投石ホームレス殺人はなぜ起こるのか

2680/04/26/14:57 投石ホームレス殺人はなぜ起こるのか


僕が青春時代を過ごした街は教育学部日本一の広島大学のある東広島市

教育は日教組を始め部落済州島民コミュニティの既得権となっていて、ロックフェラー石油利権からなる薬物や病院、行政、警察なども含む様々な特権を有する部落済州島民コミュニティの友達と夜な夜な徘徊する青春時代を過ごしました


その民族コミュニティは教育界を牛耳り日本の子供たちには従順な羊になるように教育しながら、自分たちの子供には「我々の先祖は世界最強の民族モンゴルだ、この世は所詮弱肉強食だ、我々は差別されたんだ、我々は悪いものだ、憎しみは大切な動力源だ、我々の存在は必要悪なんだ」といった教育を施しています


そんな彼らと時を過ごした僕の先祖は、何やら戦前の華族の子孫だとか日本軍のお偉いさんだとか

広島では有名な広島太郎と言われる大金持ちだったホームレスの親戚らしく、その事が部落済州島民の被害感情を刺激していたということに気がついたのは34歳の頃

僕は自分が在日であるということは知っていたけど、部落済州島民コミュニティからヒ素を混入されて育ち家族は鬱状態で家庭環境は悪く勉強どころではなかったので、日本の民族対立や日朝の歴史を全く知リませんでした

と言うよりは教えない様に情報を封鎖していたのだと今では理解しています


韓国というのは第二次大戦の最後の戦地であり、韓国内でも派閥争いが絶えない

済州島4.3事件により、連合国軍に島民を虐殺される中で日本に逃げてきた人々は十万人とも言われ、それ以前から日本にいた済州島民と同じ民族意識を持っている

これがいわゆる背乗りなどを行い在日や部落民へと変化していく

連合国軍に島民を殺された人々と同じ共通認識を育むいわゆる在日の中で一定数の人が在日であることを隠し、日本社会で成功を収め日本の権力の全てに存在し、差別されたという歴史的背景を幼少期から刷り込むことで日本や韓国に抱く憎しみを強い求心力として組織の維持に利用し民主主義社会を制服している

平和ボケさせられている日本人には理解し難いかもしれないけれど、子供の頃に自分の住んでいる街の仲間たちの半分を数年間に渡り虐殺された人々が日本に移住し、連合国軍である日本や韓国を憎むと同時に、元々日本にいた部落民やその子供達にも差別されたという日本への復讐心を植え付けているのだ


鑑別所などから出所する友達は一様に僕への態度を変えた

刑務官が彼らに教育しているのだ

「あいつは敵だ」


そんな彼らが言い始めるのが"必要悪"


僕自身が差別されて嫌がらせの中に存在する事を理解せずに彼らと行ってきた事は犯罪だった

血気盛んな彼等と時を過ごしていると落ちるところまで落ちたかと感じた事があった

それは中学生の頃から行っていた狩りの集大成

茶髪狩りに始まり、スカジャン狩り、エアマックス刈り、高校生刈り、親父刈り、そしてホームレス刈り

臆病な僕は時々呼び出されては度胸だめしのように罪を重ねた


しかしこの活動の本当の目的は彼らにとっての"我々"ではないもの同士を憎しみ合わせるエンターテイメント

度胸だめしを演出することで後に取り締まるべくテロリストを育てる活動だったようだ

そして時が来れば自殺に追い込む為に公安警察によるテロ対策が行われ、これまで気が付かないように行ってきた虐めや弾圧の実体を認識させ絶望の縁へと叩き落とす

気が狂う人やテロを起こす人、自殺する人や通り魔になる人

いろんな人がいるけど結局は部落済州島民が生まれる前の復讐を行い出来るだけ苦しみを与えた上で仕返しはされない様に設計された高度な拷問


もちろん部落済州島民だけで行われているのかは知らないが、少なくともネットで調べる限り日本の多くの残虐な事件の根幹にあるものがこうした民族対立であることが理解できる


