不良である過去を誇る人を蔑む人は同じ

ヤンキーが不良であった過去を誇る気持ちを許せない人は学生時代のコンプレックスを大人になってから晴らすという被害妄想洗脳コミュニティによる求心力の歯車である可能性が高く明らかに洗脳されていますのでオウム真理教の仲間であるという認識の上でテロリズムを疑った方がいい


なぜ認識できていないのかよくわからないけど部落済州島コミュニティでは自分達こそが本物の悪なのだという誇りを持っている人がいて嫌がらせをしてきます

確かにヒ素を混入したり集団ストーカーで人を気が狂うまで追い込みホームレスにして一生を過ごさせたりと悪を通り越して極悪とさえ言えるのですからその事実は疑いようがありません


しかしその人々を観察していると漏れなく不良に対してコンプレックスを抱いている不良ではない人や不良に対してコンプレックスを抱いている煮え切らない不良であると見えます

つまり不良に憧れていましたが何らかの事情で不良になれなくてその自分への裏切りによる鬱憤を歳を取り安全を確保した上で晴らそうとする卑劣極まりないムッツリスケベであることが明らかです

そのムッツリ感たるや気持ち悪いこと山のごとし

僕の経験では在日3世で母が癇癪持ちである僕に対して真剣に悩んでいるふりをして「俺の母さんは朝鮮人でキチガイで困るよ、暴力がすごくてさ」などと相談をしてきて時を見計らい「朝鮮人なわけ無いじゃん」と告げてみたりと多様な嫌がらせを行使してきます

僕が鈍いのか余りにも遠すぎて嫌がらせだったのか、と気が付くのに数年掛かりましたがこの先輩もコンプレックス被害妄想洗脳コミュニティが生み出した工作員の一人で性奴隷に悩まされている一人です


性奴隷制度に関しても疑問が多く、なぜ美しいとされている人の人生を捧げさせておいて"差別してはならない"と言えるのか疑問でなりません

この人々は人を愛したことがないことが明らかであり、愛したことがないのに相手には人類愛を背負わせるというなんとも交換の合意に多大なアンバランスが存在し疑義が発せられる事象が相次いでいるようです


こういった事も不良とされている人々は基本的には好みません

なぜなら不良というものは自らの心を大切にしているからです

自分の心を大切にしているから人の心に対しても配慮や察する事ができるし、更にはそれらを突き抜けて悪を容認し責任を持つことが出来るのです


しかし中途半端なコンプレックス被害妄想洗脳コミュニティが生み出した工作員の多くはコミュニティの力により責任から逃れるすべを与えられ無責任な正義を語り弾圧を繰り返すのです

反対に言うなれば現在の僕の心境としては若い頃に勉強をしていた人々の頭の良さに憧れ尊敬をしています

青春時代にしてこなかった、自分ができなかった事を極めている人々を見ると心躍り挑戦心に溢れてきます

そしてその世界を興味本位で覗いて見るとその奥深さやその世界観に鳥肌が立ち、なぜ自分はこれほどの世界を見ることもなく生きてきていたのか、なぜ若かりし頃にこの輝きに気がつくことができなかったのかと後悔が凄いです


つまり僕からすれば所詮は睾丸や卵巣により分泌されるホルモンバランスの影響により反応が変化する個体の一喜一憂に付き合ったり気を使ったりする事に魅力は感じることができなくなっているということなのです

もちろん僕の場合は親族一同弾圧に合い家庭環境を破壊され、子供の頃からヒ素を混入されたりする事により考えることができなかったという事や、部落済州島コミュニティの力により悪事を働かそうと誘導していたのであろうという事が大方確からしいので生まれ持った元々の性質、与えられるべくして与えられている性質がそうであったという事もできます


もちろん見た目ですべてが決まるのだと言わんばかりの弾圧を繰り返す被害妄想コンプレックス洗脳コミュニティの人々や歴史認識や生まれる前の責任や民族による鬱憤を何の合意もなく超法規的に晴らそうとしてくる頭のおかしい人々の様に嫌がらせをしてこない、人を真っ直ぐに愛したことのある人々に囲まれることができるのであれば僕の持つ性質も多様に変化していくでしょう


