気持ち悪いというコンプレックスの不思議

気持ち悪いと言われて鼻血が出そうなほどムカついてしまう人たちへ


気持ち悪いと言われるとムカつく人々がいる

多分この人たちは自分のことを気持ち悪いと思っている人々


なぜだ?


例えば口の中に肛門があるとしよう

食べるところにうんこがついている

これは多くの人は気持ち悪いと感じるだろう

なかにはうんこ好きの電磁波肛門変態ストーカーレイプ犯のような人々もいるから満場一致とはならないだろう

又は自分は気持ち悪いものだと思っている人は気持ち悪いなんて言ってほしくない、言いたくない、言うべきではないと思っているかもしれない

だけれども確かに気持ち悪いけど自分でその事を気持ち悪いと思う必要はない

人のおならは臭いけど自分のおならは嗅ぎたくなる

人間なんてそんなものなのだ


口の中に肛門があったら前立腺を刺激しやすいかもしれない

うんこを自己再生して栄養に変えてしまうバクテリアを産み出すかもしれない

勿論普通に菌が廻って生きるのが困難かもしれない

だけれども自分のことを気持ち悪いと感じる理由にはならない


その感覚はどこかで植え付けられたものなんだ


例えばテレビ

例えばモデル


全ての良し悪しは自分で決めていい

悲観的になる必要なんてない


するとこんな人々がいる

人の肌をボロボロにしたり、急激に太る薬を混入したり、目が見えなくなるように画策したり、、、

全ては自己責任なんだろ?

ボロボロになっても悲観的になる必要はないんだろ?


この人たちは偏った教育の被害者なんだ


産まれてきて元々持っているものもその後に起きた不幸な出来事も勿論自己責任だし仕方のないことだ

だけどそんなことを推奨する人々の存在を肯定化するべきではないんだ


なぜなら嫌なことだからだ

自分達の被害妄想や被害感情で他の人を貶めてよい理由にはならない


そんなことを言うと悪として生まれてきた

悪いものとして生まれてきた、という人がいる

そんなことはない

だって生きているじゃないか

本当に痛みや悲しみにだけ価値を感じるのであれば自ら命を断つはずだ

だけどそれはしない


つまりわかっているんだ

だけど傷つけないと気が済まない


だから思う


この人たちは差別するべきだ

例えば整形するお金を出したり、試験管babyのお金を出したり、

それでも人を傷つけるのなら取り締まるしかない


同時にこのような真実に目を向ける人々を危険視している

声をあげると見張り、弾圧する


部落コミュニティは現在、懸賞金制度を導入しているのではないだろうかと感じている

ワンピースのような懸賞首を捕まえる活動

これは公の安全のために行われていることだ

部落民の為の公を守るために

殺害も問わない

公のためなんだ

勿論善意の人々もいる

短期的には本当に公のためになるということも言える

だけど長期的には日本のためにならない

日本は部落民だけのものではない

日本は在日だけのものではない

みんながいて日本なんだ


するとこんなことをいう人がいる

お前ら在日はあとから来た!

だからこう言う

部落民も後から来てる


きりがない


だけどこの論争に決着は付いている

それは皇室の存在だ

皇室が日本で後の人は日本人

優劣はない

みんな日本人なんだ


だけど反日勢力はコミンテルンだ


つまり海外にアイデンティティを持つ日本国籍を不正取得した日本人為らざるもの


この存在が日本にいる

部落民の中にいる

在日の中にいる

日本人の中にいる

取り締まらなければならない


今も電磁波にさらされていてうつ伏せで寝ているとお腹がいたくなる

電磁波攻撃により大腸菌が死滅し古い細胞を便にすることができなくて排出できないガン細胞になっている

この活動をしているのは間違いなく反日組織だ

勿論本人達はただのサラリーマンや公務員、公安警察

善悪なんて考えない

上から降りてきた指示に従うただの歯車

朝から晩までつけ回し、言われた通りに機械を使う


例えば警視庁の予算編成権は東京都議会で決まります。東京都議会でとてつもない権力を行使し続けているのは公明党です。公明党は創価学会です。創価学会は部落民といわれる済州島民で構成されています。つまり警察は共産党をはじめとする宗教や団体に弱いのです。

警視庁は警察すべての人事権を持つ警察庁の三倍もの予算を持ちます。さらに警察庁からの出向などが多い警視庁はいわばエリート集団です。つまり権力構造では警察庁の方が上ですが実際にはすべての警察を仕切っている警察庁と警視庁は役割を分けているだけで同じようなものです。

更には現場とのパイプ役ともなるため警視庁の重要性が高くなるのは必然だと言えます。

その警視庁の予算を握るということは警察すべての権力を握るのと同じようなものなのです。

この国は中央集権型ですので東京を握ればすべてを握ると言っても過言ではない権力システムにより成り立っているようです。

その警視庁のトップは警察庁のトップが任命します。

警察庁は行政の人事です

行政は部落民が役所の中にパチンコ台を持って入って打つのが仕事だ!といったわがままや覚醒剤をトイレで使用したり売買したりすることが常態化しても止めることができないほどに主導権を握られています。


この国に危険が迫ってる


自衛権の発動が必要


鍛えてるとか、いいわけだから


気持ち悪い