やはり電磁波攻撃の目的は精神を操ることだと思う

やはり電磁波攻撃の目的は精神を操ることだと思う


いつだったか思念体が夢の中に現れたという話の後日、それはもう一人の自分かもしれないと言いましたが今回はその続きでこれが一番現実味のある回答となると思います


電磁波攻撃を受けていると分かることは強烈に精神に作用するということ

先日までは本当にテロリストにでもなるのではないかと感じるほどに強制的にイライラさせられました

電磁波攻撃を受けていない人は信じられないかもしれませんが自分でない自分に心を支配されるのです

心というよりは感覚を支配され心が付き従うといった方が正しいのかもしれません

むず痒さというかいてもたってもいられない感覚が腰辺りにまとわりつき怒りや憎しみが強烈に産み出されます

逃げても逃げてもその電磁波攻撃はついてくるのです

数々の残虐な事件の犯人の証言から電磁波攻撃や集団ストーキングにより起きていることは明らかなのですがテロ予告みたいなことをしてから今日は大分趣向の違う電磁波でした


夢の中で母と再会しました

顔を見ることは叶いませんでしたがいつも電磁波攻撃でイライラして怒っていた母、

部落コミュニティの友達もお前の母さんキチガイか?といってしまうほどの癇癪ぶりで朝鮮人の女はヒステリックだからとか言われていましたがそれがまさか電磁波攻撃によるものだったとは腹立たしいです


話はそれましたがそんな母が台所でお湯を沸かしています

台所と繋がったリビングに立っている僕は凄くラッキーなことが起きたといった感じです

溢れてくる感覚はとにかく嬉しくて何かを言いたい、

言いたかったことをいうことが出来る、といった感覚

何を言おうとしているのか

餌を目の前に興奮する動物のようです

しかしうまく言葉もなにも出てきません

とにかくあの事を伝えたい

いつも頭の中にある

今がチャンスだ

伝えたい

何だったか

言葉がでない

声がでない


強く思えば思うほどよくわからない、何を言いたいのか


目が覚めてすぐに涙が溢れてきました

今の今まで嬉しくて仕方なかったんです

すごいチャンスが訪れたと

目が覚める瞬間にすぐにわかりました

もう死んでいるんだということが


何を伝えたかったのか

すぐにわかりました

謝りたいんだろう?


いつもはそう思っていました

謝りたくてしかたがない


だけど今日は本当にはじめて人を思いやるということができた、そんな暖かい気持ちです


僕は生まれてはじめて謝るなんて独りよがりな気持ちではなく、心からこのことを伝えたかった


それはありがとうでもありませんでした


お母ちゃん、心からご苦労様


悔しいけど御礼はいっておこうと思います


くそ気持ち悪い電磁波のみなさん、ありがと