日本人は原爆の父と呼ばれた男の苦悩と絶望に思いを馳せるべきだ

日本人は原爆の父と呼ばれた男の苦悩と絶望に思いを馳せるべきだ


僕はアメリカが大好き

それは洗脳されているとも言えるけど普通に論理的に考えてすごいと尊敬せざる終えないことばかり

そうでなくてもその行動規範や論理の根底にある自由や進歩への想いや、その反面生まれてしまう多くの悪を容認しながら目的を達っそうとする強さなどあげ始めれば霧のない奇跡を見せてくれている


その奇跡の一つには日本人に耐えがたい原爆投下という非人道的な出来事も含まれている

その事についてここで是非を争う気はないし、お互いの立場上平行線となることも仕方のないものだと考えている

僕のおばあちゃんは被爆者だ


しかしそんな国家の責任や義務を論ずるところから一歩離れて原爆を作った科学者たちに目を向けてほしい

原爆の父と呼ばれた男の名前はロバートオッペンハイマー

日本人であれば名前くらいは覚えておくべきだ

それは憎しみの相手だとかいった事ではなく、次のことからだ


ロバートはとても優秀な科学者で原爆開発の指揮を執った

ロスアラモス研究所で缶詰状態で極秘で行われるその研究は何でも最新の爆弾を研究していたそうだ

ロバートは何度か訪れる軍や官からのお願いに首を縦には降らなかった

科学的知識を人殺しのために利用したくなかったからだ

しかしドイツで起きたユダヤ人の大量虐殺など第二次大戦は混沌としていた

あれ狂う世界を止めるには強い力が必要だ、とてつもない力が


その人類を守るための想いを胸にロバートは研究に着手することにした

最高機密の厳戒体制で行われるロスアラモス研究所

研究者を集めるのにもそれなりに苦労はあったようだが集まったのは超一流の科学者たち

皆それぞれが胸に何かを抱えている

高い技術への興味や報酬、断られないから何となくと言う人もいたのではないかと言うのは僕の想像だけど僕の記憶が確かなら集まったのは千人とかだったような

因みに僕が読んだ本は「原爆の父と呼ばれた男」という本だったような、本人の手記のような感じだったような


そして完成が近づいた頃にロバートは不安に襲われる

何てものを作ってしまったのだ、本当につくって良かったのだろうか?

そして飛行機に乗って視察したとかという描写もあったような、断ったという描写だったか、、、


確かなことはロバートはとても後悔をし、その力の持つ強大さに恐怖し絶望していた


そんなはずはない、白人は野蛮だと言う人の意見も分からないことはないし、日本人であれ残虐な人間は存在する

僕の周辺に存在する母を何十年と痛ぶり殺害したオウム真理教の関係組織のように


普通にリアルに物事を考えたときにロバートに降りかかった責任や重圧、恐怖や絶望、そして後悔の念を理解できない人は少し脳みそを調べた方がいいかもしれない

例えばロバートがそんな人々と同じような人の気持ちをあまり考えられない人であったのだとしても実際に原爆を落とした後に押し寄せる恐怖はそうとうなはずだ

それでもいや、白人は頭がおかしいからと言う人はYouTubeで原爆や水爆の実験動画を見るといい

その凄まじいエネルギーやそれが人の住む地域に落とされたということによる絶望を少しでも感じるべきだ

個人的には原爆資料館に立ち寄ることを進める


もし例え自分がそのようなものを使用することを前提で開発したとすれば人生の全てにおいて強烈に作用するはずだ

夕暮れに町中でベンチに腰掛け休んでいるときにふと遠く広島の空を思い出したなら、、、

子供が大きくなっていく過程で広島の人々にも同じような生活があるのだということに思いを馳せてしまったとしたら、、、


僕たちは原爆を許すべきではないのだろうし原発に至っては既得権に群がる人々に疑問が残る

白人が悪いとか仕組みが悪いとか責任や損得など様々な問題を論議している


しかし昨今において僕が何よりも考えて変えていかなければならないと事はちゃんと感じることができているのだろうかということを認識する必要があるのにそれを許さないような教育や社会を構築するべきではないということ


人は全ての人が感じ考え表現する

脳に障害を持っている場合もあるけどそれはここでは置いておく

それら全ての精神活動の根幹にあるのは感じるということなんだ

言ってはならないだとか、こう思わなければならないだとか、様々な刷り込みをすることもいいけど日本人は人間が生まれながらに持つ感覚というものを今一度認識する必要がある


だから心が蝕まれていることにすら気がつかないし、気がつけない


そして第二次大戦前のような無責任な同調圧力が埋めつくし思考停止した人々が必要悪を掲げるんだ


現在のゴミ叔父連合会のように


原爆を落としたのはコミンテルンだとして日本の国会や行政にコミンテルンが存在していないと何故言い切れるんだ?

コミンテルンが戦争を起こそうとしている


今すぐに感じ直すべきだ

全てにおいて