死にたいは生きてる

してもいいけどしなくていい

自殺というのは本来、他人がとやかく言うものではないのかもしれない。

止めるのであればそうなる前に何とかしてあげればよかったし”気付けばなんとかしてあげれた”と思うのも”死なれるくらいなら”という意味であり、生きている時にはその存在に価値がないということに他ならないからです。

ただそういった意味ではなくなんとなく死なれる傍にいたら迷惑だからというのは、まぁ、冷たいというに尽きます。

とはいえやはりそういった命に対する大切さや死なれる位ならしてほしかったことや死ぬ前に一緒にやりたかったことや死なれる位ならしてあげてもよかったことなど様々と浮かび上がってくると思います。

つまり死というイベントがあることにより生に価値が帯びるということです。

そう、実は人間は生きている時は一人称で価値なんぞないことの証明なのです。

一人称で価値を帯びるもの

では価値とはいったい何なのだろうと考えてみます。

本来、価値というのは”役に立つ”や”必要”といったように機能に基づくものです。

機能とはいってもそれは観賞用やあるだけで安心といったように動作を伴わないものもあります。

つまり人の持つ気分ですら価値を帯びる対象になりえるということでこれはとくに成熟社会でこそ強く価値を帯びやすくなり最近どこかの石油王が買った絵画などは数百億の値段が付いたようです。

この絵は歴史的価値もあるしオークションで見栄を張りたかったとかということや希少性やもちろん絵そのものの価値もあるでしょうが役に立つのかといわれれば税金対策や資産の保有方法などと考えられることはありますが、どちらにせよ精神的に役に立てるなら価値があるということで

では精神的に役に立つというのはどういうことでしょう?

精神とは物質が本来持つ概念や根源的な意味を表すものです。

物質は入れ物に過ぎず概念や意味が入って初めて機能を持つということでそういった意味なしには価値を帯びないことの証明なのです。

つまり物質に根源的価値はない。

人間の体も価値はない。

生きて動いていることにも価値はない。

この世に不変的価値を持つものは本来無い。

心や精神だけが本来の意味での機能を持つことが出来、価値があるということで心や機能を伴わないものは何の意味も成さない無価値なものであるということです。

貴方の価値

ではあなたに価値はあるのでしょうか?

はっきりいうとまったくない。

ではあなたには価値はもともとあったのでしょうか?

これまたない。

もともと価値という概念が存在していないからです。

では死にたいと思っている人には価値はあるのでしょうか?

機能を生む

死にたいと思った瞬間にあなたの命は黄金の輝きを帯び始めます。それは死にたいと思うあなたがまだ存在しているお陰で生というものが浮き彫りになっているからです。辛いのにまだ死んでいないということは其れぐらいの辛さではまだ死ぬほどではないと判定した結果であり、あなたが今辛ければ辛いほど生きていたいと思っていて、其れほどまでに価値があるとほかでもないあなた自身が証明しているということなのです。

あなた無しにはあなたは価値の存在すら知りえないのです。

あなたに価値を帯びさせ機能させているのはほかでもないあなたで、あなたが価値があると思えばそれは紛れもなくあなたにとって価値があり機能があるのです。あなたを動かし日々こき使うのはほかでもないあなたなのです。

死の存在により生に価値が生まれます。

だから人は命乞いをします。

死を感じるまで生は価値を帯ない。

死にたい理由

とはいえあなたが死にたいと思っている原因を究明し排除するべきでしょう。

あなたには価値があり死ぬ必要がないことはお分かりいただけたと思いますがあなたを苦しめるものはどこに存在するのでしょうか?あなたの中にある、と言うのは簡単ですが実際は外にあります。

あなたはあなたのままでいいのにそのあなたを受け入れる価値観を備えた環境にいないのです。もともとの発端は外からの影響を受けて嫌な気分になったのではないでしょうか?人と比べて自分を蔑むようになり恨んだり憎んだり、つまり周りの環境を変えればいいのです。引っ越したり転職したり行く場所はいくらでもあります。世界は広い!仕事を変わりたくない場合は転勤の相談などをしましょう。

労働規準局に相談するのは診断書がない場合は控えましょう。

違う価値観に触れてそれでも同じことになるのであれば自分を変える必要があるのかもしれません。

ただほとんどの場合は価値観の違う場にいることが原因なので環境を変えることをお勧めします。

それでも死にたい場合は残された方々が罪悪感に苛まされない様に準備しましょう。そんな準備をしていると馬鹿らしくなってくるものです。つまりやはり本当は死にたくないと自分でも分かっているということです。

自分をいい加減許してあげて全てを捨てて借金でもしまくって気分転換に旅行にでも行き破産しましょう。

すでに破産している人はホームレスや生活保護になり浅はかなプライドを捨て、ただのチンパンジーからスタートしましょう。

もしも

笑ってて楽しいけど死にたいあなたは死への好奇心を誰かの為に使うと良いでしょう

イスラム教ではジハードで死ぬと72人のバージンの女性が待っているそうです

72回事が終わればバージンは永遠に消えますので新たな苦しみに悶えることになりますが其れもまた一驚