警察のセクハラ?

警察が、、、


なんだか優しすぎる

昨日から三回も四回も電話をかけてきて、届け出を出した合同会社の営業停止するのに会社の判子がいると言っていた

だけど判子は社長(この会社を作るようにいってきた部落民)に渡している

なので多分無いといっていると何度もかけてきて明日のことなんですが判子がいる、と言っていた

だから明日探すといっているだろう!と同時に不穏なものを感じた

何か罪を着せられるのではないかと

だから絶対判子を探そうとして朝から警察の天下り企業の仲間の済州島民コミュニティにて電磁波攻撃のために用意されている電磁波ハウスに行こうとしたら警察からの電話がなった

できれば電磁波ハウスに帰りたくないので多分ないと思うというと、であればなくても良いといい始めた

なんだか優しい


ここで勘ぐる僕は心がもう蝕まれているんだ


だから家に帰って探すことにした

判子を返してもらってから家から持って出てはいないからだ

家に帰ると人が入ったかどうかわかるように玄関に紙を挟んである

とはいえ長時間経つと意味の無い程度のものだ

振動か何かで落ちてしまうことは監視カメラをつけていたときに明らかとなっているからだ

いつもは待ち構えるようにすぐさま電磁波が始まるが今日は少し出遅れている

その事から僕はこう考えた

やはり家に一旦帰って判子を持ってくるとは思わなかったんだろう

何かあると思った

だから必死に探したけどなんと判子がない

通帳などと一緒に分かりやすく1つにまとめておいたのにどこにも見当たらない

もしかしてほんとに誰かが忍び込んだのかもしれない

取り敢えず判子は無しで警察に向かう


警察につき担当者と話しているとやけに明るいという感じを受けた

それ自体は問題ではないけどなにかを聞き出そうとしている感じがした

つまり演技だ

しかし僕はこの判子について何も知らない

現在刑務所に入っている人が出会い系をやると言って会社を作れば儲かるとなったけど三ヶ月ほどでシステムを組む間に直ぐにダメだとなった

何でも先を越されたとかなんとか

僕は広島にいたので東京で何やら判子がいるから送れと言われて送ったりしてその後福島に行ってまた送れだとかなんとかなったり

そして悪用されたくないから返してくれといったのがいつのことだったか


みんな冤罪でもいいから捕まればいいのに


事件性はないと言っていたけどなにか不審な感じはあった

電話でこそこそ話していたり、何かしら僕に変な対応だと感じた

いろいろ考えてみるとやはり自分達がこれまで罠などに引っ掻けて冤罪でもなんでも捕まえていたのに僕がブログで部落民を道連れにする証拠を持っていると言ったもんだから困ったのではないかと感じている

それでほんとに証拠を持っているのか試したんだと思う

だから変な聞き取り方をしてきていた

ちなみに証拠の詳しい場面について言ったものだから一瞬警察官が固まった

ほんとにあると思ったんだろう

それにしても自分達が嫌がらせをしてきておいて何年にもわたる画策や罪の捏造に勤しんで大衆と剥離した被害感情を育み冤罪でもなんでも村八分にするくせにいざそうなったらテロリスト扱いして危険だからブタ箱行きだ!と考えているのでしょうがもうこんな気持ち悪いことやめてほしい


それは日本のためにです


だけどそれはハニートラップの為の怪しさなのかもしれない

女性をあてがい見張りたいのか殺したいのか

本気で殺すのであれば殺せるけどこのブログがあるからすぐには殺せないのだろう

だからブタ箱か見張りがてら女をあてがいあわよくば新たなる奴隷を生ませて逃げ道を塞ぐのだろう


そもそも僕はそんなに自分から声をかけたりするほど陽気な気分ではない

そんなこともわからないのだろうか?そんなわけはないと思うが、

それどころかその民族の掟なのかなんなのかの被害にあっているのにその民族の仲間入りしようなんて思うわけ無いだろ

僕は本当にこの国の人々の感性には恐怖しかない

僕が全く剥離した社会を見ているのかもしれないけど僕からすれば他の人々が剥離しているように感じてならない

とはいえぼくのような経験をした人間がいっぱいいては困るしそうでない方がいいわけだけどここまで人の心や現状を認識できないことが奇妙でならない


そんな不幸な経験が無さすぎる人々がPKOなんかで人道的な支援なんか出来るはずがない

きっと向こうの貧しい人々からすれば失礼だと感じるようなことがいっぱいあったはずだ

それは文化や資本の格差ではなく、不幸や煩悩に対する免疫の差なんだと最近思うようになった

辛い思いをしている人の気持ちは辛い思いをしたことがなければわかるわけはないんだ

子供に愛を語っても意味の無いことのように


しかし今日のことで僕は新たに聡明な感覚を手にいれた


それはもちろんただ確信しただけにすぎないけど間違いの無いものだ

世界は資本や宗教やイデオロギーなど難しいことで争っているというのは勉強しまくった人々の感性だ

貧困層や戦下にいる人々と触れ合うことが出来るのはやはり裕福な人々ではない

日本で言うなれば極貧層やヤクザの下で働いている企業舎弟のさらに下で働いている人々だ


同じように弾圧されている人々がいるということが苦しくもこれからの日本を救うことになるかもしれないと感じてしまうことには感慨深いものがある

しかしこれこそが多様な価値観がもたらす可能性を広げているという現実だということだろう


そして僕は自らの価値を見いだし始めている


苦しくもやはりそれは虐められたから得れたものであるという、虐めは愛の鞭だということを証明してしまうことになるのかもしれない


しかしその事こそがぼくの無気力の正体であり、同時にこれにより愛の鞭の存在意義を完全否定し得るものであることがここに証明された


つまり電磁波攻撃に類するすべての行いは間違いなく間違いだと証明することができたということに一寸の疑いもないことの証明が成されているということだろう


だからいつもしつこいようで腹立たしいかもしれないが大手を降るってこの言葉を突きつけようと思う


気持ち悪い


止めて


今の僕はセクハラをされている人と同じ気持ちのようです


気分が悪いです