権力を創る

これまでは日本の民族対立と日本の権力構造について愚痴ってきたが分かりにくいとのことなのでざっとまとめようと思います。特定の相手に対して悪意があるように映る事を避けるためここでは権力が自作自演を行っているというような綴り方にします。

構造

お金がすべての社会だからお金を手に入れようとする。

お金が集まるのは国

国のお金をもらう為には特殊法人を作るのが良い

たとえば仕事をつくり専売特許にする、又は行政などに一定数入庁できる権利

身内だけに教え少しずつ行政を埋め尽くす

それに纏わる専売特許を編み出し利権にする

その利権の管理をする行政の人間が専売特許になった仕事をする特殊法人に天下りする

新しい利権を作るのに法律が邪魔になる

法律を変える為に国会議員になろうとする

1 選挙にお金がかかる、

2 お金をくれるところを探す、

3 選挙資金を出してくれるのは企業から献金された党といわれるコミュニティ(自民党、共産党、公明党などなど)

4 党はお金をくれるところの言うことを聞く(元々仲間)

5 お金を持っているのは国家予算を搾取する利権構造で作り上げた経団連や天下り先の特殊法人

票を持っているのは強い求心力を持ったコミュニティ(宗教、団体、などなどだが実際は民族で成り立っている)

1 票を持っている(人数が多い)コミュニティに意見や希望を聞きにいき約束をしてもらう(元々仲間)

2 寄付をすることで違法な献金にはならないので宗教を媒介として資金洗浄

(票を持っているというのはコミュニティを形成しているということ)

3 お金を使いコミュニティが政治家には出来ないことをする(宗教、信条の自由を最大限利用する)

4 反社会勢力もお手伝いすることもある(ビラ配りをする地元業者の手配など様々)

当選

1 当選する

2 法律を作る

3 コミュニティやお金持ちに不利な法律は党では出せない

4 国が壊れても関係ない

5 逆らったら政治家で無くなる

6 何も考えなくなる

7 当選だけが目的になる

8 悲しみが増える

メディア

ITの発達により知られたくないことが浮き彫りになるので国民の目をそらすために争いを自作自演してその間に新しい利権を作るのと、これまでの証拠隠滅を行なう(自作自演というのは敵の敵は味方だと思わせることにより世論を誘導する手法ということであり、その作られた敵を倒し救世主になるということでもあります。)

こういったオペレーションは世界中で見られ政治、宗教などのカテゴリに縛られることもなく、二つの勢力が戦っているように装い救世主を作り上げることで民衆を統治します

与野党は仲間だけど対立を装い、法律を整備する時間を稼ぐために喧嘩しているフリをして時間を稼ぎ洗脳技術の失敗などの証拠隠滅

それまでに権力(ここでは権力ということにする)に歯向かう可能性のある人間を自殺に追い込む

思うように死ななかった人は頭がおかしいということ(彼らの世界で自分たちに歯向かうということ)なので病院を進めて薬物で精神障害にして合法的な社会からの排除

邪魔者がいなくなったら盗聴法可決して完全な正義の下にある平和を装う

ほんとは心が痛む人も見てみぬフリをするしかなくやがて時間が解決する

こういったオペレーションは正義と正義がぶつかる構造では被害が拡大するため必要悪とみなし反乱分子を完全に排除することで平和が訪れると考えているのでしょうが精神の世界ではこれを行なった反作用を封じることはできません

つまり必ず失敗に終わるだけでなくより大きな悪を生み其れにまた対抗することで更なる進化をします。

どこを分かっていないか

きっと頭のいい人が机上の空論で考え実験的に導入したのでしょうが西洋思想のゆとり教育ではたどり着けない境地があります

東洋思想のゆとり教育ではたどり着ける境地があると考えます


それは精神のバランスを導入し無責任を徹底排除すると言うことです

向き不向きはありますが権力を行使する立場にある人に徹底して責任を教え込みます。

同時に透明化することにより不正を行なえなくします。

同時に不正をしても良くします。

しかし責任は取ります。

つまり権力が少し減ります。

繰り返しです。


不正を働かなければ出世できますが特にメリットはありません。

メリットを求めて不正を働いたら容易に行なえメリットを受け取れますが位が下がります。

これにより知識労働を行なえば裕福になれるので学ぶことを始めます。

不正は悪いものではなく何時やるかと言う人生設計の一部となります。

不正を行なわない人は尊敬されますしそのうち引退時には大きなものを得れます。

その人にあった人生設計が行なえます。

もちろん知識格差は生まれますが現在よりは平等になります。

賢い人が欲に負け民間社会で活躍しはじめます。

失敗したら戻ります。


しかしAIで人間自体が必要なくなるほうが良いかもしれません。