天皇の生前退位を踏まえて女系問題よりも日本人が考えなければならないこと

天皇の生前退位を踏まえて女系問題よりも日本人が考えなければならないこと


多くの国民だけでなくいわゆる有識者のみなさん、さらには生前退位について国民の方からの配慮が足りなったと陛下を気遣う人々ですら同じ問題を蔑ろにしていると感じたのでここに綴る


陛下はなぜ御高齢であるにも関わらず公務を続けたのだろうか

ひとつには天皇陛下というたった一人の存在だから陛下の国家国民への責任感がそうなされた

あるいは楽しかったのかも

もしくは暇潰し

あり得ない

365日見張られていると言っても過言ではない生活

座り方から何から何まで制限された生活

もちろんこんなこと言う僕がおかしいのかもしれないし不謹慎かもしれない

だけれども考えなければならないと感じずにはいられない


その前に青山さんが気がするとか感じているとかというのはメディアとしてあり得ないとおっしゃっていたので反論させていただきたい

もちろん言わされているのだろうなとも片隅にある上で僕の思いを述べさせていただきます

公的な存在はそうかもしれないけど個人の発信については良しとしてしてほしいしそうあるべきだと思う

なぜなら誰にも普遍的な正解は分からないから

だから全ての人々が自分に課せられた人生のなかでこう思う、こう感じる、そんな気がする、と声をあげなければならない

これは危険回避であり声をあげることにより国民同士が気がつくことが出来る

みんながおかしいと言えばおかしいのだからおかしいのだ

反対にこれまで常識であったことが変化しなければならない時がある

まさに今がその時

これについては後で綴る


結局何が言いたいのかというと皇太子殿下が高位を継ぎたくないという感覚を持っているときに混乱が起こるから駄目だ、とすることはもちろん納得できる

しかし現在のような切迫した時代でもなければ他にも皇位継承権を持つ人がいて、さらには明らかに皇位を奪うために根回しをされていることはないということであればもっと冷静になって考えるべきではないだろうか

御子息に皇位を譲ろうとするくらいに嫌だし、ご子息が裏から手を回して皇太子殿下が継ぎたくないと言うように根回ししたとは到底考えにくい

なのに継がなければならないのだ


僕たちはなにか勘違いしている


皇室の人々も人間であり気持ちを持っている

この御気持ちを酌むことも出来ないで何が日本人なのか

そんなやからは日本人ではない

ただの既得権に群がる餓鬼畜生だ

もちろんみなさんは餓鬼畜生ではない

ただ気がつかなかっただけなのだと思うし、そう感じたし、そんな気がする

もしかすると国民の方からの声が上がるのを待っているのかもしれない

生前退位の時のように


だから日本人は真剣に考えるべきだ

真剣に考えてそれでもお願いするならすればいい

だけど投げやりはあんまりだ

人間のすることではない


僕がここまで思うのには訳がある

例えば自分事で考えてみてほしい

天皇陛下に責任が無いのだとしても第二次世界大戦の時から続く皇位を持つ家系の子孫であったとしたのならと

どれほどのプレッシャーか計り知れない

僕の個人的な感想では陛下がご高齢であられる自身に鞭を打つように公務をお続けになられたのはこういった面も少なからず関係していると思う

東京大空襲や広島長崎の原爆、沖縄、北海道での本土決戦

多くの国民が自決をし命を捧げた

その事がどれだけ人生に重い鎖となりのし掛かってきていたのか


そしてその重圧をただなんとなく流れだからと押し付けようとしている

日本人は無責任どころか既に日本人ではないのかも知れない


ここで話を一度戻す

これまで常識であったことが変化しなければならないときがあるということについてなんだけど昭和という石油を中心とした前時代の産業は数を作るのに人数が必要だった

それが今や情報革命となり一度作ればコピーのし放題

産業構造の変化と共に人間にとって必要な感性も変化を始めている


トランプ大統領のようないわゆるメガロマニアと言われるような大統領やMBSのような日本人としてはあり得ない感覚を持った皇子

マフィアが成り上がったような国家やジャングルの中から都会に出て一流プログラマーになるサクセスストーリー


これまでの世界で常識であったものはもはやあってもらっては困るほどに変化が起きている


そして世界は夢で溢れてる


例えば皇太子殿下が継ぎたくないという理由が堅苦しいことや重荷を背負うのが嫌なのだとする

そうであるならば僕はなにも気に追う必要はないと思う

女遊びをしたり酒を飲んで愚痴ったりしょうがない一面があったからといってなにも問題ではない


そんな一般人と同じ感性を持ち得るからこそ日本という風土を治す(シラス)ことが出来る存在なのではないだろうか


何よりも必要なのは万世一系であるという血筋

何よりもの血筋であり血筋なのだ

血統こそが全てを決め血統のみが相応しさなのだ


もちろん血統も人格もというのもわかるけれどもどれだけの人格者であろうと血統がなければ意味がない


だから日本国民は真剣に考えるべきだ


いなくなっても別にいいという人にはなにも言うことはない

勉強してくれとしか言えない


日本が長年守り通してきたものをこれを期に考えることも悪くないと感じた