言論で戦っている皆さんへ

戦っている皆さんへ


上念さんとか百田さんに僕が口答えするのは本当に失礼なのかとも思いますがそこは言おうと考えています

もちろん言われても真剣に考えます

お酒を飲んでいたら無視するかもしれませんが後からふとよぎったりします


例えば組織としてこいつは黙らせなければならないから皆でいじめようとなったりすることもあるのかもしれません

それはコミュニティに属することによる弊害でもありますし、恩恵でもあるとは思います


幸い僕の性格上、属すことはあまり好みませんし、属してもあまり周囲のことは考えないので自由に発言できるポジションにいることが多いように感じます

裏で話し合うことや画策することも大変有効な作戦だとは思いますが僕には違和感があるのです


ボクボクと自己主張が強いと思った方はこの先は読まない方がいいかもしれません


僕は朝鮮の血が入っています

北派なのか南派なのかは知りませんが韓国の血です

日本で生まれ、日本で育ち、日本語しかしゃべれませんしアイデンティティも日本にしかありません

しかし虎ノ門ニュースとかで韓国を悪く言っているとそこまで言わなくてもいいんじゃないかとか、もう少し言い方に気を使ってほしいなとか感じてしまいます

百田さんの冗談や嫌みは面白くて好きですし、本当に韓国はふざけた国だとも思います

もちろん日韓問わず反日勢力の活動によるものであると思いますがここ数年しか歴史などについて考えたことがない僕でもいい加減にしろ!と感じてしまうほどのしつこいうんこ加減です


その上でふと自らの言動を振り返り、武田先生のユーチューブ等を見て精神が健全な状態で思考すると凄く悲しくなりました

自分はなんて浅はかで自分のことしか考えていないのだろうかと

自分が可哀想だとしか考えず、日々の電磁波によるイライラを民族問題と一緒に発散することで無実の多くの人々を傷つけていたのではないかと


ですのでブログも閉鎖して山と共に過ごそうと思います


しかし最後にこれだけはわかってほしいのです

僕に起きていることは真実ですし、ほんの一例にすぎないと思います

もちろん済州島民だけでない、部落民だけでない、在日や日本人による虐めや画策など様々なことが考えられます

しかし何よりも問題なのは全てのコミュニティが敵や外にばかり意識が向いており問題の本質である自らの足元が見えていないように感じるのです

そればかりか敵であるはずのない存在を敵と認識しているようで、これはコミンテルンや海外のスパイの工作だという以前にやはり被害感情からなるものではないかと感じています

つまり被害に敏感な民族特有の症状でこれは部落民だとか近親相関とか血が濃いからとかすらも関係なく極東全域に見られる民族性なのではないでしょうか?

もちろんスパイやプロパガンダ工作によるものもあるのですがその根幹に根差しているものはやはり被害感情であり、戦後の厳しい生き残り戦略としてそれらを活用するとはおおいに効果的であったと思いますし過去の厳しい時代に起きたことを国内で責任の押し付け合いをすることに違和感を感じます

僕の命を狙っているのか嫌がらせしてきたのは間違いなく右と言われる人々の活動だと思います

それでも僕が愛国的なことを言うのは日本の政治は日本のためにやるべきものであるからです

そこにその他の何の論理も寄せ付けない正当性がありその日本のためというのが左なのか右なのかというだけの話だと思うからです

つまり表現のしかたが違うだけで同じ事だと思います

その根幹に作用することこそがdoubtfuljournal.com王さまの耳はロバの耳で”勝手に分類”として綴っているものであり、国外にアイデンティティを持つ反日コミンテルンは論外として右や左に関わらず倒すべき悪しき敵が内部に存在しているのではないでしょうか?

そんなことはわかっているということなのでしょうがもう少しその本質を感じていただきたいのです


これは同時にもっと言っても良いのではないかということです


それは厳しい言い方をすれば、このくそ朝鮮人が!とか、部落民の癖に!とか、ここまで言う必要はありませんが民族性を顕在化させ健全に罵り合えるような関係の上に成り立った認め会う社会

もちろんあまり加速させてしまえば酷い惨事にもなりかねませんがなにか不必要に覆い隠す面が日本を無気力にさせていると思えてしかたがないのです

その根幹には日教組等を始め被害感情やコミンテルンの洗脳とも言えるような何かに囚われている理念や感性が影響を及ぼしていると考えられます

とはいえまだまだ時間は掛かるでしょうし痛みも伴います

遊び半分でやって良いものではないでしょうし常識を代えていく必要もあります

だけれどもこれからの世界、インドとの国交や日本から西に向けた最低限の豊かさや人権を育む流れの中で必要な感覚であり、リアリズムと同時に浸透していかなければならない感性だと思います


ですのでやはりブログを辞めるのは止めようと思います


皆さんに御心労お掛けするかもしれませんし失礼も多々あるとは思いますが僕への文句はいくらでも言って頂いて構いません

もちろん背負うものがないのだから卑怯だと言われればそうなのですが名前が入っている部分についてはここは削除しろと言われれば大方無条件で削除しますしその他も大方削除します

ですので見張っているだけだとは思いますし、仕事を増やして申し訳ありませんがこれからもテロ対策のほどよろしくお願いいたします


昨日から電磁波が強くなりました

止めてください


蝕んでるのは、、、