最終戦争を引き起こすのが部落済州島民コミュニティなわけ

最終戦争を引き起こすのが部落済州島民コミュニティなわけ


これは予想でしかないのですが確かなことだと言えます

聖書にかかれているものは真実であり、食べてはならないと言われているのは遺伝子への影響による精神作用があるのではないかと考えています


例えば超長期的な氷河期が訪れるとして人類の中から生き残るために人を選別して閉じ籠ることなどができるだけの蓄えをしようとするとします

それは何百万年という長い期間です

これは間違いなく地球で起こることですので聖書にかかれている主は以前の氷河期を生き残った人なのではないかと考えています


では現代の人々が選別したとしてどのような人を残すべきか


これは緊急非常事態ですので人権や情などではなく知性と理性で構築された論理により選ばなければなりません

でなければ滅亡の危険があるからです


その時になぜ主は豚肉や油、蹄が二つに割れていて反芻しないものは接種してはならないと言ったのか

これまた想像ですしほんとはもうわかっているのだと思いますが遺伝子に作用し人格を変容させるのだと思います

例えば暴力的になったり集中力がなくなったりです

そして七世代食べなければまたもとに戻るというように


こう考えると部落民の差別のせいでと主張しているものもあながち嘘ではないということがわかります


その上で考えてみてください


終末戦争はユダヤを名乗るユダヤならざるものが現れることが綴られています

ユダヤならざるものを定義していくとやはり主の教えを守らなかった人々ということになります

それは豚などを食べた人々

その人々が自分達はユダヤだといい始める


ユダヤ人は国がなくなり千年単位で迫害され弾圧されてもユダヤというアイデンティティを捨てなかったんだ

大切にしたものを守りぬこうとする素質があるんだ

だから豚肉を食べない人々が必ずいて高い地位を維持できる

世界を掌握する


これは明らかに起こるべくして起こることです


なぜならユダヤという類い希なる神の寵愛を受けた人々を妬んだり崇めたりする人が出るのは自然なことだからです


それが遺伝子まで理解している人、つまり主ですがその人々がユダヤの遺伝子の性質や豚などを食べた人々の性質を見抜き、七の年月の時(僕は聖書中の七は幸福を表すと解読しています)つまり幸せな時代にユダヤを名乗るユダヤならざるものが現れることと情報技術が発達した世界(聖書では世界同時的にすべての人が同じものを見ると書かれている)では最終戦争が起こると予測したのだと思います


というよりもその人たちの過去の歴史がそう物語っているのだろうということ


つまり僕が言いたいことは部落差別とかそんな小さなことではなく大きな律の中で起こるべきことなんだということで、そんなときに自分達だけ助かろうとかいごまご人口削減しようとかしている日本の部落民の意地汚い行いを見ると戦争が起きなくても殺し合いになるんだろうなと想像に容易いです


だけれどもそんな気持ち悪い人々にご理解いただきたいことがあります

それは主も時間を自由にはできないということ

もしかするとできるかもしれないけどエネルギーの関係で滅多にできないとかいろんな制約があると思います

というかたぶん出来ません

つまり最終戦争を引き起こすのが一体いつなのかは我々人類に掛かっているのだということ

永遠に先送りできるということ


その上で僕たちがどのような発想で最終戦争を遠ざけるのかというと二つしかありません


許す

計画的な完全な弾圧


どちらかです


神は一人でも清き人がいれば村は滅ぼさないという人もいますがそれはその当時の村です

ロトがいなくなったから村が破滅したのではなく、ロトを助け出してから村を破壊したのです


時を経て人権問題にたどり着き幸福な時代でなかった人々が豚肉などで飢えをしのぎやがて強い力を持つことも普遍的なものです


世界最終戦争が起こるのは主の力ではなく、我々人類により引き起こされるのだということ


許すのと弾圧とどちらとも助からないのかもしれませんが僕たち人類は何を選ぶのでしょう?


もしかするとこの選ぶ、決めるということが間違いなのかもしれません


許した場合に豚肉を食べた人々は幸せな世代の間、食べなければ大丈夫ですが食べ続けた人々が力を持ったらどうなるのでしょうか?

弾圧した場合に豚肉を食べ続けた人々が幸せな世代の間、食べなければ大丈夫ですが食べ続けた人々が力を持ったらどうなるのでしょうか?


つまり嫉妬や妬みや復讐心に執着してしまう存在が世界最終戦争へ導くということでしょう


豚肉など聖書にかかれている食べてはならないものを世界的に禁止するべきです


部落民は被害妄想に執着した権力の乱用をやめるべきです


最終戦争を導くのは部落民の執着する精神性で間違いありません


豚肉などのせいです


元々の遺伝子ではないです


電磁波やめろ!ばか、気持ち悪い


そして結局僕がたどり着くのは権力などの偏りを押さえて能動的に流動性を保つことにより腐敗させずにさらにはすべての人々が利権を手にする、まぁ生活保護もらっていることもそういえますがそんな感じを世界で満たしつつ全ての野心のある人々に大局感を持たせることにより可能な民主主義の構築とそのノウハウを伝え続ける、伝承し続ける役割を担うカトリック的概念もプロテスタント的概念も網羅した仏教の伝承必要不可欠


さらには皇室に多民族を招き入れることで更に確かなものとなる

イギリス王族は日本人は入れないでしょう、まだ

現在の日本の反日ぶりが反対に皇室へ白人など多民族を招き入れることを行いやすくしているのである意味で反日が日本を救うとも言える


あーめん