日本が助かるには、、、

先日少しだけ触れた日本が危機感を持たなければならないということに添えた「しかしこっそりと」という発言について深堀していきたいと思います。

このこっそりとというのは中国にという意味です

アメリカにはちゃんと伝えたほうがいいと考えます

かんたんに説明すると疑いは身を滅ぼすということに尽きます


現在の日本がもしアメリカと仲が悪くなったとしたらアジア中から蜂の巣を打ついたように攻撃されることは想像に容易いでしょう

そういった損得なしにしてもアメリカとは友好状態を絶対に手放してはならないとさえ言えます

これは無理難題を押し付けられたと感じたとしても自主独立した軍隊を持ち諸外国に対する威圧やそのための法整備が出来ていない以上そうするべきだということです


これまでアメリカは多数の億万長者を排出し自由競争のスタイルを緩めることはありませんでした

そして多くの国民に無理を強いることになりました

貧困、マフィア、多くの受刑者はこういった政策の犠牲者だといわざる終えません

そして現在、世界のすべての借金よりも多くの借金を一国で抱えています

かたや日本は国民に多くを借金を抱えています

つまりアメリカは世界に影響力がありますが日本は国内での影響力が強いということになります

同時に国内の声に影響を受けるということでもあります

なのでアメリカあっての日本だというスタイルを崩すことは死を意味すると言うことです

一千兆円払ってでもアメリカとのタッグを崩してはならないのです

これを陰謀と捉えるかどうかは国民感情によりますがここでは触れません

その上で中国の存在と日本の立場を見ていきます


例えば日本が武装し始めると中国は警戒します

例えば中共の手先を取り締まり始めれば敵対心を強めます

しかし現在警戒しなければならないのは日本であり警戒せずにはいられないという意見には賛同していただけることと思います。

しかし中国にだけこっそりと警戒態勢を取り、なんとなしに経団連などに圧力をかけると言うことが先の日本の安全を高めると同時に中国の手綱をしっかりと取ることになると考えています。


まず中国は日本との経済界の繋がりに不信感を抱くことにより警戒すると思います

しかも何やらこっそりしていると更に疑心暗鬼になります

これは儒教的に考えると何かあると考えずにはいられないのです

その先に特に企みはなくただ中国とのパイプを細くするだけで中国はやたら警戒を強めます

すると中国のアジア進出は日本への警戒に力を咲くことになり分散されます

いざ中国が臨戦態勢をとったとしても「なんでそんなことするんだ、俺達は仲間だ、国際強調が大切だ」と言う事が出来ます

つまり体裁は悪くなりません

もちろん中国はそこまで公に敵対意識を向けることはできません

なので中国は警戒に警戒を重ねます

これはわかっていてもそうせざる負えなくなるということです

力を分散させる、ただそれだけでいいのです


絶対に忘れてはならないのはアメリカに不信感を持たれるようなことをしてはならないということです

何もする気がないのだからという言い訳は通じません

ここの角度が少しずれただけで世界を巻き込む大事件に発展するかもしれないほどです

アメリカには感謝を示すだけではなく良き友人として細心の注意を払わなければなりません


そして同時に日本は若者への投資はもちろんのことアジア諸国にお金をばらまくべきです

中国のような目先の小銭に吊られるような浅ましい外交ではなく日本人がもともと持っている美学に基づいた外交姿勢で

なるべくわざと中国がつついていないところが好ましいです

それは地政学的な観点や経済状況により様々でしょうからプロの見解が必要です。

歴史を振り返れば朝鮮と国際協力していくことは失敗でしたが東南アジアはちがう感性を持っている人々がたくさんいます

南シナ海の航路を確保するのも良いですが中国が手を出していないところに進出することで過敏になった中国はさらに手を広げるしかなくなります。

広げるしかなくなるのです

これが儒教や物質界の臨界点です


中国が卑しい感じでアジア諸国に不信感をばらまいてる間に日本はただただ奉仕すればいいと考えます

税金で日本人を送り込んでもいいと思います

ついでに円を広めるために現金を投入するのもいいと思います

どうせ溜め込んでニヤニヤして日本経済を腐敗させるだけです

円を使うと得する何かをすればいいのではないでしょうか?

得をするというインセンティブを利用し経済が活性化します

インフラを作り円を使うとオトクな割引があるような

しかもその最初の円はプレゼントというのはどうでしょうか?

円を使わずにはいられないでしょう

借金が増えても問題ないと考えます

大切なのは循環や人々が価値があると思う何かを生み出すことです

そのために国債を国内で回していたとさえ言えるほどの幸運に恵まれています

近隣諸国への円の影響力が大切です

日本に引きこもっている海外に行きたい貧乏人の雇用創出にもなりますし国営であっても大した社会保障は最初から与えなくてもボランティアや旅行気分でいけるのであれば人材には事欠かないと思います。

