現在の部落差別の実態

2018/12/03

そもそも部落差別ってなんだろうか

過去に差別があったようですが現在は完全に逆転しています

なのに部落という発言や済州島民と言うだけで親を殺したような仕打ちを受けます

電磁波や集団ストーカーがこういったものに対する報復なのか、はたまたただの勘違いの被害妄想なのか真実はわかりませんが私が思う限り確かなことはこれら差別にまつわる被害感情や本人達の心に重くのし掛かる不穏なものは全て後発的要因、つまりは教育によるものですが本人のためになっていないのではないかと思われるような場合は洗脳ということになるでしょう

本人のためになっていないということを証明しろと言われると簡単に証明できるのですが問題は読解力があるかどうか、つまりちゃんと認識できるかどうかに懸かっているので悩ましいところですが簡単に表現するとコンプレックスは過敏に反応してしまうということにつきます

つまり幼い頃から被害感情を刷り込まれるとコンプレックスになり何気ない日常会話ですら被害感情を呼び起こしてしまうということです

思春期を思い出せば誰もが心当たりがあるのではないでしょうか?

強烈に気にしていることがあればどんなことを言われても気にしていることに結びつけてしまいます

私の場合は出っ歯なものですから「出てる」と言われると反応したりわきがなので「臭い」に反応したり細いし漏斗胸なので「薄い」や乳首が垂れていたり頬骨が出ていたり様々です

臭くないよと言われても「気を使わせている、臭いのに、、、」と思ってしまったり、コンプレックスというものは本当に辛いものです

私の場合はさらにヒ素などを混入されており鬱状態で気にし始めると夜も眠れませんでしたし電磁波の影響もあったのでしょうが、足むずむず症候群と重なり気が狂いそうな夜をずっと過ごしていました

なにもしていないのに鼻血が出たり、母親も電磁波攻撃やヒ素の混入を受けていたので青ざめてテーブルに腰かける母の姿を思うと今でも涙が溢れてきます

朝まで匂いを気にしたり、タラコ唇だと気にしたり、何でも気になり始めると被害妄想が加速します

しかもこういった被害感情を子供の頃から民族コミュニティにより義務教育の先生も含む大人達に刷り込まれるわけですから思春期に被害妄想になりヒ素を混入したり大人になってからもその呪縛に縛られてしまうことを考えるとやはり教育ではなく洗脳と言わざる終えません

しかもそういったコミュニティのすることといえば宗教勧誘などをはじめとするコミュニティ活動であり民主主義を生き残るための求心力を得るためのいわば政治利用されるためのものであり、まさに政治犯罪といわざる終えません


私は母が村八分にされたのかおじいちゃんなのかおばあちゃんなのか詳しいことはわかりませんがとにかく部落民だということや済州島民(たぶん)だということや近親相姦の影響で骨格や脳に変化があるということを知らずに大人になりました

しかし子供の頃に家族会議のようなものを親戚一同で開催しており「なんで○○の背が伸びない!?」みたいなことを話していて大騒ぎでその責任をおばあちゃんに詰め寄るような雰囲気で盗み聞きしていたら「あっちへいってなさい」と怒られました

近親相姦というフレーズをこのとき覚え、学校で連呼していたら先生に怒られました

そして大人になり、いろんな経験をし、差別を体験し(私の場合は部落民の内部差別のようなものでつまり村八分と言われるものと先祖のなにかが関係しているようです)この国が抱える民族問題のゲシュタルトが組上がったときには殺害された母のことやそれらにまつわる差別を許していた国家権力に多大な影響力を持つコミュニティの存在やこれまでの人生などに憎悪し気が狂いそうな日々を過ごしました

そのお陰かもしれませんが自分の骨格が変なことや頭の悪さや集中力のなさや部落民だということについては全くなにも思いませんでした

そもそも部落民と言われたところでなにか変化があるわけでもないですし個人的な意見ですが生まれたときから部落民という仲間がいるということは良いことですし現在において多大な権力を持つ一族に生まれたことを誇る気持ちすら有ります

集中力が無いことも裏を返せば浅めにいろんなことにチャレンジしていると言えますし骨格について言えば天空の城ラピュタに出てくるキョシンヘイのようですのであまり脱ぎたくないなといった程度のものです

