トランプが悪いのか?

トランプ大統領がアメリカをめちゃくちゃにしたという人達の立場は完全にエスタブリッシュ、ふざけるな、キモい


資本主義は完全に計算されたものでも人類が意識して生み出したものでもない

しかし長らく続く資本主義は、富裕層たちに大きな成功と繁栄をもたらし、彼等が意識できる範囲で先祖から子孫へ受け継ぎ譲り渡す事が可能な間は成功体験により資本主義によるルールや正しさを人類普遍的な善であるかのように感じてしまい、彼等の作るルールに従うだけの貧しい人々も含めた人類は大きな盲目を生み出しているようだ

とはいえ明らかに貧困は是正され、水や食糧に困る人が減少していることなどを考えると現在の資本主義に何か決定的な落ち度があると言えるのかと言われれば普遍的に生まれる仕方のない悪に目を向けるしかないとも言える


しかし長らく続く資本主義の性質によるグローバル化による国内の分断、共通認識の乖離という観点から考えると古くから存在する格差とは全く違う乖離を生み出しているようで、その乖離に付随する悪については是正のしようがあると断言できる


古くは皇室を始めとする王族や戦前の華族など日本国内にも大衆とは一線を画す存在があった

戦後のGHQによる枢軸国統治により華族や小さな財閥は解体され、王族や巨大財閥のみが残されることとなった

韓国でも同じように財閥によるトップダウン型の経済が作られ受験戦争に敗れその枠に漏れれば貧困層とならざる負えない程に格差が存在する

こうした民主主義と社会主義の中間の様な形を採用することにより、短期的な国民の幸せよりも長期的な国益や合理化を求める事ができる事により国際社会での地位を確保し中期的な国民の幸せを担保することが出来る


しかし戦後に続くこれらの政策に暗い影が見え始める

人口が増えれば自然とGDPが上がることや戦後の荒廃からの興隆という稀な環境での経済成長が、産業構造の変化を捉えることができなかった事により空回りし始めたからだ

財閥などを中心としたトップダウン型の統治は当たりもでかいがハズレもでかく、豊かな時代による民衆の心の変化は上がらないGDPにさらなる拍車をかける形となった

しかし日本では元々核家族政策により隠れた労働人口の存在があり、主婦はもちろんのこと引退してはいるがまだまだ元気な人々の存在の活躍により単純労働量で埋め合わせる形となった

とはいえ何の準備もしていないのに貧しくなったので働きに出てくださいと言われても何をしてよいのやら

準備をしていない人々が手に付けるのはせいぜいスーパーのレジ打ちか

労働人口は減ってはいないのにGDPは上がらない


当たり前だ

元々あまり需要のない市場に何も考えないその日暮らしの貧乏人が働きに出て負担が増えただけ

何も生み出さないばかりかデフレスパイラル中に人件費に押されて更に貧しくなるばかり

そして止まらないグローバル化による低コスト低賃金化


更に追い討ちをかけるのは善悪のパラドックスを利用した統治による副作用

お金で黙らせていたものが回らなくなり、貧しさやストレスから凶悪化する

しかもその人々は元々超法規的な立場で生まれた泣く子も黙る天皇親衛隊

認められているのかはしらないが特権的な民族意識により法を超えた活動が容易に行える

そんな人々が悪も善もないと子供の頃から教えられ日本中に蔓延っている


起業率が低下しているのは単純に犯罪者が儲からなくなって起業をしなくなったからだ

僕の経験では会社を起こせと言われてついに社長になれるのかと思ったのも束の間、今思えば勝手に借金でもして倒産させられるために利用されただけなのではないかと思えてならない

調べ方がわからないからなんとも言えないが遠からずといったところか


都合が悪ければ他民族のせいにし、何かあれば他民族に押し付けることのできる人々

そんな人々が国家の金で世界で戦う

国内であればコミュニティに守られて何かあれば他民族に負担や責任を押し付けることができる人々が、世界や普通の舞台でまともに戦えるわけはない

足元を救われ困って保険詐欺を働くだけ


最近では国家権力もなんとか国内の安定に力を注ぎ、一段落してみれば世界への責任が伸し掛かる

グローバル化を棄てる事は国際社会への反逆となる中でアメリカとの強い信頼関係により何とかその場はしのいでいる

そんな中で日本に一息つかせてくれているトランプ大統領

アメリカがグローバル化を止めることにより各国が一息つく時間を与えてくれた

もちろんそれらを理解しているのかどうかは知らないがそれぐらいは認識の上だと考える方が自然だろう


トランプ大統領がアメリカをめちゃくちゃにしたという人達の言いたいことはグローバル化による恩恵、つまり貧困国への搾取が出来ないことによる百年続く富裕層のマネーゲームモデルの崩壊だ

