標榜ゴロ


社会運動標榜ゴロとバカにされた気がした


先日、与沢翼さんならぽいと大金をくれるのではないかとおねだりをしてみました、

と言うのも僕にヒ素などを盛った人々の中にそっくりな人がいるのですがなぜか部落コミュニティで被害教育を受けた人々の中には顔が似ているということについて強烈に反応し被害妄想に囚われる人々が存在するのですが与沢さんのような見聞の高い人はそんなこと同じ民族であれば当たり前にあることだということを分かっていて世界では様々な人種の人がいてカテゴライズされていて当たり前だとおっしゃっていたので細かい事情を説明しなくても理解してもらえるのではないかと感じ、年も近いのでぽんと一億くらいくれるのではないかと思ったからです


するといつも僕のブログを見てテロ対策のために導いてくれていると考えられる虎ノ門ニュースで上念さんが少しバカにしたように社会運動標榜ゴロといったものをいっていたので僕のことをいっているのではないかと感じたので完全に否定しておきたいです


上念司さんが何故そのようなことを言うと思うのかというといつもなんだか気になることがあるとついついブログでいってしまうのですがいつだったか上念さんが現在の日本で悪いことをしている大半は徳川の子孫だかが多いとおっしゃられていて、僕はその事について古くからいる済州島民と新しく日本に来た済州島民はアイデンティティを共有し、部落コミュニティでは過去に差別されたのは徳川のせいだとか、済州島4.3事件による韓国への憎しみだとかを教育している組織もあり、その人々が薬物を混入するような行いを行ったり、情報の漏洩などにより不正に国家権力を行使しているという現実があり、その被害にあった人々やそのような法を超越した行いを大人たちが行っていると知りながら被害感情を刷り込まれて成長していく子供たちの心に対する闇が反社会勢力の拡大へとへ影響していることは明らかであり、そのような人々が存在してしまう原因を考えなければならないのではないか?

その原因がまさに右と標榜なされている方たちも含めた部落済州島民コミュニティの身から出た錆なのではないか、と感じているという前提を元にして、上念司さんはそのようなこと(内部の悪しきもの、これは人だけではなく心も指します)には目も向けず徳川の子孫だか戦前の華族だかが現在の大半の社会悪となっていると仰っていたのですが上念司さんのような頭の良い方がその事を認識していないわけはないですので上念司さんはポジショントーク、つまり自分が存在しているコミュニティにとって好都合であれば見方をし、不都合であれば見て見ぬふりをしているのと同じだ、という意味でポジショントークをする人だと綴ったからです


この事についてのつまり仕返しだと感じました


ただ不可解なのは何故上念さんがそのように僕のような存在に執着するのかと考えると普通にたどり着くものがあります

いつも虎ノ門ニュースでは僕が悲しみに暮れていると励ましてくれたり今回のように先に制してくれたりしているのですがもしかして番組の作り手の方が僕のために上念さんを怒ったりしたのではないかと感じました

これは僕が立場が入れ替わればお互い同じもので善も悪もないではないかということを綴ったからで、僕の上念さんへの憧れや羨望が

作り手の方からすると上念さんが調子に乗っているからだと感じてしまったのではないかと思いました

前から思っていたのですが別にわざわざ言わなくてもいいかと思っていたことがあるのですがせっかくなのでこの場をお借りして言っておきたいです


もし僕のために怒ってくれたのであれば凄く嬉しいですし優しい心をお持ちの素晴らしい方が虎ノ門ニュースの番組を作っているからこのような素敵な番組が出来るのだなと思います

しかし番組の作り手というものは演者を乗せてのせて豚もおだてりゃ状態にすることが役割でもあると思います

これは大切なひとつの仕事であり、もちろん巡りめぐって公的な資金が流れているかもしれませんし、テレビなどと一緒にするべきではないとは思いますがその機能が果たす効果は大きいと思います

そして何よりも上念さんのような優秀で時代が見方をしている人を叱る、減速させるということは番組にとっても本人にとっても更には国家にとっても大きな損害となります

これは高いエフィカシーというか高揚感を持ちエネルギッシュに活動している個体を更に加速させ、そのような人々が織り成す相乗効果がとてつもない大きな国益になるという考えで、ゆとり教育の真髄とも言えるものです

昭和教育の方たちには感覚的に捉えにくいかもしれませんが上念さんが調子に乗るということは最高に素晴らしいことなのです

ですので適切におだてるべきだと思います


その上で僕に気を使っていただけるのはうれしいのですが全く気にしなくて大丈夫です


それは僕はまさに第2ゆとり世代の人間であり、悲しみに暮れてはいますが羨望や憧れこそあれ妬みや嫉みに囚われることはありませんし、わざわざブログで上念さんの揚げ足を取るようなことを綴ったりしていますがこれは正当な切磋琢磨であり、お互いが健全に高め合うことができるという文化の上に成り建つものなのです


ですのでもし上念さんを叱ったのなら謝ってください


そしてもし叱ってしまったのなら僕も謝らなければなりません

減速させてごめんなさい


これは同時にやはり僕はこの活動をやめてはならないと硬い決意を持つに至りました


それは人間というものは泣き笑い怒り憎み様々な面を持つことを認め会いそれらすべてを良い方向に導くということが世界平和への唯一の道だと確信しているからです


悪を認め善を疑い悪を許さず正義を行う


こういった哲学が可能にするものは高効率の人的資源の活用です


そして世界はより平等でより公平で悪とされる人も善とされる人も仲良く平和で豊かな社会を恒久的に持続可能とできます


つまり人類の先人たちが夢見た本当の楽園、差別だらけで愛に満ち溢れたユートピアが実現可能となるのです


作り手の方へ

傷つく必要はありません

あなたはこれにて他の昭和教育の気持ちの悪い人々の数段上に立つことにあい成りました

その喜びを噛み締めていただけると幸いです


常念さんへ

あなたたちのような天才を越える秀才のみなさん?まぁ、天才かもわかりませんが、とブログを通して心を通わせることができることが何よりも幸福に感じており、まさにテロ対策に寄与できていると思います

応援してます、頑張ってください


因みに虎ノ門ニュースばかりなのは他の人や他の番組に説明しても認識すらしてもらえないと思っているからです

更には他の番組は電池がもったいないのでほぼ見てません

他にもあるとは思いますが探すのもめんどくさいので


蝕んでいるのは、、、


寄付はこちら

https://www.doubtfuljournal.com/寄付

削除依頼はこちら

philosophy@doubtfuljournal.com

サイト内検索窓は”doubtfuljournal.com”王さまの耳はロバの耳”philosophy”の最上部周辺にあります