部落コミュニティは憲法にかいてある華族豪族に類すると綴ってから強制的にイライラする電磁波が流されています

部落コミュニティは憲法にかいてある華族豪族に類すると綴ってから強制的にイライラする電磁波が流されています


この電磁波により先端恐怖症(とがったものを見ると眉間がじわじわしていてもたってもいられなくなる)や足むずむず症候群や強烈なイライラ感(大声で叫びたくなる、足が傷だらけになってもかきむしる)が慢性的に現れます


つまり秋葉原連続殺傷事件などを引き起こしたものと同じものが僕に与えられています

はっきりいって子供の頃から与えられていなければ今ごろ町に降りて人殺しになっています

もうまともな判断ができなくなるくらいにイライラするんです

文字を打つのが困難になるくらい強烈に強制的に感覚が無理矢理そうなります

こんなことを行うのも部落コミュニティは憲法違反だと言われると困るからでしょう

彼らのいう公の安全を害すということなのでしょう

であれば電磁波攻撃やめればいいのではないですか?

ほんとにヤバイです

すごいむずむずイライラします

あーーーーーー

あーーーーーーーーわやぱーーーーわーい


ほんとにヤバイ


くそーーーーーーーわーっだっねざはぞ


おっちょっと収まった


頭おかしいんじゃないか?

これだけ無実の人々を死に追いやっていまだにこれを続けようとする人々

はっきりいってまともじゃないし何よりも公の安全を害している

それどころか気持ち悪い感性が日本を貶めている

あんたたちのような存在がいるから日本が閉塞感に見舞われ頭のかたい頑固者ばかりが席巻する社会となり国際社会で白い目で見られている

自分達が気持ち悪いから白い目で見られていることがわからないんだ

気持ち悪い目で見られることが日常だからだ


聖書にこうある

ユダヤのフリをする人々が現れたらこういいなさい

主はあなた方のことを愛していると伝え自分達が豊かだと感じているだろうがじつはいちばんみじめなそんざいだと気づかなければならない

そして悔い改めるのです

ですと


自分たちのことじゃないと思うだろうな

バカだから理解ができないんだ

ばーーーーーーか

聖書読め

そして恥を知れ


悔い改めよ


ここでも解るようにざっとかいてやろう

ちなみに僕の気が狂って大量殺人でもおかしたらこのブログを見てくれている人々はわかってくれよな

これは部落コミュニティの影響下にある公安警察による犯行の副作用だと

ちなみに犯行を行っている本体は令和を選んだ万葉集に出てくる広島県の安芸津と言う町の人々だと考えられる

経団連の下請けの工場でも毎日弁当にヒ素を盛られていたようだ

いじめもまあまあだった


以下を良く読みなさい


ユダヤのフリをする人々が現れると言うこと


僕が読んだ限りの聖書感を綴る


聖書では旧約聖書により人類の歴史が綴られている

すべては読んでいないがだいたい

そして予言と言えるようなものや新約聖書


新約聖書はまだほとんど読んでいないがリアリズムと理想と感じている

つまりは旧約聖書カトリックリアリズムと新約聖書プロテスタント理想主義とでも言うか


旧約聖書で出てくる主とは人間だ

完全に隔離した社会を形成していた高い文明を持った人々

それは2019年現在よりも高い技術力を持っていたと考えられる僕的に思うのは氷河期以前から存在していた人々

その人々に一番近いのがユダヤ人なのではないかと考えている

だからこそアブラム等を選び様々なことを教えた


ここに至るまでの考えは整合性のとれたものであるから納得してもらえると思う

読んだことがあるかは知らないけど旧約聖書には核融合がなにかを動力としたドローンのようなものが出てくる

これは神話ではなくてほんとなんだと僕は考えている


そんな大枠でを以ての黙示録を見ているとこう感じる


ざっとおさらいするとユダヤのフリをする人々が現れて世界が争う

それは悪魔と言われる人々と教会の人々とが闘い多くの人が死ぬがその後に平和が訪れる、と言うこと


これは僕の考えでは氷河期や大陸の大変動などがわかっている人々によるものだと思う

そもそもこの預言は主がキリストに伝えたとか見せたとか

それをヨハネが授かり書に残した

読んでいない人はハイハイといった感じになると思うけどほんとに読めば普通に僕の言っていることが現実に一番近いと言うことがわかってもらえる


つまり主とは高い文明を持った人間でまだ発達していない人々にこれから地球はこうなるから頑張れよと教えたのだ

その時に当時の人々からすれば考えられないことを見せることにより主の言葉を信じさせようとした

その主は人類の健康まで気にしてくれていて豚は食べない方がよいとか様々な教えを授けてくださった


その上で最終戦争は七つの協会だとか七年だとか様々な七が出てくる

この七というのは数字だけど数字とはとらない方がよい

旧約聖書の時から何かにつけて七が出てくる

これはたぶん違う感性で読み解くべきだ

単純に感じるのはラッキーセブン

つまり幸福を表す


最終戦争では七つのラッパが鳴り響き大勢の人々か死ぬことになる

このラッパは開戦の合図だ

旧約聖書にもラッパにより開戦するシーンがある


つまり七年の艱難時代と言うのはすごく幸福な時代を表す

すごく幸福で豊かなときにユダヤのフリをする人々が現れる

そして古い蛇、これは儒教や邪道やカトリックをはじめとするいわゆる原理主義的な人々と理念的な人々、つまりカトリックとプロテスタントが戦争をすると言うことを表している


これは確かに必ず人類が直面する問題であり予言と言われるとなんだか嘘臭いが確実に起こることであり、主は教えたんだ


聖書にかかれている偶像崇拝禁止と言うのは違う神を拝むなというと語弊があると思う

これは物質、つまりお金や物に対する執着心はダメですよというものだ

そして黙示録一章二章と

霊は心で星は運を表す

技は経験

白い衣は知的労働者

ユダヤのフリをする執着心や忍耐を是とするゆえに絶望を生きる人々にあなた方を愛しているよと伝えるべきだと


リアルタイムでスパイウェアが入ってきました

重たくて仕方ない、まぁいいか


三章は神様の嫌味だ

熱く寒くだの右だの左だの自分達は豊かだと言っているが実は一番貧しいもの達だと

悔い改めなさいとおっしゃっております


四章で主に連れられて行くと透明のテーブルに24の座があってモニター越しにおじいちゃんが二十四人いて回りに生き物かロボットがいて顔が四つあった

おじいちゃんたちは幸福の封印を解くことの出来る人間を人々の中から探した

幸福の考えと未来を持つ羊がいた、これは神の幸福の心

ユダヤの中から出る王でダビデの若き子孫、殺されるべきではない徳の高い勝利した子羊

子羊は命を懸けて全世界の億を越える人々をあがない人々は神を信じた


もうめんどくさい

自分で読め

気持ち悪い


電磁波攻撃の機械はどうやらガソリンタンクの中にあるようです

もうすぐ車検なのでばらそうと思います