反社会?ヤクザについて

日本の統治権力が表裏一体の構造だという思いでヤクザについて考えた


年齢を特定されたくないのであまり細かい言及はしない

まぁもうばれてるし、なんとなくプレッシャーも与えられている

殺されたら呪いをかける


ただ子供の頃からなんとなく本物のヤクザはかっこいいものだと思っていた

親は別にヤクザじゃない

おじいちゃんは入れ墨が少し入っていたという程度だ

それがヤクザ寄りの家庭環境なのかもわからないがまぁそういう環境だった

子供の頃に瘋癲の寅さんを見て他人じゃないような気がしていた

著者のヤクザ感はトラさんで何かと迷惑かけたりトラブルの元だけどそれなりに筋は通っているというか、ホントは気のいいやつなんだといったところだ

そしてそんな人たちの集まりがあり、きっとその中に強くて優しくて命がけのやり取りをして仲間のために自分の命を投げ出す、そんな親分がいるんだと自然に感じていた

それは往々にして禿はかっこ悪いといってスキンヘッドにしているおじさんでお坊さんだったり大工さんだったり百田さんだったり、どこにでもいて荒ぶる若者が親分を煙たがっているが影響力は絶大だ


時は流れ、大人になり、それなりに裏社会を垣間見て詐欺師がお金を持っていっていることがわかった

詐欺を作ったりしている人間を囲っているということだ

それどころか影から応援し推奨している、俺俺詐欺も怪しいものだ。名簿が詳しすぎる。まさか日本が、、、

なんだかヤクザは思っていたのと違う気がした

それと同時に日本の権力構造に興味を持った

司法、行政、立法、経済、宗教、裏社会、、、それぞれに役割がある

時代の流れや状況により必要のなくなるものはあると思うのだけど裏社会は一体いつから不必要になったのだろうか?

多分ホントはなっていない

だけどそれ以上にあってもらっては困るようになってきたんだ

それはやはり業界の持つ特殊性によるもので法により担保されたものでないから世論の影響をもろに受ける

つまり噂が悪くなりすぎたのだ

もちろんそれなりの事をしたのだろうし、それなりの罪は償わなければならない

だけどホントはみんな知っている

ホントの正体を知っている


権力には裏の力が必要だったってことを

というよりも権力そのものが悪を内包した現実の人間社会の延長線上にあるものだって事を

人が集まり法だけでは抑えられない恐れがあるときにはヤクザが切り盛りしてきた

法で面倒見れない不都合な存在を裏社会が包摂してきた

風俗、薬、賭博、仲介、興行、愚連隊、工作員、諜報員、、、

いつからヤクザはゴロツキになり、詐欺を仕切り、堅気をいじめるようになったのだろう

でも多分真実は違う

そう思いたいだけなのかもしれない

だけど確かなことがある

裏も表も民族意識で繋がっている


そして日本社会で変化が起きた

ヤクザが差別を訴え始めた

親の暴力や以て生まれた特性を悪いものだといい始めた

そのうち悪いことをするのはしょうがないといい始めた

差別されたのが原因だと

だから著者は思う

その特性を本人たちが認めているのだから障がい者認定すればいい

決定権を与えなければいい

例えば目が見えない人に特権を与えたとしてもパイロットにはなれないようにする

何故かって?まともに役割を果たせないからだ。

これまで日本は多くを捧げてきた

お金、地位、時間、文化、、、まだまだあるだろう。

どんな横暴にもたえてきた

飲酒運転、脅迫、殺人、、

勿論どちらにもあることだ

だけど何より日本の心を捧げてきた

同じ仲間だと認めてきた

これは弱さともいえるが日本らしさとも言える

だけど危険な思想を持ってしまう人々に舵を握らせるわけには行かない

そろそろちゃんとした差別をしてあげるべきだ

これはお互いのためだ

日本が追い込まれるほど壮絶な未来が待っている

早めにお互い引くとこは引くべきだ

その代わり美容整形は保険を利かせるとか別の形でしっかりと補填してあげよう

必要悪なんてものじゃだめだ

日本人は手を汚したがらない

日本人の心には悪を行なう覚悟を持つという文化があった

狩猟をするため山に入り心を鬼にして殺生を行なう人々

心を又、鬼にする

これを又鬼という

又鬼というのは狩人のことです

しっかりと認識するべきだ

悪を行い十字架を背負うと

それが責任というもの


自然権としてこれ以上は耐えられない

これ、彼らと同じ理屈だ

差別のせいで悪として生まれたというのなら、望むことは痛みなのだろう

追い込まれてる韓国も原因は同じだ

これは戦争行為だから自衛権を発動するべきだ

すでに攻撃されている

もう舵取りはさせない

十分だ

また舵を握らせるのは余裕のあるときでいい

初めての自転車、お父さんが後ろで持つように

共倒れは御免だ

それともほんとに内乱状態になるまで疲弊していくのだろうか?

誰も望んでない

痛みを捧げるべきだ


辛さを耐え忍ぶのが、侠だと何故か知っていた

なんとなくだけど、それが日本人なんだろう

だけど社会は変わり男女同権だ

人夫出しも派遣と名前を変えた

風俗、薬、賭博が合法になるところまであと少しだ

不必要なタブーが悪を加速させ、分断と弾圧を生む

人は見えないものに恐怖を抱く、これは自然で必要不可欠な生理的反応だ

司法も行政も国会も社会全てが欺瞞に満ちている

全てが悪事を働く人なわけではないだろう

ほとんどの人は真面目な人だろうと思いたい

でも見えてこないものがある

それは裏社会も同じことだ

全て見れるのは内部のそれも一部の人だけ

それが特権の正体で権力の源泉、必要不可欠だ

とはいえ片方だけがさも悪いことはしてきませんでしたということですべてを終わらせるのはよくない

裏も表もどの民族も必要悪と称し、責任を逃れようとする人々が時を経て社会を腐敗させているのだから

耐え忍ぶ美学、侠を標榜する以上、ヤクザを社会的に認め包摂することは彼らの文化を否定することになるといえるのだろう


責任を逃れてきたのは日本国民だ

ちゃんと悪を受け入れ手を汚す覚悟を持つべきだ

権力も国家も組織も赤ちゃんも人間が関わるということは悪を内包しているということ

悪とは都合の悪いもののことだ

責任を背負う覚悟

その上でしっかりと取り締まればいい

正統な差別をしてあげればいい

責任逃れしようとするからNOと言えない

だから第二次大戦に向かってしまった

海外のいいところは取り入れよう

日本も新しい文化を受け入れるべきだ

古き良きを捨てるわけじゃない

強さを思い出すだけだ


日本権力は正義のために存在しているんじゃない

日本人のために存在している

そこにあるのは偽善や打算や理想じゃない

日本人の意思だけだ


特定の人々が民族を理由に集まっている場合、国家はそこに介入しなければならない

オウム心理教は国家転覆を狙っていたなら民族的優越が求心力として反映されていないかは重要なポイントだ

初動捜査の遅れだけでなく様々な優越が、、、これは宗教の弾圧ではなく日本や韓国など特定の国家に憎しみなどを持ち、民族的優越や求心力が利用されている組織である場合、これらは戦争行為とみなすべきです。

自衛権を発動するべきだ

正当なものだ

日本の為の自衛権であり、これは自然権だ

何人たりとも否定できない日本にとって普遍の善だ