そういえば中国新聞の局長を名乗る男性と

そういえば中国新聞の局長を名乗る男性と


ヒ素を混入されていたのは子供の頃からですが分量がやけに増えたのだなと感じているのは十年程前位から

今思えば浮気をするように画策されていたのかなんなのか分からないけど僕は女性と付き合うときに浮気をしないという約束は絶対にしないと決めていました

しかしなんとも簡単に体の関係を結んだのは良いのですが子供を妊娠しては下ろすという何とも惨たらしい仕打ちを行うことが何でもおこづかい稼ぎになるとかなんとか

それを狙って種馬とされたのかなんなのか、子供ができると同時に連絡が取れなくなりしばらくすると連絡が付き下ろしたとのこと


その頃と同じようにしてヒ素の分量がさらに増えたのかもしれないけど僕の脳みそは現実に耐えることが困難になっていた

同時にこの頃は肝炎が原因なのではないかと検査をしてみると案の定、感染しており記憶を辿り明らかなのは部落済州島民コミュニティの先輩からお願いされた若かりし頃に僕に掘ったタトゥーは未成年への犯罪行為となることをしり僕に掘ったタトゥーを消したいという願いを込めたタトゥーの上塗りか、もしくは部落済州島民コミュニティの友達が連れていってくれた部落済州島民コミュニティだろうと思われるモンゴル系のタトゥーショップで入れたタトゥーのどちらかによる感染

ショップではそこで飼われている僕のような弥生系なのか何なのか分からないけど部落済州島民コミュニティによる弾圧を受けているであろう男性に掘らせていたので自らの手を汚さないように配慮したのだろうと今では感じている


その後に精神病院を渡り歩き先生に何か原因があるはずだと探っていると、子供を下ろすと保険か何かが下りるからと言っていた女性がお金目当てに僕の子供を下ろしたことが原因だと思うというとそんな保険はないと言われた

その時は先生が知らないだけだろうと思っていたけど確かに子供を下ろして百万円てどんな保険なんだと思い始めた


時は流れ全てが部落済州島民コミュニティによる復讐の実体なのだろうと真相が明らかになると同時にそれ以前から行われているであろう嫌がらせの実体に向き合うことになる

これまで下ろしてきた女性たちは皆同じような保険なのか何なのか分からないけど僕の子供を下ろすことでお金にしていたようだと感じ始めた

これは僕の勝手な思いだけど普通は女性が体への負担となるから下ろすことは嫌がる筈なのに僕は九回下ろして一度も下ろしたいと言ったことはないと思う

初めの一回はまだ若かったし仕方なく下ろしたと記憶しているがその後は全てが勝手に下ろされたものだ

2度目はまるで僕が下ろしてくれと言いだすだろうと思ったような感じであったのに僕は生むと言い始めた途端、何やら風向きが変わった

それまでは下ろすのは体に悪いだ何だと言っておいて生みたいと言うとそれは許すことはできないと言い始めた

あのおばちゃんたちの頭の中はどうなっているのかと思っていたけど今では性奴隷にされたマインドまで手に取るようにわかる

わかりたくないのだけれども


様々な嫌がらせの実態が明らかになるに連れ人間不審となっていくがそれこそが目的なのかもしれない


こんなことしてなんになるのか

それはやはり悪魔の契約と言えるだろう

罪を犯すことで求心力となり一段一段階段を登り工作員へと仕立て上げられていく

これらの背後にいるのはCIAなのか中国なのか

チャイニーズマフィアの影は間違いがないものだ

そして僕の回りにいる存在が北朝鮮に強いアイデンティティを持つ存在がいて韓国へ何かしらのアプローチをしていることなども明らか

そしてそれは済州島民を基準としたアイデンティティであろうと予想される

なぜかと言えば即が韓国人だとわかってから韓国のクォーターだと言って過ごしていて色白の僕のことを韓国人だと思って嫌がらせをしていたのだろうから

そしてこの町では何故か白人などに対する当たりが強いことや僕が部落民だと知らなくて嫌がらせをしていたことなどを考慮すると導かれるものは被害感情を求心力とした組織による行いだということ


虎ノ門ニュースの人々や国権に近い人々がこうした行いをなぜ是としているのか分からないが僕が部落民だと分かったり韓国と言っても済州島民らしいと言うことが分かり始めて何やら優しくなったようだ

全く納得が行かない


話が反れたけど精神病が悪化するきっかけとなった子供を下ろした女性が何故か中国新聞の局長を店に連れて来てやけに僕を呼び込んだ

そしてお酒を飲ませて乾杯していたが明らかにヒ素が混入されていた

局長が混入したのかどうかは知らないが彼の放った「適当だからいけないんだ」というセリフが今でも頭に残っている


その頃に町中で現れる変な人達の事が印象に残っている

冗談でからかったりすると金切り声をあげて「バカにするな」と突然起こりだす人々

今思えば例えば僕が飲み屋で笑ったことにより女性を傷付け自ら命を絶ってしまったのだとしてコミュニティで不在裁判が行われ僕に対して許せないと感じたのだとしても、どうにも納得がいかないほどの激情に本人達も驚いているようだった

もしかすると被害感情を刷り込まれた副作用なのかもしれないけど僕は違うと思っている

何かしらの強制力のあるサブリミナルの仕込まれた映像などを見せられているのであろうと

それは対象に強烈な好意や嫌悪感を持たせるためのもので、これから間違いなく世界を大きく揺るがす大事件を起こす事になる

それは僕の解釈ではオウム真理教どころではない遥かに巨大な形で行われていると推測する


普通に考えればわかるけど都合が良いからと言って人の感性に介入すれば当たり前に反作用が起こる

元々自分の持つ感性により導かれる反応であれば極端な激情も納得が行くはずだ

しかし自分でも驚いてしまうほどの激情が自らを操るとしたらそれによる自己への作用やその後の社会への悪影響など様々な事が考えられる


人体実験による洗脳の副作用はどのように取り締まるのだろうか?

電磁波攻撃にしても明らかに感情へのアクセスが根底にあるとしか考えられない

警察はヒ素の混入については眼を瞑るというか捕まえようがないという判断なのだろうか?

何がしたいのかよく分からないけど明らかに薬事傷害や殺人事件が多発しているこの国には未来があるのだろうか?

また電磁波が強くなったがたまたまか?

局長の名前は出してはダメなのか?


よく分からないが広島周辺が中国地方という名前なのは何故だろうかと不審に感じて堪らない