ホルムズ海峡有志連合の是非について

ホルムズ海峡有志連合の是非について


こちらの記事はさすがプロの仕事

ふんだんな情報量と卓越した文力と想定の範囲内で社会性にも配慮し壁の中で精一杯伸ばした落とし処を捉えている

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57103

全く持って文句のひとつもでない


しかしアラサガー(粗探しするガー、ガーはわきがーのように忌み嫌われる性質を持つという雰囲気とさがすという言葉との駄洒落が合わさった高い知能を有する先駆的な発想)の僕はやはり文句をつけずにはいられない

どれだけ勉強しようともどれだけ社会性が高かろうともそれなりにこういった記事に興味のある人が簡単に考え付くであろう当たり前のことを綴ってなんの意味があるのか疑問でならない

まぁ、日本の新聞などに比べれば情報とバランス感覚から見るに比較的優秀だと言える


ただそれでは被害妄想教育に洗脳されている気持ち悪い部落民たちを天国に導くことはできない

なので導いてあげようと思う、神の名の元に


このイラン問題の詳細については上記記事等を見てほしい

その上でこの問題の本質を綴る


この世界を巻き込んだタンカー事件は元を辿れば世界のエネルギー革命とイデオロギー対立により起きている

エネルギー革命とはシェールオイルの存在により中国が"ただの馬鹿デカく人が多いだけで日本の次に民主化リベラルを促すべき国"から"エネルギーがふんだんにある為替操作も辞さない世界を脅かす危険なリアリズムを持つ国"へと変化したことにより始まっている

聖書でも綴られているように人類はやがてイデオロギー対立に巻き込まれることは普遍の原理

それは論理というものが持つパラドックスによるものだ

簡単に説明すると自らに近い存在(以下内)を守ろうとすると自らに遠い存在(以下外)を犠牲にすることになり外を守ると内を犠牲にすることになる

この対立に終わりはないけど大きな事件を起こさずに何となく内外に揺れながら過ごすことで大きな痛みを避けることができる

つまりその時代時代に答えがあり普遍的な正解はないということ


しかし中国のように他国への侵略や世界覇権を胸に抱く国がある場合はあまり力を持たせ過ぎると危険だ

そしてこのイデオロギーは中東のそれとほぼ相違ない

そしてこのイデオロギー的分断が世界のどこでも掘ることのできる石油の代わりとなる燃料のシェールオイルの登場によりより濃厚となった

それはいままで中東を押さえていたドルの世界、それは石油を中心とした既得権により押さえつけられていた世界の軍事的均衡というか白人支配に挑戦をすることができるようになったからだ

とはいえまだまだ完全な軍備を備えるほど致命的な技術革新には至ってはいない


そんな中で起きている中国のようにサイバー空間による世界覇権への挑戦

この世界覇権も突き詰めると最終的にエネルギーを抑えようとするのは普遍的な物理的制約のある現時空での自然な反応

同時にアメリカや白人へ怒りや憎しみを持ち世界の軍事的均衡が崩れる時に革命思想を持つ可能性の高い人々が存在する

それは歴史的に様々な理由から存在するのでここでは説明しないがいわゆる戦争で負けた国の人やキリストをよく思っていない人

この宗教対立が言葉により論理でぶつかるとイデオロギー対立へと様変わりする

戦争で負けた人などについては若かりしエネルギーの発散が集合体となると明治維新のようないわゆるポピュリズムやナショナリズムなど革命的出来事に発展する可能性を秘めているのでうまくコントロールする必要がある

僕のように幼少期からチャイニーズマフィアにヒ素などを混入されたり公安警察を手玉にとり電磁波攻撃や集団ストーカーなどありとあらゆる嫌がらせを行い社会生活を困難にされている存在がいることなどからも戦争被害というものは時を越えて再燃する危険性を少なからず秘めているという現実がある


その覇権への反乱の可能性のある分子たちは好むと好まざるに関わらず自然と力を合わせるようになる

そして出来上がる巨大連合

この連合は全然表面化していないしまだまだ先の未来を予測したもの

しかし普遍的にそうなる

なぜそうなるのかは何かをある程度極めその先に辿り着ければ自然と理解できるので理解できない人は大好きなオナニーを極めることをお薦めする


上記のことを理解した上でイランにフォーカスしてみよう

イランの革命防衛軍というか中東全般に見られることだけど石油が出るので統治者は宗教などにのめり込みはするが比較的頭が悪い

それは石油という宝箱のお陰で大衆は働く必要がなく統治することが容易だからだ

石油が出るからお金がバンバン生まれるので何も考える必要などなく国家を統治できる

なので日本などでは当たり前の倫理観や法律など民衆が最終的にすがるべきものがない

あるのはイスラムなどの法典だけ

とはいえ地政学的や環境的に様々なストレスを抱えている

聖書という人類史上最強のメッセージ性を備えた書物による近隣諸国との対立

世界で一番価値のあるエネルギー資源の源

そして日本で台風や湿気が廻るように砂ぼこりが舞うと言えば何となく掴んで貰えるだろうか、灼熱の太陽の下で

大衆もただ遊んでるわけではないどころかイランは強烈な軍事国家

そして思い出してほしいのはその軍事を司るのは宗教指導者だということ

極論すると彼らは精神で殺し合いをすることの正当性を法よりも高い位置に置いている人々なのだ

それはもちろんイスラムという現代語に訳せば様々な言語上の不具合を起こす、それは読んだ人それぞれの解釈が多岐にわたる可能性を多大に秘めている古代の書物に書いてあることが何よりも大切だという国家体制の不具合でもある


