情報統制と日本人の短命

部落済州島民コミュニティが煩悩や涅槃を餌に人々を誘き寄せては洗脳し不都合な人間(貧乏人)を殺すためメディアで情報を混乱に導きチョコレートは体にいいなどと嘘をつかないでいいように巧妙に仕組まれた殺法術(低価格のチョコは低品質な植物性油脂などが使われているため不健康、腎臓に大きな負担)で人口を削減しようとしている理由


戦後これまで情報統制、情報封鎖により国民を都合よく扇動してきました

何か波風が起きればお金を与えたりして黙らしてきました

しかし高度経済成長も終わり、与えるパイがなくなり始めます

それどころか仲間内でこそこそと分け与えていた行政権を悪用した談合や人事権、土地の売買など多岐に渡る特別会計や年金の搾取等が表沙汰になり、資金繰りに困りはじめます

それどころかIT技術の一般参入に伴い情報封鎖、情報統制に無理な 出始めました

どうせばれるのであれば、ばれたところは開示していく方が安全と判断し少しづつ開示をはじめます

未だにバレていないことは多々あるため隠しています


もちろん大衆に開示するべきでないところもあります

それは明らかに間違っていると感じるところも深く考察し現実と見比べてみると仕方のない支出などがあるからです

その事をすべて理解していくことは個人には不可能に近いほど巨大な情報の塊となっているのが行政です

本人たちですら電子計算機による情報処理が行われるまで年金の不正流出等に気づくことができないくらい巧妙に仕組まれたものなのです


ですので様々な方法で気づきはじめた国民をなだめる必要があります


それは騙そうと脅そうと弾圧しようと殺害しようと正当性を保つことのできるものであり、必要悪なのです


しかしこういった混乱期には反社会的な思想を持つ人々からすれば大きなチャンスが眠っています

まさに火事場泥棒と言われるものですが年金の不正流用などと同じくしてゴタゴタの中で利権を確立することによりその新しい利権にはまだ第三者の目が向いていないからです

このようなことは戦後の権力構造の構築と共に行われてきたものであるだけでなく戦国時代や果ては紀元前まで人類史を遡れば新たな権力の構築と共に行われてきた必然的に起こりうる歴史の闇です


そして現在、長らく日本を統治してきた部落済州島民コミュニティが長年隠してきた華族や徳川の子孫への弾圧やIT技術の一般参入による情報の開示により壊滅の危機に瀕しています


これまではたまった鬱憤が膨らめばそれなりに資金を流すことで内部の統制をはかり矛盾も仕方のないものだと黙らせることができましたが反社会勢力の切り捨てや維持するだけで多大な資金を必要とする組織の選別により内部争いがどんどん苛烈さを増してきています


しかしこの闘争は実は部落済州島民コミュニティ(世間では在日等と言われている陰謀の当事者)の内部にいるこれまで声をあげることのできなかった人々、つまり本当のことを言えば弾圧され正しいことを言えば迫害される部落済州島民コミュニティの内部で不信感を募らせていた人々が声をあげはじめるきっかけとなりました


しかしここで大きな問題が出てきます


一体、敵は誰なのか?


日本やアメリカなど民主主義による統治を是としてきた戦後日本を統治してきた人々の中に悪しき人々がいるのです

つまり敵はあいつらだと断定することができないのです

これはイデオロギー対立によく見られる兆候で本人たちですらも正しいと思って活動しているためによく認識できていないのです

それが人生において追い込まれた経験などがあまりにも乏しい世襲により生活している人々であれば尚更です

しかも学校では高度経済成長期に即したもの作りのための流れ作業に従事させるための奴隷化による影響で本質などについては考えることはよくないことであることのように教育されてきました