税金を投入して国内企業をもたせるのもよいですがその先に新しい経済は生まれません

大衆を信じることができないだけなのかもしれませんが、、、

国際貢献して影響力を強め日本の安全をより強いものとするということが出来ます

外国人労働者を国内に入れるより日本人が世界へでて貢献する方がお互いの為になると思います。


例えば国際貢献をせずに例えばあと十年が経つとします

出口の見えない金融政策、膨らんだ借金、薄々気づき始める国際資本、狙う中国、その後を追う先進各国、どうにもならない社会保障、疲弊した国民、一部のブルジョア気取りの日本人

自殺行為に思えてなりません


海外に円が影響力を持てば先延ばしできます

資本主義とは先延ばしできる仕組みを作るだけのものです

どちらにせよ大衆が利用したお金は大企業がまた吸い上げます

現在の日本は資本主義の本質をあまり考えずにただ稼ぎまくったと言えるのではないでしょうか

儒教的な発想でただただ増やせるように

ただ少しづつ行く道がなくなっていきます

どうしていいかわからないといった状況なのではないでしょうか


日本人は計算はできます

未来も読めます

でも大局が読めてないと考えています

これは多様な感性に触れることで可能となります。

日本には逃げ道がまだあります

資本主義の特性をまだ利用できます

アメリカはもう出来ません

出来ないわけではありませんが国家が壊れるリスクがありますしアジアにそこまでする義理がないというか、、、本心は分かりません

日本はまだ大丈夫です

国民は貯金するだけでお金を持つ意味はありません

いえ、この時のために、こういうときのために警戒心の強い日本人は貯金をしてきたと言えるのではないでしょうか?

最悪の想定をしてもし資本主義が崩壊した時に貯金は意味がないのです

円も意味はありません

物質の世界が始まります

その時には土地や食べ物やつまり、影響力を強めているということが何よりの担保ですし、円をアジアに広めるのであればそれはまだまだ先の話です

日本国家は国民が貯金して守っている裏で未来を切り開かなければならないと考えます

一石四鳥


国際資本は陰謀などではないでしょう

ただお金の流がそうだから得するように動くだけで資本主義のメカニズムです

このまま流れているだけでは陰謀が現実のものとなりえます

アメリカの借金を肩代わりしてもいいくらいに思います

勿論条件付ですが


アジア諸国はもらえるならもらうでしょう

喜んで円をもらうでしょう

日本人を快く受け止めてくれるでしょう

これは施しなんかじゃありません

国際間協力でお互いに人を入れ替える事も出来ます

日本に来るアジアの人々

アジアに出る日本の人々

労働のインセンティブにもなり生産性は上がります

人的資源の有効活用

幸せは貢献することで得られますし英語の堪能な日本人を生産できます

現在は貢献できる場面がないと言えます

それを作るのは国家の責任ではありませんか?

なぜなら国家が村社会を潰し帝国に依存させたのですから

突然村社会に戻しますではあんまりです

それが悪いとは勿論言えませんが責任はあると考えますし、国家が大衆を巧く利用する道があるということです


今のところ亜細亜から日本に来た人々は痛い思いしてると思います

どんどん日本は嫌われるのではないでしょうか?

若者が気合が足らないから働けないんじゃありません

日本の労働環境は取り締まれないところで悪が蔓延してるので疲弊しているのです

亜細亜の皆さん、ごめんなさい

君達が見た日本は中国なんです(経団連などに搾取されている下請け)


分け与えてない隠し持っていると思われたユダヤ人は虐殺されました

駄目だとは思うけど自然な反応だと思います

日本はたくさん持ってると思われています

実際持ってるんだろうし

世界があっての日本なのに

自衛隊は水汲みしかしないし

経済界は中国的だし

国の推薦企業は税金頼みだし

移民受け入れないし

ボランティア止めたし


アメリカの真似してどうする日本と感じています

都合のいいとこだけまねして

貯蓄を守って

自分だけ助かろうとして


アメリカは世界のためにやってきました

中東においては傲慢だったかもしれませんが、、、

そして方向を変えました

日本はまだあんまりやってないと思います

なのにアメリカの真似して保守のようです

ちゃんと世界と痛みを分かち合うべきですし、そこにこそやる気のなくなった人々や飽き飽きした人生に新たな光を国民が感じ意欲が向上し、同時に流動性が生まれ、経済が過熱します

それは責任

それは義務

アメリカも愛想尽かしてるんだと思えています

中共の手先がアメリカの外交官を殺害していることもあるし

日本の表裏は西洋では通じないのではないでしょうか?

著者も今の形はおかしいと感じます

世界が日本に不審感を持っている気がしています

著者は吠えることしかできません


そして何より、世界貢献することができなくなるのはそう遠くないように思います

地獄見るのは富裕層です

著者は元々貧乏だからあまりかわりません

飢え死にしたとしてももともとそんな食べれていませんから、、、

貧乏で移民だらけでうろうろする人がいっぱい増えたら困るのはお金持ちです

逃げる気なのだろうかと感じています

石油の出ないイスラム圏みたいになるのでしょうか?

悪い種をまくべきではないと考えています。

アジアを愛で満たしましょう

日本がアジアを変える

日帯亜路

ロシアとも協力出来ないのでしょうか?

アメリカが不審がるのでしょうか?

著者は素人です


終わったころにはアメリカも体勢立て直すと考えています。


中東はまだまだ荒れる

油断大敵