しかしながらこれと同様に部落済州島コミュニティのことで言うと子どもたちを捕まえて被害教育を施していない場合と比べれば明らかに被害妄想に陥る可能性が高くなり洗脳されていると言えますのでコミュニティによる自爆テロだという事ができます

その自爆テロにより国益が脅かされたり、それらのコミュニティへの対応のために税金が投入されるようなことがある場合はその存在は社会悪であると断定ができます

しかもその存在が一定の歴史認識の捏造や解釈の捻じ曲げなどにより他国へ優越的な情報操作を行っている場合は戦争行為であり、自衛手段として弾圧することも正当なものであると言えます

そうでなくても組織犯罪であり政治犯であり、IT技術などを駆使して行っている場合は軍事兵器を保持していると言っても過言ではないと言えます


こういった事を例えば一流と言われる名門大学、東京大学を始め早稲田や慶應など多くの税金の流入などがある大学などを卒業した人がメディアなど情報媒体を使い先導している場合にはそれなりのペナルティが課せられて然るべきでしょう

それ相応の責任が伴わないのに一流大学の名を語り活動するのであればその大学へ多大な迷惑をかけるだけでなく国際社会へ日本の一流の人々の性質に疑義を与えることとなり国益を害します

個人的には死刑が妥当だとも言えますが突然そんなことを言うのは酷でしょうし、僕は実際には死刑制度自体に反対ですし法整備のない中で突然罰するのは後に免れようのない社会悪となると思います


しかし問題はこうした責任感の無さなど多くの盲目が日本中を覆っているという事実に全く目を向けることのできない分断された共通認識にあるでしょう

一昔前であれば先生や父親が正しい恐怖を背景としたいわゆる威厳なるものでわざわざ言葉にする必要もなく社会には適切な緊張感がありました

こうした緊張感を無くし自由を育むことは良いのですがその自由を担保する為の役割となる犠牲の存在や社会構造を理解した上で社会と繋がることが好ましいと言えます

それは緊張感を持つべきだということではなく前提が理解された上で行動に責任を持つという事であり、わざわざ意識しなくても「これは恥ずかしいよね、気持ち悪いよね」という共通認識が構築されているかいないかということが大切なのだということです


現在も弾圧によりホームレスとなっている僕へ何のアプローチもなく国家権力を利用した社会性が高いとされている人々による気持ちの悪い行いの存在を認識している人々が何を思っているのか不思議でなりません


つまり不良である過去を誇るように、ガリ勉であった過去を誇る事ができない大衆の社会的オーディナリー感を変えていく事が、不良である過去を誇る人を弾圧することよりも大切なことなのではないでしょうか?

そしてそのマインドこそが今の日本に必要なものであり、被害妄想コンプレックス洗脳コミュニティがただ気持ち悪いだけでなく日本や世界を滅ぼす理由だと言えるのです

だから現在の日本は先進国に白い目で見られていることにすら気がつくこともなく、統治者であられる部落済州島コミュニティが資本を背景とした成金チャイニーズマフィアさながらの弾圧を繰り返し無実の人々を殺しをしておいてオウム真理教と全く同じ偶像で正義や必要悪を語り児童買春や懺悔に訪れた少年に性的悪戯を行うのです


気持ち悪いです


因みにピエロの美学は笑われても良いと言ったものではありません

覚せい剤に侵されている起業家の方が笑われても良いと言ったようなことを「ピエロで良いんです」と言っていましたがピエロは笑われたくないのです

様々な技術を持ちながらも虐げられ蔑まれ、そして笑いながら涙を流しているのです

これはブルーズなのです

ピエロはピエロでいいなんて思っていません

それは忍びも同じものなのです


現在のピエロは笑われているだけかもしれませんがね、、、