元々目に見えないものを無理やり見ようとしている資本主義経済による社会モデル

オイルショックやリーマン・ショックが起こるのは自然なことで誰かが失敗して起こるような問題ではない

いずれ大衆は心が蝕まれ様々な不具合を起こし始める

それはポピュリズムという事もできるしシステムの不具合とも言える

しかしそれら現象を引き起きしているのは間違いなく人間の心だ

その人間の心の崩壊は犯罪の知的化や凶悪化を引き起こす

それらを取り締まることのできない根本にある原因は明らかに共通認識のズレから引き起こされている

日本の犯罪が世界の犯罪を引っ張るほどに卓越しているのは、国権に近い存在が善悪のパラドックスに呑まれて自己中心的になり日本のトップとも言える財務官僚ですら「人間が職務への責任感よりも自らの都合を優越するのは自然なことだ」と言ってしまうほどに犯罪を日常的に行っているからだ

それは単純に言えば社会との繋がりが認識できなくなる人々の存在と言うことができるし、反対にいえば超法規的な感覚を養われた特権階級に産まれて生み出される盲目だとも言える


その社会との繋がりが認識できなくなるのは軸となる指針、つまり価値観が資本により固定化されているからだ

つまり損得にしか興味が持てない構造が資本主義だと言える


それを解決するのには僕らは何も考える必要はない

何故なら答えは既に与えられているからだ

その答えこそが旧約聖書に書かれている主のみを神と讃えよと言った様な一神教による共通認識の構築

とはいえ現在の世界にその事を押し付けたところで宗教に分かれて殺し合いをするしかなくなる

つまり新しい統一的な何かを大衆に与える必要がある

単純に殺し合いを避けようとするのだから神を称えるのではなく僕達人類を称える事だけが人類普遍的な共通認識となりえるだろう


すると辿り着く普遍的な人権による資本主義(価値の数値化)の対立が起こる

それこそがまさにアメリカが体現した自由と資本格差による差別の実態

そしてこの事を悪用し"差別をしてはならない"と差別を繰り返すタガの外れた児童買春軍団

無責任な自由を掲げるアメリカの民主党やエスタブリッシュメント

ロールズのいう自由には一定の社会的成約があって成り立つものだということからは目を背け、自己中心的でおよそキリスト教とは思えない身勝手な自由を押し通し、社会保障など全くの皆無に等しい、届くことのない夢という餌をぶら下げられチェーンの外れた自転車を漕いでいるような全く前に進むことはない搾取のための人生を、国家権力という強い武力や知力による暴力を背景とした強制力によりに抑圧し国民を捻じ伏せてきた


そしてアメリカ国民は、明らかに勝ち目の無いアメリカ政府や権力との戦いは避け、銃や麻薬で自らの体や心を守るように仲間同士で殺し合っていた


だから生まれるトランプ大統領のような世界の潮流を変える存在

潮流を変えるのだから壊れているように見えるかもしれない

しかし壊さなければ更に大きな傷みを伴うことが明らかだから能動的に壊しているのにその姿を見てめちゃくちゃにしたという人は世界中の解体作業を否定しているようなものだ

建っているものを壊して新しくする

壊さなくても良いのであれば壊さない

それとももうばら撒きは十分か?

腐敗した者は自らが臭いことには気がつけない


あー臭い臭い

自由だ

差別してはならない

生まれながらに見た目が良いとされた奴は弾圧されて当然だ

であるのだから貧しい僕が生まれながらにお金持ちの部落済州島民を襲うことも法律により守られるべきだ

世界は見た目で回っていない

世界は資本で回っている

金持って来い


ps.しかも僕はそんなにかっこ良くない

被害妄想洗脳コミュニティが戦前の華族や南北朝鮮の憎しみやコンプレックスの鬱憤を晴らしているだけだ

その裏にチャイニーズマフィアが存在しているのだからこれは戦争だ

目を覚ましていなさい

悪は恐怖に駆られてる