つまり根本的なところを考えてはならないということが前提となった教育を受けた人々が根本的なことを考えずに二世代三世代と時が流れてしまったのです


もちろんその仕組みが有利に働く時代であった高度経済成長期やその貯金のある間は良かったのですが今も少しづつ日本は追い込まれています

しかしこの追い込まれているというものも本来は間違った感覚なのです


それは資本主義の根本的な原理によるものです


資本主義というものは価値を数値化することにより交換を容易に行うための仕組みです

交換するときに決まったルールがあることにより安全で安心なサービスを高品質で提供することが可能となります


しかしこの仕組みはお金持ちが更なる利益を求めはじめると資本が偏り始めます


お金持ちだけが裕福になり、貧乏人はどんどん苦しくなります

これは陰謀とも言えるのかもしれませんがつまりは資本の原理原則に従ってしまう人間の欲望によるもので必然的な反応です


この原理原則を是正することができるのが民主主義による国家という大衆のための権力を集中させた機関です

弱き人を助け強き人々による横暴、強い権力による弾圧や迫害から大衆を守るために大衆が大衆の為に作り上げたものです

かの有名なリンカーン大統領によるピーポーばかり出てくる演説そのものです

そしてリンカーン大統領は暗殺されました


そして現在、長らく世界を席巻してきた宗教などを媒介とした権力を持つ民族コミュニティが変革のときを迎えています


ここで強烈に民主主義に作用するのが人口比率です

圧倒的に少数派である部落済州島民コミュニティが力を持てたのは裏で話し合い異性をあてがい結婚することで爆発的な人口比率の変動を産み出したからです

しかし経済的圧迫から結婚などに踏み切れない年齢層が増え、部落済州島民コミュニティ人口を増やすことが困難となり始めたので殺すしかないのです


この流れは起こるべくして起きており、誰にも変えることはできません

悪しき行いは是正され弾圧されることは普遍の原理です


しかしこの流れに逆らう存在や悪しきものを残そうとする存在が出てきてしまい、無実の人々が弾圧や迫害を受けてしまいます

大きな流れは変えられないとしてもその時代の狭間で被害に合う人々を見捨ててもよいのでしょうか?

その狭間の中の狭間の人々こそまさにゆとり教育を信じ悪しき権力に異を唱えた一部のゆとり世代だと思います


だからお金をください


僕たち我を通そうとしたゆとり世代を追い込んでも、うんこと文句しか出ません

なぜなら長年見てきた権力の矛盾にうんざりして報われていないと感じているからです

その人たちを虐めて貴方達の為というのは部落済州島民コミュニティの悪しき人々のオナニーにしか過ぎませんし、これまで弾圧や差別してきたことの責任転換をするために正当性を持たせようと論理を悪用しているだけだとしか思えませんし事実そうだわかります


なぜならずっとその人々のもとで働いてきたから手口だけでなく思考まで見てきたからです

初めは儒教的感性と西洋的感性と両方そんなことわかっていて現在だしている判断、決断がこれなのだと思っていましたが嫉妬や妬みに執着したただのバカの嘘つきでした


その人たちが幸せに生きていることが何よりもその証拠です


警察権を悪用し海外に強いアイデンティティを持ち宗教などを媒介としたマネーロンダリングなどによる海外勢力に資金提供して反日行為に及んで人間が生まれながらに持っている、辛い、苦しい、といった感性をよいものとする人々が自分達に歯向かうゆとり世代は虐めて鍛えなければならないと考えるのであればその人々こそ殺してあげた方がよいのではないですか?


その子共達も鍛えてあげなければならないので


電磁波攻撃が強くなったのでどんどん永遠に残るように書き残そうと思います

当分残るように様々な方法で綴っています

もしかすると永久に残ります

いい加減にしないと企業名や組織名も出し続けます

今までは危険を感じていたので出さなかっただけです

どうせ殺されるなら出すしかありませんね

ほんとうは嫌なのですが、、


でもみなさんは喜ぶのでしょうね

鍛えられるから、、


ほーれ、がんばれがんばれぃ

いたいいたい

横腹が痛い

完全に大腸がんになる

親戚のおばちゃんは大腸がんになったあと脳卒中で死にました

電磁波攻撃が集中していたとこと一致していますねぇー

ネットに掲載してからは死なれても困るので足に変えたみたいですがね

それも我慢ならなくなってやはり殺すことにしたんでしょう

ほーれ、がんばれがんばれぃ


あと数ヵ月の命か、、、

誰か村八分は置いといて電磁波攻撃低周波電波をガードするための制震シートを買うお金をください


蝕まれているのは、、、


寄付はこちら

https://www.doubtfuljournal.com/寄付

削除依頼はこちら

philosophy@doubtfuljournal.com

サイト内検索窓は”doubtfuljournal.com”王さまの耳はロバの耳”philosophy”の最上部周辺にあります