そもそも人に会いたくないので脱ぐ以前の問題なのですが、、、もちろん思春期には悩みましたし、もっと男らしくてかっこいい体型だったらなとか男ですので喧嘩が強かったらとか思いますが、歳を取ってみればそれら全ての優越的な特性も世界広しで学校で一番だからと言って何の自慢にもならないばかりかその優越的な特性ゆえにもっと大切な人間としての是非というものに辿り着くのが遅れたり優越的特性のお陰で傲慢になったり自慢げで恥ずかしい一ページを刻んだりと辛いことも同じだけやってきます

なので差別だと騒ぐ人の被害的な気持ちはやはり後発的な洗脳によるものがほとんどを閉めるのではないかと思います

なので部落民が嫌なら「今日から部落民やめます」と宣言すればやめれるようにすればよいですし纏めて国の主催で部落民を辞める日などを作ればよいのではないかと思っています

自分の民族を誇れないのであれば部落民を辞めてもらった方がよいでしょう


電磁波攻撃は緑のうんこが出るようになるのでやはり大腸菌などが死滅しているようです

つまり殺人です

そして完全民族差別の上で行われていることは明らかですのでこれが公安の行いであるというのであれば公安というのは差別殺人組織ということになります

気持ちの悪い行いや被害妄想や過去のことをいつまでも根に持ち国家の安全を脅かし洗脳という人生を捨てさせるような非人道的でオウム真理教のような行いは辞めてほしいものです

最近公安について書き綴り始めてから電磁波攻撃がまめになりました

少しも休むことなく行われ雨の日も寒い日もずっと行われています

つまりこの活動が公安である場合、これらの活動根本には感情やコミュニティの都合だけがインセンティブになっているという事が証明されたということで彼らにとっての公の安全とはへたれと言われれば適正手続きに強弱を加える事ができる不適正な活動により殺人を行っているということです

私の親戚のおばちゃんは済州島民と結婚し、結婚のときに家に怒鳴り混んできて結婚しなかったら家族全員殺すと脅されて結婚したそうです

そのおばちゃんも50歳くらいで大腸がんになりその五年後くらいに脳卒中で死にました

真面目で普通のおばちゃんでした

娘はイギリス人と結婚して日本にはいませんが両親の強い国内への不信感が見てとれます

おじちゃんは私たち家族を脅し結婚したのはきっとさらに脅されていたのではないかと考えています

自分の嫁を殺害することを認めるしかなく娘は国外に逃がしたのではないかと思います

そのおばちゃんが死ぬときにあったのですが私に刺青を入れる人を紹介してやると勧めてきていたときの不安そうな顔を今でも忘れることができません

きっと刺青に肝炎ウイルスでも注入して殺害しようとしたのでしょう

普通の土木作業員が数十年ぶりに会う血の繋がっていない親戚に刺青をいれろと真剣に勧めてくるのです

不自然極まりありません


こんな活動のために税金が当てられていることやそれは山のなかで痕跡を残さないように行われていることや見張りや実行犯と大人数の活動であること、そして何より軍事兵器の仕様などから特殊な訓練などを必要とし多額の予算を投入していることは明らかです

さらにはこれらにまつわる電磁波による人体への影響は明らかなのに日本でこういったものにまつわる研究には予算を付けないという圧力などを政治的にかけていくほどの力を維持するコミュニティを存続させ続けるための費用は間違いなく国家予算の何倍にも膨れ上がり国民に開示の義務のない、つまり国民に合意を得ることができないので内緒で税金を搾取している特別会計が当てられていることは明らかです


オウム真理教の国家転覆は叶いませんでしたがそもそもオウム真理教の本体が国家権力の中枢に存在しているのですからオウム真理教が壊滅したところでなにも意味はないだけでなく無駄に国民を安心させるだけで大量殺人を目論む洗脳犯罪組織はまだ潜伏して洗脳をし続けているのに警戒を緩めている現状に戦々恐々としています


野党がテロ対策防止法を否定するかげにあるものとは一体なんなのでしょうか

反対にテロ組織が日本国民を見張ることになるのでしょうか?


