自民党の憲法改正案を見ながら思ったこと

自民党の憲法改正案を見ながら思ったこと


僕は子供の頃からヒ素を混入されて育ったことについてはこれ迄何度も綴った

それが何故行われたのかハッキリとしたことは未だに謎に包まれながらも明らかなことは日本の部落済州島民コミュニティからの嫌がらせを受けているということ

自民党の憲法改正案を見ていくとこういった不穏な存在へのアンチテーゼだろうなと考えられるところが沢山存在する


youtube等でコメントしていると返信があり様々な角度から助言を頂きとても勉強になる

先日も僕のブログを見たという人が、何故君は安倍晋三を応援するんだ?と言った書き込みがあった

これについては様々な憶測もできるし安倍晋三という存在の属するコミュニティにより僕が嫌がらせを受けているのだとすることもできる

しかし僕の個人的な感覚では行っている人々は安倍晋三を応援しているいわゆる李氏朝鮮系のコミュニティに属するとされる人々だけど安部総理自体はその事をあまりよく思っていない、というかほとんどの人はそう思っている

しかし憎しみに身を焦がしやすい人やコンプレックスに苦しんでいる人など様々な人が存在するという現実がある


そして何よりも辿ると同じものだと考えられるけど国外の工作員に騙されていたり反社会的な存在に騙されていたりする人々が後を絶たない


そんな中でyoutubeのコメント欄でされた「なぜ君は安倍晋三を応援するんだ?」という質問

これについて僕は凄くこの国に危機が迫っていると思えてならない

それは多くの人がこの国で行われている不審な活動が適正な手続きにより安部総理など日本のトップクラスの人々による指示により行われていると思っているからだ

これについて真実はそうだとか様々な意見があると思うし実際にそうなのかも知れないけど何よりも国民が本気でそんな陰謀論を信じてしまうほどまでにこの国の統治者は信用を無くしているということに深い恐怖と絶望を感じる


それはつまり何かがあったときに最後にすがるべき国家という存在が信じるに足らないと国民が思っているということを示唆する

それは同時に日本人はもうすでに日本人というアイデンティティすらも失いかけているということを表している


それと同じように自民党の憲法改正案の家族という存在について家族は助け合うものだ、みたいなことが書かれている一文を見つけた

この国はそんなことを書かなければならない程になったと言うことと同時に最期にすがるべき国家がすがられたくないということを表現しているという悲しい現実を見せつけられたように感じる

勿論根幹には行政での生活保護の仕組みやシステムを悪用する存在へのアンチテーゼだと言うことはわかる

しかし村八分や集団ストーカーや電磁波攻撃など、国家権力に近い存在による個人や家族や法人ですら太刀打ちできない宗教などを悪用した強い権力による弾圧の実態が存在する国家において致命的な傷を負う可能性があると感じてしまう


ヒ素などの薬物を混入され肉体も精神も破壊され、仕事をすれば体を壊すように画策され、目を見えなくなるようにされたり、借金を背負わされたり名義を潰されたり経済的な圧迫を受けるようにされ、警察や学校や行政に勤める人間が一般人と手を組み冤罪による逮捕や学校での処分や行政での嫌がらせなど多岐にわたる弾圧や迫害や差別の実体のある日本

僕の場合どころか多くの被害者は家族に相談すれば頭がおかしいと言われ精神病院送りにされ薬付けにされ癈人と化し死に至らしめられる

疲弊し恥もプライドも全てを棄てて、それでも生き抜こうと辿り着く生活保護


これらの画策を用いているのが一体何なのか分からないが僕にしてみればCIAとチャイニーズマフィアの争いに巻き込まれたのか、単なる保険詐欺なのか

とにかく行っている存在はコンプレックスの塊や洗脳されたり騙されているアホだということだけは確か

その存在に対して適正な弾圧を行うことのできない国家権力が一部の人々を優越し差別する人々による強烈な民主主義への介入の存在し情報漏洩が慢性化してしまう社会設計の中で国家へ頼る道を塞ぎ家族に押し付けるのは余りにも無責任であると言わざる終えない


こんなことになるのも元を辿ればスパイ天国と言われるような国防意識への薄さが根幹にある

更には選挙など民主主義を悪用した一部の人々への権力の偏りが反社会的存在への後押しとなる

そればかりか教育や警察権など国家権力に準ずる存在の職務への責任を放棄したような不正な活動がこれら全てに拍車をかける

そして騙されていることにすら気がつかない人々を産み出し自分達でも止めることどころか認識することが出来なくなっている


それでも未だに頭大丈夫ですか?キャンペーンは行われているようなのでこんな説明を考えた(この頭大丈夫ですか?キャンペーン自体が潜在意識に刷り込んでいると考えられる、同じ様に太宰治や三島由紀夫など自殺を誘導するために潜在意識に刷り込もうとする働きかけが同時に行われている)


人が血を流して倒れていてすぐ周りに刃物を持っている人が倒れていたら疑う事は自然なことだ

ヒ素を混入されたことに気がついて生きてきてずっと感じていたものと同じものだとわかり、様々な不幸な出来事が起きている時に一緒にいた人々が自分の知らないところで繋がっていて歴史的な憎しみを抱いておりコンプレックスを植え付ける教育を施されていて自分はその嫉妬や妬みの対象となると思い当たる節があり身の回りで起きている不審な自殺を辿っていくと皆が同じ様に異性に対して優越的である人が不幸に見舞われるという共通点がありさらにそうした事件や事故が国中で起きているなら確信を持つのは普通のことだ


二年間綴り続けて未だ捜査の一つもしていないのならこの国の警察は既に手遅れなのかもしれない


どれだけ法整備しようとどれだけ優れた理論を当て嵌めてみようと活動する人々が目を覚ましていなければ何の意味もない


未だ何のアプローチもなしか

反対にお聞きしたい

頭大丈夫ですか?

オウム真理教の技術を手に入れ悪用していると考えられる存在がいるとしか考えられない