オオカミ少年

こいつは嘘つきだとしたい人々の心理


狼少年という話をご存じでしょうか?

嘘ばかりついていてほんとに狼が村を襲ったときには誰も信じてもらえなかった少年の話し


これをわざわざ実践的に活用している組織があります

その組織は忍者としてのアイデンティティを持ちます

さらには儒教的思想により組織を維持していますので何の不思議でもありません


しかし問題はほんとに嘘をついていない人々がこいつは嘘つきだとされたり、嘘をついていないと思っている人々へ圧力がかかり一緒になってこいつは嘘つきだとすることにあると思います


勿論こんな収益化するのも広告主が嫌がるので難しいブログを毎日更新していることやこんなブログのためにメディアの人々に圧力を掛けて脅してきたり、それらに対する対応を見てこいつはやはり嘘つきだとまるで心理学などを悪用し正当性を担保しようとするような行いを見ていればどちらが嘘つきかは一目瞭然なのですが、歯車のみなさんは細かく言わないとわからないと感じました


しかし自らの正当性をどのように現せば人々は信じてくれるのだろうか?神様みたいに奇跡を起こすことで印とすることができないだろうか?そんなことを考えています


そこで僕はふと思いました


なぜ捜査しないんだ?


こいつが言っていることが嘘だというのであればさらに別の機関が捜査をすればよいだけです

勿論ここで綴っているのは民族問題を背景にしていますので第三者と言える民族コミュニティによる機関が捜査をするべきです

しかし相手はふんだんな資金力と長年蓄えられた経験と技術

何よりも世界中に存在する民族ネットワークにより成り立っています

様々な映画などでも暗にこう言った宗教などを媒介とした不穏な組織の活動の実態を報せてくれていますが取り締まれていないという所なのでしょう


僕の経験や僕が得れる明らかに確かだと立証できる宗教などを背景とした被害感情を中心に組織された理念による活動であるであろう事件などを辿ると普通にたどり着くのがロックフェラーなど旧来の産業構造の勝利者ネットワークです

つまりとてつもない世界的権力を誇るネットワークによる活動であるということです

CIAもその一つなのだろうと想像に容易いですし、アメリカの民主党もまさにそういうことなのでしょう

そして日本の部落コミュニティ


勿論すべての人かどうかはわかりません


ですので捜査をしようとしたり、なぜ捜査しないんですか?と尋ねると、こいつは嘘つきだ、頭がおかしい、精神異常だ、と言ったような信憑性を無くす正当性が必要なのだと思います


ですのでここまででもすでに明らかなのですが今一度ハッキリと歯車的に流れ作業に従事しているサラリーマンの人々、それはこのブログを見張っている人々も含めて目を覚ましてほしいのです


普通にどう考えてもおかしくないですか?


この不穏な組織の人々のなかには当然のように頭のよい人々もいるわけですし、こいつはこういう理由で嘘つきだ、と言ったようなことを言われれば確かにその通りだとなるのかもしれません


であるならば捜査すればよいでしょう?


そして僕は毎日ブログを更新していますしこのスマホ以外の情報源はありません

ですので真実がすぐにわかると思います

であるにも関わらず捜査しない、させない、僕のようなカスを相手に必死になる、事から判定は明らかです


捜査をしてください


軍事レベルの捜査が必要でそればかりか民間人までもが加わっている形跡があります


もしかすると土の中に埋め込まれているのではないかという疑いもあります


なぜならなぜか山の中に人が来るときは僕が決まった動きをしたあとだからです

それは電磁波が飛んできているなと思った方向を調べた後です

なにかを確認しに来ているのか理由はわかりませんが明らかに何かしらの意図をもって来ています

隠れて追跡したらすぐばれますし(追跡はヘタです)追跡していないときはすぐ降りてくるのに追跡したときは三時間以上留まっていました


これからもいろいろなアクションをして試してみようと思います


とか綴っていたらおじいさんがやってきました


このおじいさんはワイヤーが無くなっただとかいっていたので追跡すると泥棒扱いされて傘下の警察に逮捕されかねないので追跡はしません


ワイヤーは知りません


冤罪で連れていかれる可能性が高いと感じています


以前もスピード違反で捕まったときは完全に僕を狙っていましたし、周辺住民と同じアクションにより僕を追い込もうとしていた警察官もいました

つまりコミュニティによる活動を警察官が行ったということです

そして突然何年も前の営業許可を廃止する必要があるとかで呼び出されました


僕には不信感しかありません