聖書と村八分

部落コミュニティの宗教による嫌がらせで社会生活が困難なときに狸や野うさぎやカラスの死体を用意して食べさせようとするのは、


部落コミュニティの宗教による嫌がらせで社会生活が困難なときに狸や野うさぎやカラスの死体を用意して食べさせようとするのは人に危害を加えようとする行為です

これはどういうことかと言うと聖書のレビ記11節に書かれていることは豚や狸や野うさぎやカラスを食べてはダメと言うことなのですが食べさせようと画策することもわざわざ書いていないけど駄目ですよ

そんなことを言わなければならないのはまさに昭和の義務教育による弊害であり、歯車である証明なのですがaiがなぜ上手く人間のようにならないのかということと全く同じ原理です

人間であればわざわざ言わなくてもよいこと、例えば人間は歩くといえば歩けますが機械には地面との平衡感覚やバランスや右と言う概念や前に足を出すと同時に重心を前に傾けるといったようなことをわざわざ指示しなければなりません

これらのようなことと同時に全てのこれは違うと言ったような否定を全てしなければなりません

その概念をオントロジーと言うそうです

まさに電磁波攻撃などに従事している歯車のみなさんはオントロジーが抜けています

わざわざ細かく言わなくてはなりません

ですのでまだわからないようですので細かく言おうと思います


電磁波攻撃により遺伝子を傷つけることにより僕の子供が足がなければあなた方は足を切り落とさなければなりません

聖書に沿って価値判断をしているのならですが


画策することも同じです


歯車の気持ち悪いみなさんはオントロジーが抜けていますので気持ち悪いのです


しかしリラックスをして憎しみを捨て人の足を引っ張るのではなく自分がよい方向に行くことを考えてみてください

心が洗われるようではありませんか?

僕も憎しみに囚われますが聖書などに書いてあることを侮辱するような判断基準で社会生活を困難にさせ狸など聖書で書いてある禁止事項を行わせようと画策することは書いてないからしてもよい、と言ったような気持ち悪いことは考える必要はないのです

ましてや行っている間やその後、そのような行いを考えている間自らの心を傷つけ主を冒涜していると言うことに目を向けていただきたいです


聖書は素晴らしいものです


これはまさに人類の宝であり経験であり主の言葉なのです


主とは僕は人間だと思っています


七代誓いを守れば良いわけですから信じるのであればこれからでも良いのではないでしょうか?


あまり深く考えて憎しみや復讐心に身を焦がさない方向へ意識を向けていただきたいと思っています


でなければ僕の犯した罪なのか態度なのか分かりませんがさらに罪深いものとなっているように思えて仕方ありません

それはみなさんが主を冒涜しているとすれば僕のせいでもあるからです


電磁波止めてください