これはただの文句です

これはただの文句です


先程綴った記事を読んでもらえればこの国の大人たち、特に権力にしがみついているヘドの正体を認識してもらえると思う

つまるところ過去に日本では当たり前であったお金ではないという感性やフェアな勝負や正当な評価をするべきだよねといったような感性が失われていることがやはり問題なようだ


しかしこの国にはさらに大きな問題がある


それはそのフェアを良しとする精神や正当性を重んじる心が無くなっていると叫ぶ大人たち、いわゆる正しいことをしている人々が自分達もフェアではない、不正に手を染めている、片棒を間接的に担いでいるんだということを見て見ぬふりをしていることにある


このブログでも散々寄付をくれだとかお金をくれといっている

本当に貧しいしこの日本の根幹にある問題や解決策を表現している

僕が綴ることのほとんどは自分で考え出したもので経験から学んだことだ

もちろんパクリと呼べるものもあるかもしれないし元々わかっていることを書き綴っているものもあるだろうが他のサイトでは見られないことも多いはずだ


つまりそれなりに価値は提供している

もちろん公に開示して寄付制にしていることがマネタイズに大きな問題であることはわかる

しかしこのブログは金持ちのためのものではない

多数派であるはずの貧乏人が立ち上がるためのものだ


そして同じように戦っている人々もこのブログをなにやら違法に覗き見ている

もちろん生活保護者でテロ対策に見張っているものなのだから普通に見ずにログが残らないように見ればいい


だけれども誰もお金をくれない

ただの一円も


何故だろうか?


これには簡単な答えがある

自分達は正義だフェアだとほざいているが実際にはただの守銭奴なのだ

資産が一億あるとしたら千円で十万分の一だ

一万円でやっとこ1万分の一

1万分の一は生活保護で毎月六万円を消費する僕にとっては六円だ

たったの六円もくれない

食に困りながら不正な冤罪で親を祖父を殺害され自分もたぶん冤罪というか言われの無い罪で寄って集って弾圧や迫害や差別と表現できるそれどころか虐殺されそうな僕にたったの六円の手助けもしない


もちろん毎月一億入るわけではないだろう

しかし毎月払うわけでもない

この訴えはお金がほしいだけではない

このたった一度すらも寄付をしないという小汚ない感性が日本を支配しているなによりもの原因だとここに綴っておきたいのだ


だからこんな不適正な適正手続きによる弾圧や迫害を容認できる


そしてなにも問題ない平和な国を演じて腐敗していく


そんな人々が大学でなにかを教えてる


恥ずかしくないのか!


僕はすでに腐ってる


お金ください