ニュース女子で武田先生がなんだか落ち込んで見えた

ニュース女子で武田先生がなんだか落ち込んで見えた


武田先生の理想とする天皇を中心とした平等で平均的な社会の実現が遠ざかっているからだろうか

だけれども現在の世界の潮流となるマイケルサンデル教授のコミュニタリアニズムだけでなく全てにおいて正解はない

あるのは僕たちの合意だけ

永遠にどこまでも論理を細分化するだけで正解のない問題、つまりは未来を予測して僕たちは納得をする


武田先生がそんなことも分からないわけはないし武田先生の理想としている世界観は日本人に合うか合わないかで言うと合うのだと感じる

控え目で気を遣い合う事のできる人々

そこには個人間の貸し借りや損得よりも和への配慮による共同体としての責任や義務を重んじる社会


しかし問題はこうした日本らしい感性は外敵のない世界で培われたもの

古きよき世界に思いを馳せると同時に現在の現実にある近隣諸国などに目をむけなければならない

とするとやはり日本は欧米化していくしかないのか


これら東洋と西洋の妥協案がマイケルサンデル教授のコミュニタリアニズムだと言えると僕は考えていてこれはむしろ逃げ口上でしかない

しかし現代の日本のように欧米化した感性

それはつまり悪を許さず悪を認めない感性では必ず陥る分断へと辿り着く

なぜなら社会が認められない人が必ず発生するから

その必ず発生する人を許さないという形で進めていけば必ず生まれる善悪の対立

本当は元を正せば誰も悪くないのに

だから細かく分けて逃げ道を作ることで悪とされる人々の被害を分散することができる

それと同時に寛容な社会で育まれた子供たちはすくすくと育つ


つまり武田先生の考える理想的な日本の姿とマイケルサンデル教授のコミュニタリアニズムは比較的似ていると言える


決定的な違いは貧富の差が生まれるか生まれないか


しかしここで陥るパラドックスが日本的な平等化をした先に待ち受けるのは行政権による権力の集中

何かしら手続きが存在する以上権力を握る人が生まれ後に腐敗し悪と化す人が出てくる

そのどうしてもぬぐいされない悪は権力の集中が加速し手の付けられない巨悪へと変貌する

反対に資本による格差も同じ現象をもたらす


しかし現在目の前にある日本の問題は国民を技術革新の波に乗せることが出来ないことにある

その根幹にある恐怖の源が何なのか分からないけど悪無きところに善はない

その恐怖に打ち勝ち前に進み、見ることを止めずに聞くことを怠らないと決意したものだけが勝利を得る事ができる

先進国や多くの国はいつも目覚めてる

何故なら悪が蔓延ろうとも自らを欺かないからだ


日本は部落民が国民どころか自らをも欺くような仕組みを構築した

それをコミンテルンというのか何なのか


僕が理想的だと思う社会は武田先生のそれと良く似ていると

ただ違うとすれば部落民という閉鎖的存在をなくすこと

一見この国のすべてが壊れるように見えるものも嘘つき被害妄想マインドを捨て、自らが近親相関の影響を少なからず持っている存在で同調圧力や無責任から極端な決断を行う民族であると言う事実を自覚するべきだ

そうした悪とされるものへ目を向けることでこの国は劇的に変わる事ができる

そしてそれは世界を救うものであり武田先生の考えるそれにより近くなる


何故なら部落済州島民コミュニティは自らの悪を認識しないが故に盲目の中を歩いているからだ

それは苦しくも西洋哲学の持つ善への執着心から来る

それはまさに懺悔に訪れた少年に性的悪戯をしてしまう神父のアルゴリズムと全くの同じもの

日本は欧米化していくしか中で混乱の百年を過ごしてきた


僕がアメリカを好きなのは普通に好きなのですが何よりもこれまで仲間だとしてきておいて国家の体制が変化したからこれからは中国に着きますなんて事は人類普遍的に許されるものではないし何よりも長期的に大きな損害を被るからだ


しかし国内の哲学的狭義を押し通すなかで現れる矛盾が米中派閥といったような逃げ道の確保に現れている


まさにそのどちらとも判断できないものを見せ、真ん中に誘導することが目的なのか何なのか


古き良き長屋文化は必ず破壊の後にやって来る

まず必要なのは部落民と在日を一人残らず排除すること

つまりそのような求心力を使う組織をテロ等準備罪の適用範囲内とする

その人々が存在する限り日本は自主独立するべきではないと言える

何故ならガイジの集まりだから


例えば僕からなにかを引き出して揚げ足を取ろうとしてもそれは不可能だ

もちろん細かなミスはあると思うけど僕の言っていることが真実だから

そして何よりも人類普遍的に辿り着く答えに他ならないから


部落済州島民コミュニティを解体せよ


ps.僕は貧富の格差はあっていいと思う

最低限の生活が保証された上でならば

しかし大切なのはどん底から這い上がれたり多用な共同体を用意すること

合わないと感じた人が逃げ道がなくなるから

日本には逃げ場がない

三蔵法師を気取る部落民が被害妄想コンプレックス洗脳教育により生まれた執着心により管理しようとするから

そして何よりもそれらを悪用する存在への弾圧を行うことができない

部落民という求心力を使う同じ仲間だから情報漏洩が止まらない

これで完璧と思われる仕組みを構築したとしても仕組みがバレればいたちごっこ

安定した生活をしている人がその先を見ようとはしない

つまり悪は蔓延る

永遠にきりがないも言うことを認識し自らをただし続ける覚悟を持つことでしか解決手段はない

つまりこれは答えではない

悔い改めよ


気持ち悪いです

お金ください、償ってください