そして訪れた石油の必要性の低下

世界中どこでも掘れるシェールオイル、もちろん掘る技術が必要なのだからそんな簡単な話ではないがわざわざ地球の裏側まで様々なリスクやコストのある船を走らせることを考えればその気になれば何時でも利用しなくてもよくなる


そんな中で元々宗教対立のある中東は自国を守ろうと更なる行動に出る

ほぼ全ての国が宗教を基準とした法により正義を並べ他国へ干渉するのだ

しかもイラク戦争を初め様々な扮装もある中で生まれてしまう反乱分子やテロリズム

その全ての人々が中東を生き延びようと行き交う

同時に各国もテロリストであろうと自国に対して敵意がないのであれば雇いたいという願望を持つ

そして起こるテロリストと軍事の癒着

もはや国家なのかテロ組織なのかすらわからない

確かなことは石油依存が終わるということは資本主義の原理により大衆が貧困化し体制維持のために国家はさらに押さえつけ目も当てられない未来が待ち受けているということ


しかしこの事実は中東の人々の既得権が崩壊するだけの話ではない

長らく続いた石油を中心とした既得権、それは世界でよく語られるユダヤ陰謀論の核心

イギリスから始まる産業革命世界でなくてはならないエネルギー資源となった石油支配の再編が起きている

もちろん新たなエネルギーをものにするのも同じ組織と言えるが組織が新しくなるということは少なからず人事の変更に伴いマインドが変化していくことを意味する

それと同じくして世界では情報統制の効かないIT技術の一般参入による大衆の知識欲の開放に呼応するように自国よりも他国を優先していると感じるリベラリズムへの反発が起きている


そして起こったタンカー事件と有志連合の是非


長くなったけどここで日本がすべきことは有志連合どころか日本主導でホルムズ海峡の安全を守りイランと密に連携を取り世界各国とイランの未来を切り開くことだ

それはイランの現政権にはとても決断しがたいものとなるかもしれないけどそれこそある程度世界各国が同調して全ての人がなるべく痛みの伴わないような形を実現するべく密な連携と嘘や秘密のない情報の開示により可能となる


リアリズムだのなんだといったところで僕たち日本人のほとんどは動物を殺すこともできない

せいぜい隠れてヒ素を盛って悪の仲間入りをする程度だ

あの悪名だかい部落民ですら

こんなことを言うと被害妄想教育に洗脳されている気持ち悪い人々は意地を張ってさらに嫌がらせをしてくるから言わないでおこう

僕の住んでいる町などは特定の対象にカフェで下剤を混入したりし初めている下痢街だ

ゲリガイ

こんなことに税金の投入されている部落民や公務員を使うのではなくて対象に税金を当てて鍛えた方がいい

発想が差別だしアホを集めてヒ素を混入させたところで犯罪率が上がって更に国益を害す


為替操作が行われている世界でどうなるかもわからない為替市場に参入する年金を原資とした特殊法人を作って大富豪たちに情報漏洩して損したり


そんなことに血税を持っていかれるくらいならイランに自衛隊派遣と同時に民間で軍隊を編成して自衛隊の下部組織を特殊法人で作り部落民にどうせ裏金流すんだから大好きな実戦の最前線に活躍の場を作るべきだ

個人的には人口削減を考えてなるべく死ぬようにした方がいいと思うけどそれは差別なのだろうか

彼らの行いを嘘をついていないと見れば喜ぶ差別のはずなんだが、、、ただの低能な嘘つきなのかもしれない


どちらにせよ是非を問うなんてレベルではない

日本の船がやられたことだけでなく世界貢献や民主主義を押し通そうとして長らく日本や世界のためにボロボロになったアメリカ国民のことを考えても、これからの日本の国防を考えてもこのチャンスを活かすべきだ


ホルムズ海峡には日本人の誇りが埋まっている


僕は行かないよ、部落民に子供の頃からヒ素を定期的に盛られることにより筋肉が付かない中でわざと辛い仕事に従事させられガリガリの足に両手両足腱鞘炎で目も絶大なダメージを負い失明が待っている

借金も背負わされ社会生活も奪われ心もボロボロだ


いち国民の安全保障を蔑ろにし憲法で禁止されている華族豪族に類する部落民という存在を野放しにし公安警察などの情報漏洩が慢性化して起きた事件の責任と国民への義務により、先に国家が僕に報いるべきだ


これは愛国心だ