問題から逃げるよりも

共産主義、資本主義、などに変わる新しい主義について


何故共産主義がうまく行かないのか

それは人間が欲深いから

みんな平等でも誰かが何かしら仕切らなければならない

つまり行政権

このときに恐ろしいほどの権力が集まる

なぜなら他の人々は平等だからどこからどうやってもこの行政権を持つ人の独裁になる

そして腐敗する


だめだ


何故資本主義がうまく行かないのか

それは人間が欲深いから

みんな自由でも生まれながらに個性が違う

稼ぐことがうまい人、下手な人

人間は我が子を愛する、差別する

どんどん格差が開いてく

そして腐敗する


だめだ


徳川幕府がなぜうまく言ったのか

それは外敵がいなかったから

江戸時代を日本人は美化したがる

あの時代こそが日本人だ

日本人はすばらしい

三百年も続くなんて


資本主義も共産主義も外敵がいなけりゃいつまでも続く


だめだ


過去を美化して主義を語るべきではない

新たな発想が一発逆転の奇跡を生むなんて甘い考えは捨てるべきだ

何で日本が追い込まれてる?

何で日本は世界に負けている?


冷静になれ

覚悟を持て

痛みから逃げるな


そして見えてくるもの


日本は戦争に負けた

それまでの日本は侍が作った国

みんなが侍

侍中心の国


三島由紀夫先生の本は読んだことはない

だけど言いたいことが何となく分かる

今の日本には志がない

志というエネルギーが、、、


例えばなにもないところで僕たちは何かを産み出す

その根底にあるのは損得

お金

資本

豊かさ


侍は違う

何もないところで考えるのは死に方

その美学から始まる日々の姿勢

高枕

正座

武士は食わねど高楊枝

生活が訓練


僕たちは刀を捨てた

いや、捨てざる終えなかった

僕たちは負けたんだ


荒くれ者だった織田信長を変えたのは育ててくれたじいやの自決

三島由紀夫先生と同じものだったのだ


僕たちには経験がある

一人の男が命を懸けて訴えたという真実の物語

僕はリアルタイムでないし正直歴史上の人物にしか見えない

そればかりか政治闘争すらみたこともなけりゃ経験したこともない


もっと言うなれば本当の日本は今どうなっているのか

本当の世界はどうなっているのか

見えるようで見えない

だけどこれは多分世界中がそうなんだ


IT革命


すべてに踊らされるべきではない

混乱しているときに動くべきではない

大きな決断を簡単にするべきではない


そして世界が揺れている


だけど確かなことがある


資本主義による影響や弊害

アメリカが背中を見せてくれた

そのアメリカを疑う必要があるのはアメリカじゃないものを見るからだ

いや、そのアメリカこそが本当のアメリカなのかもしれない

だけれどもそんなことは問題じゃないんだ


全ての過去を破壊して僕たちが切り開く未来


悪しき存在すらも付き従う未来


すべては憲法改正にかかっている


憲法が変えられなけりゃ何も出来ない


アメリカを疑うどころの話ではない


僕は日本国民を信じている


国民投票は何度でもやればいい


僕はそう思う


主義について言うなればこのままでいいんだ

何も問題ではない

問題は政治家が富裕層のいいなりになること

国債を発行してそしてどこかで魔法のように消える

それが国家の権限だ

国家が与えた通貨のお墓

アメリカがそれを出来なかったのは富裕層の人権が問題だから

だけどほんとはわかってる

ロールズはとっくに教えてた


大衆への金融緩和

それなしに日本の再起はない

守るんじゃない

攻めるんだ


分配は、最強の攻撃

分配は、忠誠心を作る


これは始まりなんだ


https://www.doubtfuljournal.com/ふと思う/ふと思うお気に入り/選挙システムを変えよう