シラス主義を復活だとかいろいろありますが、、、

シラス主義を復活だとかいろいろありますが、、、


現在の日本が主義を変えていくべきだとか戻すべきだとかいろいろありますが日本という国で考えるべき事は皇室の真似をすることだと思います


シラス主義だとか国民がいてとか様々な形や表現の仕方がありますが日本という帝国でずっと生き長らえてきた皇室のあり方そのものが国際戦略上必要不可欠なものだと思います


アメリカがこうなったからとか中国とロシアがくっついたとか様々ですが日本は結局決断をするべきではないという結論に達します

というよりも決断しなくて良いポジションを取り続けて裏切ったり卑しさを出したりよだれを垂らしたりしなければ国体は守られると思います


ただここで注意するべきは儒教的な感性を持つ国への警戒心だけは持っておかなければならないということでしょう


なぜなら侵略してくるからです


しかし日本は幸運なことに海に囲まれ背後にはアメリカがいます

なぜか中共派閥の人々はアメリカを切ろうとしますがなぜわざわざ切り捨てるようなことをする必要があるのでしょうか?

完全に日本をおとしめようとしているとしか思えません。

突き詰めていくと日本は自主独立するべきだとか根性論に辿り着くのですが自国の軍隊を持とうがなにしようがわざわざアメリカの存在をむげにするようなことをする必要はないと思います


しかしアメリカの軍備による経済の圧迫はかなりのものです

それでも耐えられるのはやはり他人種国家アメリカはすごいと言わざる終えません


こうして考えると長期的な戦略としては他人種を抱えることが後に日本を守ることにも繋がるのではないかとも感じてしまいます

何よりもハーフという存在は需要が高くなりやすいという性質がありますし発信力も強まります


これからの世界はやはり経済的なグローバル化は押さえるとしても人権や人種としてのグローバル化は必要不可欠なように思います


そのスピードや影響をもちろんつぶさに見届けなければなりませんが移民を受け入れて世界と痛みを分かち合うことが後の日本のためになるのだと感じました


マーンさんもそういっていました


あーまん