富裕層と貧困層、官と民の対立、北朝鮮の拉致事件、南北朝鮮戦争、第二次大戦、満州事変、日露戦争、戊辰戦争、明治維新、、、

実際に何が起きたのかは関係ない

憎しみを原動力として人々を扇動し組織の拡大や既得権の維持や破壊が行われている


七五三の時にチマチョゴリを着ている母は日本人に石を投げられたが日本人を憎んだことは無いといった

済州島民でありながら僕のことを日本人として育てた

他の在日から裏切り者のように扱われたのか、戦前の富裕層を狙ったものなのか、はたまた普通に日本人による在日差別なのか、在日による日本人への差別なのか、

姿を表さずにヒ素や女性ホルモンなどを混入する気持ち悪い犯人たちの動機など分かるはずもない


僕はどちらともから標的とされていた事は明らかで、この国では第二次大戦の殺し合いが現代まで続いているということのようだ


ホームレス投石殺人の人が在日なのかはわからない

しかし確かな事はこの国では子供たちに憎しみを埋め込み既得権の維持のための工作員として育てている大人たちが存在するということで、その人々を僕が辿る限りは、警察を既得権とする集合体で皇室を守る彼らは一定の犯罪を"必要悪"として許している

それがヤクザという既得権となり警察と持ちつ持たれつとなっている

公安権を掌握し電磁波攻撃や集団ストーカーを悪用し民主主義を捻じ曲げ資本主義を不穏なものとする

更には差別的民族意識のお陰で民間人への情報漏洩が慢性化しテロリストにこの超法規的な活動が事前にだだ漏れ、そしてまた凶悪犯罪へと悪用される

そして生まれるオウム真理教を始め残虐な事件の数々


もちろんそれだけではなく、日常生活において家屋に侵入して薬物を混入したり、事ある毎に詐欺に嵌めて社会生活を困難にし、ホームレスになる様に周辺住民と結託し嫌がらせをしたり、持ち上げるだけ持ち上げてテレビなどで公開処刑に晒されたり、考えつく限りあらゆる事をやる

警察内部の犯行でもあることなどから捜査方法を熟知した犯人は捕まらない

警視庁の予算編成権を握る東京都議会で過半数を占める公明党創価学会による政治的圧力により捜査すらしない


なんでも差別のせいで行われた近親相姦の影響がそうさせるのだとか

だからたいした罪には問われない

悪いのは差別した人々だから


済州島は韓国で差別された

部落は日本で差別をされた

ユダヤは白人に差別された

そして特権階級になった


なのに彼らの存在すらも口にしてはならない

アメリカではユダヤの為の法律まで用意している

そして世界は虐殺を始めるしかなくなる

それこそがホントの必要悪だから、、、


情報を開示するべきだ

注意喚起をしなければ国家がグルだと思われても仕方がない

未だに何も知らずに弾圧され続けている人々が存在する

自分たちの正体がバレるくらいであれば日本人を皆殺しにしたほうがいいと考えているのか?

この真実を配信する僕のことを付け回して未だに黙らそうと嫌がらせをしながら鍛えてあげているとプロパガンダを行いストレスを与え命を削る

その人々は洗脳され何が正しいのかわからなくなっている

日本の食の安全が崩壊するのも時間の問題だ

これはなんの比喩でもなくオウム真理教による活動だ

右や左は関係ない

利用している技術や組織の作りや自覚があろうとなかろうと、工作員による自作自演だから

その事に気が付かずに多くの国民が扇動され右だ左だと踊らされている

逃げ道を用意され誘われるように逃げ込んで、成功をデザインされて知らず知らずにハメられ同族イジメの片棒を担がされている

そしてまた突き落とすタイミングを図られる


だから日本人は全滅する