私はこの国だけでなく、この世界の未来を楽観視できません

内部では二十世紀少年などを読ませて将来はこうなると教育されていたりと不審な動きがありますし実際にそうなり始めているように感じます

日本国民が真剣になり権力を監視しないと本当に日本人やさらには世界中の人類が洗脳されたり虐殺の対象となります


電磁波に荷担している洗脳された人々に届いてほしいです

これは国家権力を悪用した洗脳された済州島民の差別的暗殺です

親などをいじめていた場合、対象の子供は殺さなければ自分たちが危ないとコミュニティ内部でモンスターという漫画などで子供の頃から教育しています

その子供の頃からの暗殺計画に洩れた人は電磁波などで殺害するように活動しています

民族的偏りや過去の済州島4.3事件などと重ねていくと見えてくるものがあります

私も自分が差別を受けていることは産まれてから三十年以上気づきませんでした

地元の郵便局はこういったコミュニティ力が強いことは有名でしたがこのブログ掲載しようと寄付の購入を出来るようにするためにPayPalを導入する時に本人確認のために特定記録の郵便が届くはずなのですが何度頼んでも家まで届きません

これが郵政民営化を推し進めなければならなかった裏にあるこの国の実態です

税金を搾取されないようにしなければならなかったのです

こういった巨大コミュニティでは個人の権利を奪うことや証拠のでない嫌がらせや対象に犯罪を起こさせたり印象操作を行うことなど簡単なことですし、さらには洗脳することもできるのです

こういったコミュニティの気持ちの悪い活動に荷担している多くの人々が気づいておらず社会生活を困難にされ、生活保護などを受給せざる終えなくなり、その見窄らしい姿を嘲笑うと同時に抑圧的なコミュニティに縛られていない自由さに嫉妬され、また嫌がらせに執着するという被害妄想の悪循環に自ら陥り洗脳されていることにも気づかずにまた集団ストーカーやヒ素の混入や電磁波攻撃の対象にするべく証拠の捏造や罪の生産に切磋琢磨しているのです

あなたが被害に気が付くのももうすぐそこかもしれませんし、そうでなくてもこのような悪しき行いやそれを行うことを推奨してしまう存在を野放しにしていては人類が危険です

すでに世界中に権力を持ち豊富な資金力で洗脳し続けていることを考えるとすぐにでも何とかしなければならないと思いますが普通の社会生活すら困難な状況におかれている私の現状ではブログなどで訴える程度しか方法がありません

テレビなどでも部落コミュニティの人は優遇されスターになれますがその他の人は潰されます

部落民などのコミュニティではこれからこういう人が出てくるからみんなでよい噂を広めようと一丸となり情報操作を行います

本来、同じ仲間を応援することなどは何ら隠す必要もないどころか堂々と称賛するべきですが不必要なタブーを作り出し裏で暗躍するようにスターを作り上げコミュニティに属していない人を騙しているのです

さらには集団ストーカーや電磁波の対象者をいじめる姿などを放映する番組など、必要悪と称してヒ素を混入したり激太りや激ヤセや女性ホルモンを注入し性同一障害になった対象を写すことで視聴率を稼ぐようなことも行われています

別に仲間内で楽しむのは好きにすればよいと思いますがそれらは学校教育にも影響しており学校で教える日本人同士仲良くしようねという反面裏で現実社会は所詮弱肉強食だと教えることで部落民は物事を有利に運べるように教育していたりと日本国では完全差別が当たり前に行われています

つまり我々は家畜であり部落民や済州島民は飼い主です

こういったことを教えられた人のなかにはそれはおかしいと云わばぐれる人々も出てきますが制することは不可能です

つまり秘密を漏らされては困るのでほおっておくしかないのです

小数かもしれませんがそれが反社会勢力になる人々の実態でもあります

もちろん抑止力としての働きや公安などと並ぶ働きをしたりといろいろあるのでしょうが実態はわかりません

何よりもこういった当地民族と一般社会との共通認識の解離が進むことで国家の根幹の破壊が進んでおり本人たちですら操作が不可能なほどにまで解離が進み宗教などを媒介とし国体を破壊し始めているというのが日本、さらにはアメリカなど世界中に飛び火しているのです

