なぜ僕が危機を感じているのかについては、資本主義がなぜ虐殺を正当化し多くの悲しみや憎しみが生まれるのかを理解する必要があります。

資本主義の問題がわからない人は先に「資本主義はなぜ戦争に向かうのか」を見てください。

武田邦彦教授はどちらにもそれぞれ問題があると言っていますが

どちらの問題も共産主義とまったく同じものなのです。

日本が助かる方法

最下部に次の説明動画があります。上記動画は下記文と同じ


現在の日本が抱えている問題から導かれるもの


細かい計算はできないけど大まかに言うと3つフェーズで考えると分かりやすい

一つはgdp、資本主義、つまり価値の数値化の話

一つは産業構造の変化、これは旧来のものづくりの人物金から情報、発想、走りながら作り変えるというビジネスモデルに変化したこと

そして最後に日本人は何を求めるのか


なぜこの3つを出したのかというと今抱えている問題の本質が、ルールそのものを変えるという事だから

つまり僕たちが今考えるべきは第一フレーズとして産業構造の変化と旧来の財閥などなど体質やゴミおじと表現される人々の文化をどう折り合いをつけていくのかということ


その先にあるのが価値の数値化、つまり資本主義による価値の数値化、それは西洋から始まった資本主義モデルをそのまま日本に当てはめていくのかどうかということ


この上記の2つの根幹にある問題は、ルールそのものをどうするのかという問題だ

もちろんその背後には国際社会との連携や軍事問題や国内資産の流出など様々考えなければならないことはあるけど、ここで3つ目の問題に辿り着きこの問題に立ち向かうことで正解を導くことができる


つまり日本人は何を求めるのか

例えば西洋資本主義を押し通すのならば短期的に日本は産業構造の変化を受け入れ既得権の改革なのか規制緩和なのか、つまり財界には消えてもらう覚悟を持ってもらうしかない程の変化を受け入れざる負えないのではないか

そしてもちろんR>Gの法則による長期的にはまちがいなく起こりうる資本主義の原理によりパンクや大恐慌や戦争ありきで考えなければならない


中途半端に守りを固めるならば日本は衰退の一途を辿る、他国との競争にどのジャンルでも勝てなくなることが予想されるからだ


反対に資本主義を捨てて社会主義的になれば財界を守ることはできるがその代わり日本は昔は凄かったと過去の栄光に縋るブータンのような国になる

そしていつの日か中国にレイプされる


しかし日本独自の経済哲学を提唱し、国際社会と連携して日本独自の道を進むのであれば何の問題もない


そして僕はこのどちらも同時に存在させていつでも都合の良い方向に舵取りできるアクロバティックな手法を編み出した

これにより貧しい人も富める人も、老若男女の立場を守り、今ある既得権も維持して諸外国と戦うことができる

しかも低コストで抜本的改革を行うことが可能

通貨の信用は国家の価値に依存しているということなんだ


以下動画参照