百田尚樹さん気をつけて

※すべての人ではありません

※差別的表現を含みますのでご理解のうえお読みください

/2(火) 百田尚樹×田北真樹子×居島一平【虎ノ門ニュース】を見て

10/9(火) 百田尚樹×和田政宗×居島一平【虎ノ門ニュース】を見て



分かっているのは日本は経済規模が縮小していて内部崩壊が始まっているということです

仲間割れほど悲惨で壮絶なものはありません


日本国内で日常的に戦争行為が行なわれています

砒素の混入、結婚を考慮した工作員、情報戦争、諜報活動、情報操作、、、、

ヒ素を盛られると痩せます

界面活性剤かも、、

顔の水分がなくなります

頭が回らなくなります

顔が粉を吹きます

言葉が出てこなかったりろれつが回らなかったり

悲観的になったり


工作員はいい人です

それが目的ですから

一番の仲良しと思っていた人が一番怪しいともいえます

辛い現実です

そんなことないと思いたい

でもありました

たぶん日本中に溢れてる

著者は三世代見張られてたみたいです

今まで出会った全ての人が全ての仲間が全ての知人が工作員

人間どこで恨みを買うのか分かりません

お気をつけください


何故取り締まらない

何故取り締まれない

警視庁の予算編成権

都議会

公明党

宗教

国会

経済

司法

行政

裏社会


全てに良い人がいる

全てに悪い人がいる

常識が違うんだ

知らないところで教育されてる

巨大な力を見せ付けられてる

子供のころに

逆らおうなんて思えない

正しいと思うしかない


危機感を訴えたい


スーパーで手に取る食品

友達との飲み会

子供と遊園地

故郷に帰省

出世して油断した

重役を任された


戦争中で敵国の内部に潜入したときと同じ気持ちでいてほしい

不安にしたいわけじゃない

確かに精神的に負担だけど

戦争ってそういうもの


社会生活を困難になるまで追い込まれ

体に負担の多い作業に従事するよう画策され

そのことを騙ると精神病患者になり

薬を飲むと精神崩壊、性別変更

叩き落すときはなるべく高く持ち上げてから


全てに危険が潜んでる

何でこんなこと考えなきゃならない

日本は全然安全じゃない

見た目に分からないだけ

見えないことを得意とした子孫

忍びの感性


復讐

恨み

正義

快感

ナルシズム

自己実現


なんでも利用できます


日本人は甘えてる

北朝鮮は最後まで踏ん張った

北朝鮮は日本だった

そして取り残された

ずーっと貧乏

ずーっと戦争状態

寒いから農作物が育ちにくい

国民が餓死していく


日本人が拉致された

完全な戦争行為

何もしない


日本人を考えない人々にしたのは

日本の教育を先導したのは


日本人は踊れないダンスを踊ってる

日本人は笑えないジョークを笑ってる


韓国は追い込まれてる

北朝鮮では餓死してる


何もしない


たぶん内臓とられるときに考える

赤い羽根募金は大丈夫?

疑心暗鬼が国を襲う

国益を大きく損なっているのにも気付いていないのかも


なにかしても薄皮一枚

相手はそんなにやわじゃない

痛いから降参!なんてしない


優越的な気持ちはしょうがない

親近感は大切な心

だけど認識はしなければならない


日本人は甘えてる


世界を救えるのが日本だとしたら

世界を破滅させるのも日本かもしれない


日本のすごさ

日本の危なさ


たいした罪ではないかもしれない

おこずかいでも貰えるのかもしれない

悪気はほとんどないのかもしれない

軽い気持ちなのかもしれない


たった少しの優越が

たった一つの小さな差別が

人を

時を

世代を

国を

いろんな重なりを経て

大きな道しるべを創る


危機感を訴えたい


物質危険儒教危険拝金危険考えれば分かる

みんなほんとはしっている

責任感を取り戻そう

悪を行なう覚悟を捨てた

盲目が生まれた


自衛権が発動する

そういう選択肢があると知らせるだけで抑止力になる

生かされているという愛に触れることが出来る

自分の小ささを認識できる


川くだり、目の前に崖