艱難時代だと声高に叫んでいるモンゴル系ユダヤ系部落民、ロックフェラー系石油利権に連なる薬物マフィアが何を企んでいるのかわかってきた

艱難時代だと声高に叫んでいるモンゴル系ユダヤ系部落民、ロックフェラー系石油利権に連なる薬物マフィアが何を企んでいるのかわかってきた


聖書ではとても恐ろしい描写があります

それは世界最終戦争と言われるもので艱難時代の到来により起こると言われています

それらが占いや夢などではなく哲学的、あるいは宗教的狭義により辿り着く普遍的な人類と地球の反応であると言うが僕の考えであり、普通の読解力を持ち聖書を読み進めてもらえば納得いただけることと思います(ちなみにまだ読破を果たしていない)


その艱難時代の発端には様々な傾向が現れるとあります

ユダヤならざるユダヤを名乗るものの出現や幸福の時代や完全な時代と表現される時代の到来

この時代は推測の域は出ませんがつまり永久エネルギーの発見や地球規模の資源量と人口量との比較などが完全に分かっている状態だと考えられます

これにより人類は選択肢を狭められます


永久エネルギーとは言えないかもしれませんがこれまでは世界各国が取り合ってきた石油も地面を掘ればどこでも採掘可能なシェールオイルの採掘により人類にとっては使いきれない気の遠くなるほどのエネルギーを手に入れることになりました

これに伴い様々な違いにより分断をしている人類は選択を迫られます

共生か、戦争か


共に生きることを選択したとしたときには次のことが問題となります

人口の増加と資源の分配

エネルギーがほぼ永遠にあると決まれば永遠に人口は増え食糧などの資源に困り始めます

突き詰めるとそれは土や海など自然そのものです

人口が増えた国々は足りなくなった資源をどう分配するのでしょうか?


これらの現象は裏を返せば人類にとっては豊かになりすぎたゆえに訪れる幸福な悩みであり完全な時代と言えるのではないでしょうか?

そしてユダヤ人と言う主、いわゆる神様ですが聖書によれば明らかに高い知能と教養や文化や科学的知識のある存在に選ばれた民族

その人々が人類史になくてはならないほどの興隆を極めることは普遍的なものであり、それは当時の人類にはない高い知能を持つ主と言われる人々に言われたことを守り抜くことによる遺伝的、あるいは物理的、あるいは哲学的優越が産み出すものです


その人類史で優越的な特性を持ち得て興隆を果たす可能性が極めて高いユダヤの人々の子孫が世界中に散らばりどこの馬の骨ともわからなくなった時代に、又は全く関係ないにも関わらず勝ち気で傲慢な人々による虚言により「我々はユダヤ人だ」とわざわざ名乗らなくても良いのに名乗らなければならない時点でユダヤ人だとは言えないのではないかということも憚ることなく言ってのける人々の出現により、この世界は艱難時代の到来を示唆すると読み解くことができます


しかし完全にひとつだけ言えることがあります

それはどこをどう見渡しても主なる神は時空間を簡単には自由にできないということです

無視を操ったり、人間の感情を操ったり、夢を操ったり、空を飛んだり、水を増やしたり、強い光線により村を破壊したり、空の煙(とは水蒸気でつまり煙たくない煙と推測する)に身を隠したり、水を分けたり、雨を降らせたりすることは出来てもテレポートやタイムスリップは描写がないので自由にはできないと言えます

その他のことは虚言に聞こえるかもしれませんが電磁波攻撃を受けたものからすれば出来ると断言できます

体感しているからです


その上で電磁波攻撃などを行う、いわゆる昭和を代表する差別してはならないコミュニティ、それは石油利権により興隆を果たした人々による世界統治は完全にシェールオイルやIT革命による大衆真理により権力の移動が起きます

これまでは隠していたことが隠せなくなり、これまでは制する必要がなかったことを制さなければならなくなるからです


同時にこの興隆を果たしてきた利権に連なる人々は考えます

次の大きな既得権を産み出さなければ、、、

卑しい彼らはこれまで薬物により洗脳や病気や弾圧を繰り返し世界を統治してきましたので発想が気持ち悪いです

その気持ち悪い人々はいわゆる悪魔崇拝と言われる感性により人類を手玉にとり自分達は神だと優越感に浸っています

そして宗教や科学を侮辱するがごとく悪用し人類を騙してきました

ただ騙すだけならまだしも、脅し、虐殺し、恐怖や憎しみを背景として人類を扇動してきました


その卑しさから産み出される次なるものが核戦争による恐怖を背景とした核シェルター利権です


宗教などを媒介とし最終戦争は起こるといい、その強大な破壊力は角でしかあり得ないと流布します

そうして恐怖を煽りビジネスチャンスを作り出している背の低いモンゴル系部落民達がいます


先程も申しましたが主は時間を自由にはできません

その主が預言したことはいつ起こるかはわかりませんし、それを起こすのは人類です

つまり最終戦争は永遠に先伸ばしにすることも可能であると言うことが論理により証明できます


ですので気持ち悪い人々の気持ち悪い戯れ言に騙されないようにしなければ気持ち悪い未来が待ち受け気持ち悪いことになるので気を付けましょう


気持ち悪い人々をどうするべきか、そろそろ真剣に考えるべきではないでしょうか。

差別だなんだといっていては逆差別状態で弾圧されている日本や世界各国の差別してはならないコミュニティ以外の人々への弾圧は留まるところを知りません

この好戦的な侵略性質を持つ差別してはならないコミュニティの人々がこのまま他民族を差別し続ければ世界最終戦争は必ずや起こります

それはこの差別してはならないコミュニティの狭義に辿り着く人間が生まれながらに悪だと感じる嘘や虐殺を肯定してしまうような感性を育み求心力としているからです


勿論その人々を弾圧すれば良いと言う話ではありませんが適切な情報の開示がなければ現在の部落民による日本人奴隷統治や世界中の差別してはならないコミュニティによる資本格差押し付け貧しい人々は税金だけ払って払えないやつらは殺し合いでもして死んでいけ政策に終わりはありません


その先にあるのは破滅であり内部分裂であり虐殺です

それが人間本来の姿なんだから殺し愛をしよう、自己責任だと吠える人もいますがそういう人たちはそういう人たち同士で殺し会えば良いのです

実際にその立場に立つのであれば威勢の良い彼らは口だけの詐欺師ですので意見を変えます

意見を変えないのであれば殺し愛をするコロシアムでも作りましょう


核シェルターは必要ないです

何故なら核シェルターに隠れていなければならないほどの世界戦争が起きたときに核シェルターに隠れているような場にいた場合は出てきても放射能汚染や食糧難により助かりません

勿論ピンポイントでその周辺だけが核爆弾でやられた場合や数十年シェルター内で生存可能なだけの備蓄や外出時に防護服が用意され汚染されていない地域まで移動したり遠出をして必要なものを防護袋に入れて持って帰ってくることが可能と言うのであれば核シェルターは意味のあるものなのかもしれませんが、、、


部落民は日本人ではありません

在日も日本人ではありません

日本人として集まる人だけが日本人です

部落民として集まったら部落系日本人です

在日として集まったら在日系日本人です

その人々を部落民や在日と定義しても差別ではありませんし、そういった求心力を利用する以上、そう定義されても仕方がありません

自業自得です

自己責任です


気持ち悪い