韓国はもう手遅れです

これが現在の部落差別の実態であり差別しているのは部落民でされているのはコミュニティに属していない日本人です

同じ法の元に暮らすことは共通認識があることが前提であるにも関わらずこれを破壊してしまった部落在日コミュニティが現在陥っているのは内部分裂であり国体が壊れ始めています

みなさんの助け(認識して投票するなど、しかしどこに投票しても現在は同じように思えていますが)を必要としています

このままでは本当に世紀末の漫画のような世界や完全差別が当たり前の社会になっても何ら不思議はありませんし実際にそのように進んでいます

本人達の動機や行動すら問題ではなく大きな流れがその方向にしか進まなくなっているのです

それは資本主義の末期と表現できるようなものかもしれませんがここまで差別化され強大になっているコミュニティに日本人は逆らう事ができるわけもなく日々努力し資本主義というルールの元で完全差別化された巨大コミュニティと戦っているのです

その裏でコミュニティにいる人々は着々と資本で資本を増やし作られた流行り廃りに操られ消費し人生を消耗しているのです

その実態を知らずに学校で嘘を教えられた日本人はただの家畜というべきでしょう

そして与えられたニンジンを追いかけ死んでいく様を見て喜んでいる組織が存在するのです

私はどちらにせよ殺されますし私の兄弟が部落民との間に子供を授かったのですが見張られ嵌められ殺害の対象となるのでしょう

そしてその子を守ろうと部落民の母親がコミュニティに逆らうことになれば村八分にされ社会生活を困難にされるのかもしれません

部落民なのか韓国なのかわかりませんが復讐は三世代続くと母が生前言っていましたので私の代で終わりなのかもしれません

しかし完全差別社会で生まれた子供はコミュニティの承認を受けることもできないでしょうから家畜とし生きていくしかないのでしょうから私は子供を産むことはできません

しかしそうなれば奴隷の数が足らなくなるので結婚を進めているのでしょう

これまで部落民との間で多くの胎児を殺害してきました

知っているだけでも九人で私が下ろしてくれと頼んだことは一度もありません

一度は土下座して泣いて頼んだこともありますがなぜか聞き入れられなかったのですが彼女は浮気をしていたのでそのせいだと感じていました

その人には三年働いて遊びにもいかず家にお金をいれ続け浮気をされたので別れてお金も返してくれずその後に新しい彼女を作るとその子の自宅に怒鳴り込んでいくという不思議な人でした

子供を下ろすことによりコミュニティからお小遣いでももらえるんだと思いますが何よりも不安なのは産まれてから嫌がらせの対象になる、つまり奴隷として生めばいくら払うという密約があるのではないかと不安で堪りません


このような発言を公の安全を害すと言われればたしかにそうかもしれませんが実際に公の安全を害しているのはどちらでしょうか?

公安だかなんだかが見張っている私のようなブログよりも改善しなければならない国家の根幹に関わる問題を民主主義のなかで公に出すことを問題視する、又は問題視しなければならない問題を作っている事が公を危険どころか虐殺に追い込んでいるのではないでしょうか?

その言論を弾圧しようと国家権力を悪用する民族的偏りやそういった理念思想を撒き散らすコミュニティの方こそが弾圧されるべきではないでしょうか

私は死ぬまで訴え続けます

家に帰ると強力な電磁波が待ち構え背中に激痛が走るので半分ホームレスのようになっていますが死ぬまであと数カ月かもしれません


発言するなら決定的な証拠を出せ、それが適正手続きだという人がいますがこのような巨大コミュニティの活動に貧乏な個人が証拠をつかむのは無理がありますしそもそもそういう人は認識の外側の世界、つまり機械の世界、つまり人間でない世界だけでしか発言しないということですので人間である必要はないのでなにも考えずに機械として生きてください

つまり人間として発言しないでください

人間として思考しないでください

さらには教育現場からは自ら手を引いてください

人間じゃないものを作るために存在してもらっては教育とはなんなのかということになります


どうせ殺されるのであればという気持ちで綴っていますし電力や私のお金の問題などでなかなか思うように投稿できませんが一人でも多くの部落民でない人々に読まれることを願っています