愚集?

どこかの誰かが馬鹿が増えると間違えるから民主主義は間違いだと言っていた。

正しい答えを出すことができないから、馬鹿が増えると民主主義が崩壊すると嘆いていた。

なんでも昔の偉い人が言っていたようだ。

それを現在の偉い人が言っていた。

「ホニャらら曰く、、、」

確かにその通りなのだろうし間違えたくはない。

人のせいで迷惑を被るのはご免だし、何度説明しても理解してもらえないと殺意が沸いてくる。


こう言ってはなんだが馬鹿な人は冷静じゃない。

馬鹿な人というか焦っているといえるのかもしれない。

欲求不満だったり栄養不足だったりそれどころじゃなかったり、、、

みんな何かと戦っている。

たぶんちゃんとご飯食べて、愛を感じて、ゆとりある生活をして、本を読むと馬鹿じゃなくなる。

でもそれどころじゃない。

なんだかとにかくがんばってるから感覚で動いてる。

そして愛して愛されて当り前に子供が出来て

そしてまた嵌っていく


子供に罪はない

生むことは法律上は問題じゃない

子供が出来たら手間隙かかる

一日八時間労働、通勤時間、昼食、朝の準備、明日の支度、一日が労働のための時間

一週間が労働の為、一ヶ月が労働の為、一年が、一生が、、、気が遠くなる


せいぜい高くて四、五十万

共働きで百万あればいい生活できる

だけど時間はないだろう

ほとんどの人は共働きでも四、五十万

若ければ三十、働き手が一人なら二十、十万のところもあるだろう

母子家庭は大変

何も考えられない

考えたら動けなくなる

止まれない

もう止まることはできない

子供が泣いている


子供を作るべきではなかったのだろうか?

何で作ったんだろう

愛してた

愛されていた

あまり考えてはいなかったかも

ちゃんと将来を考えてなかったかも

考える余裕はなかった、、、生まれてからずっと


鉛入りの水道水

農薬付きの野菜

ホルモンや防腐剤まみれの肉

利権でゆがめられた栄養情報

真実を曲げた教育

隠したいコミュニティ

教えたくない権力者


貧困は連鎖している

憎しみは連鎖している

敵の足を引っ張るのは有効

見えない攻撃は効果的


母子家庭の人に聞いてみるか。

総理の発言どう思われますか?

野党が議席を大きく、、、

支持母体の、、、


母子家庭で生まれた人に聞いてみるか。

民主主義がちゃんと機能するために、、、

何故この人に投票、、、


中流階級に聞いてみよう。

総理の発言について、、、「ぱりっとしてかっこいい、、」

「三世です。今日も集まりがあるから」

「私たちは決まってます。組合の、、、」


上流階級に聞く時は質問をちゃんと考える必要がある

全部聞いてたら時間が足りない

だから実質聞くことは出来ない

だから信じれるか見るしかない


実際に聞いたらちゃんと答えないだろうし答える人は思惑があるだろう

確かに馬鹿が多い

だけど民主主義は機能しているみたいだ

民主主義は多数決

馬鹿が増えたのは社会構造がそう出来ているから

間違うから考える

だから馬鹿が増えないようにする

間違えても自己責任

自分たちが選んだ


許しちゃいけない

馬鹿な投票を許しちゃいけない

理解してない人が投票しちゃいけない

人の命令で投票しちゃいけない

マニフェストに書いてあることをやるために尽くさなければいけない

そのために選んだ


間違えること自体は問題じゃない

人間なんだから間違える

だけど自分たちが選んだから責任を負う

民主主義は合意

国民同士の合意

間接選挙の意味ある?

いまはまだある。


ゆとりがないから


愚集

動機は悪くはない

邪集

結果は最悪ではない


愚集作ったのは邪集

みんな一員


必要なプロセスだったんだろう