前の華族豪族のような階級制度を作り上げているからだ


そして彼らはいいはじめる


在日は日本人ではない


そもそも部落民というのは古くに他国から日本にやって来た少数民族のことだ

その部落民が在日は日本人ではないといいはじめる

その反面、さらに古くからいる華族などへの差別、迫害、弾圧は正当化する

結局は論理を悪用して日本そのものを侮辱しているにすぎない


もちろん本当に内部で戦っているとも考えた

だけどこんなことを言われた

部落民のフリをするやつがいる、気を付けてください

そして本当に部落民だとわかるとこういいはじめた

頭おかしいんじゃないか?

あいつは嘘つきだ


だから僕が疑心暗鬼になるのもわかってもらえると思う


それどころかそういった理由でこれまでどれだけ多くの人々が精神病院送りにされたり自殺に追い込まれたりしているのか

それはいまだに続いているとしか考えられない


聖書にはこうある

ユダヤのフリをする人々が現れると

まさに部落民による日ユ同祖論そのものだ

そして現れる赤い龍、ユダヤを付け狙う嘘つきのストーカーだと高原剛一郎さんはおっしゃっていた


僕はユダヤを付け狙ったりはしない

ユダヤのフリをする母の仇を付け狙う嘘をついてないストーカーだ

僕の心は真っ黒だ

僕の名前は竜也

僕は黒い竜だ


因みに聖書には嘘つきとは書いてない、惑わすと書いてある

高原剛一郎さんは拡大解釈により聖書をねじ曲げ赤い龍を嘘つき呼ばわりしている

クリスチャンとはそういうもののようだ


そしてこういったことを綴るとデバイスがやけに重くなる

きっとスパイウイルスだ

ウェブの画面が六画面に分散したり不審な現象が黒い心に不安を重く重ねる


さらに不安なのはGAFAに何かしら規制をかけるようだ

これから起こることは情報統制と情報封殺なのかもしれない


だけど僕は信じている


安倍政権を


日本人を


そして部落民を