やめてほしい

ヤバイかもしれない GAFAを追い出した分だけ日本は発展が遅れる


GAFAの流入に規制をかけるそうです

勿論全て禁止というものでもないでしょう


そもそもGAFAの流入で危機感を感じたのは企業です

つまり経済的損失が国家にとって耐えがたいということ

しかしその程度のことであれば世間の流れや流行り廃りを棄てるほど国家も介入しようとは思わなかったと思います


問題は軍事です


これからの世界、すでにそうとも言えますがデータをどれだけ集めたのかがキーとなります

それは中国の5g等の技術革新によりさらに顕著なものとなります


例えば遠隔で飛んでいるドローンの情報や全ての国民の動向

購買履歴や移動など、全てのデータがどれだけ集めれるかに懸かっているといっても過言ではありません

それは経済だけでなく軍人、さらには人類の未来までも左右するほど価値の高いものなのです


そんな情報か社会の中でFAGAに全てを握られるというのは確かに不安が全くないとは言いきれません

個人的には全然関係ないと感じますが国家国民を守るという観点で考えればそのくらいの感性を働かせていただかなければ困ります


しかしどこを規制する気なのでしょうか?


例えば僕の大好きな大変お世話になっているGoogleさんではどうでしょうか?

特定の会社にさん付けになってしまうこと事態が国防に関する大問題とも言えますが今さらどこに規制をかけることがお互いのメリットとなるのでしょうか?


この答えは結局は全ての国際間の企業活動に言えることですがつまり国家の情報はその国家の権限にするという所に行き着くのではないでしょうか?

これは国家の権利と企業の権利の完全区別ですが当然の権利となるでしょう

それ以上に排他的になることはお互いが損となると思います

むしろ一企業の中に公務員枠を設定してある程度の融通をお互いが利かせながら良い付き合いをしていくというくらいの方が生産的で調和の取れた良い未来を築けるのではないでしょうか?


つまりガチガチにこれはダメだのここからはうちのものだといったような姿勢や形式で行ってしまってはせっかくの自国の経済や国防の為の行いが逆に不利に働き始めると思います

そればかりかはじめから固めたこれまでの日本の官僚、行政的な感覚では意味のない手続きや無駄の嵐になり、反対に出ていきたくなるほどになるのではないかと思います


こんなことを言うと出ていってもらっていんじゃない?という人もいるかもせれませんがこういうのはどうでしょう?

例えばこちらが必要のない情報などがあって向こうには必要な場合はトランプさん風に言うディールすることができます

この細かいディール、つまり取引を円滑に行える仕組み、しかも公的機関を一企業に潜り込ませることができる(表現がスパイ的ですが悪く言えば)と考えるとお互いメリットしかありません

嫌なところはお互いに拒否すれば良いわけですから


このような感性を安部総理であれば持たれておられると思うのですが他の人ではどうなのでしょうか?

僕のような一般人の心配することではありませんがすごーく心配です


ただ単に規制をかけて代わりに同じような仕組みをもった新しい企業を作ると言うような排他的な政策にだけはしてほしくないと思います


なぜならすでに大きな実力差があるからです


ストロングアメリカ


この一言に尽きます