騒いでいる間は安心か

なぜ自作自演のプロパガンダを行うかがわかった


復讐や気持ち悪い行いをしているのはただ単に先祖や自分たちが受けた苦しみと同じような辛い思いを対象者である戦前の華族の子孫や部落差別をした日本人や南北朝鮮に分かれた韓国の人々などにさせたいからだということは確かなのだけど、なぜすぐに殺さないのか疑問で仕方がなかったけど良く考えれば苦しめて殺さなければ意味がないということだろう

復讐心からの行いだからとただ単純に考えていたけどなるべく苦しめて殺す事で後に遺恨を残さないとでも言いたいのだろう

そして生まれる僕のような一定の歳が来れば絶望を味合わせる為だけに生かしておいた奴隷に真実を突きつけることで苦しみを与えると同時に差別はあるのだとでもしたいのだろう

という事であるならば、辿り着く答えは逆だという事になる

しかしその逆というモノ自体も更に罠であると言える

つまり答えはなくどちらにも虐められているということが正解で逃げ場はない

こうすることで部落済州島コミュニティからの復讐は行っておいてこちらからの復讐は行えなくしているのだろう

しかし僕の場合は捜査により自作自演だということが明らかだから僕は復讐をすることができるし日本国民の賛同も得ることが出来ると考えている

ただ単にそれがユダヤの時のような弾圧にならないことを願っているだけだ


なぜそうなるのかについては僕の経験と記憶が頼りで決定的な他国の介在を示す証拠はないと言える

しかしながらこと国防という観点から言えば国家権力はこれらについて捜査なりをする義務がある

なぜなら人類普遍的な反応だからだ


人間は醜く弱い面を持つ

憎しみや怒りに身を任せ、さらなる業火に身を焦がす

その先にあるのは修羅道でありながら人間への唯一の道となる

僕はある意味で恵まれていたのかもしれない

子供の頃から暗闇からの気が付くことはできない部落済州島コミュニティからの嫌がらせに合いながら、同じく部落済州島コミュニティからの嫌がらせに気が付くことはなく人生を暗黒に導かれていた家族のストレスを全て受け止めてきた

毎日のように喧嘩していたのは朝鮮人だからだと思ったのは中学生の頃だった

しかし実際には公安警察さながらの電磁波攻撃や薬物の混入や家屋への侵入、肝炎ウイルスに借金地獄、異性からの色仕掛けによるストーキングや嫌がらせ

殺人の罪

それら家族の重荷も一番末っ子の僕にのし掛かってきた

そんな毎日の中で小学四年生の頃に兄や母への憎悪を育てて辿り着いたのが復讐する暇があるなら自分が幸せになることを考えるという事だった

これが僕の中で初めての悟りの経験でこれにより僕は部落済州島コミュニティからの嫌がらせに気がつくことはなかったと言える

まさか周りの人々が大人も含めてそんな気持ち悪く低能の集まりだなんて思いもしなかったからだ

そのゆとりのある様が更に被害妄想コンプレックスコミュニティの怒りを誘ったのだろう

そして母に起きたこと全てが量ったように同じように僕に起きている


いや、僕の頭がおかしいだけさ

あの世から前世の因果でもあるのだろう

確率でもそうなんだ

誰か調べてみてくれないかな

数百万分の一程度の確率だと思うんだ、、、

日本の人口が一億だとして百人はいるな、あれ?何万人といるみたいだな

ありえない

頭がおかしいのは部落済州島コミュニティだ


こうして民主主義を制する為にどれだけ多くの日本人が犠牲になってきたのか

しかし腑に落ちないのは広島という街が何なのかという事

気持ち悪いのは確かだけどなぜそこまで気持ち悪い人々に逆らえないのか

性奴隷にされたりしながらも逆らえない背景にあるのは恐怖としか思えない

そもそもがコンプレックスや被害感情により構築されたものなのだからたどり着く狭義は個を守る故の他への排他的活動を軸とした求心力の維持

そしてその排他的活動、弾圧に加担する事で逆らう事ができなくなり、さらに強い求心力となる

しかしそれらが部落済州島コミュニティ全てで行われているとは考えられないがオウム真理教の更に上を行く洗脳技術や求心力の構築などがこの国の民主主義を征するのだとしたら恐ろしくて考えざる負えない

なぜこれほどの組織犯罪に国家が何も動かないのか不思議でならない

やはり僕達一族は国家により殺される筈だったのか


しかしそうであるならば逃れることはなくすでに絶命している筈だし、更に大きな企みを作ることが出来るはず

この程度のことしかできないのだから民間の活動だと断定できる、もしくは何かに守られているのか

とすると民間のものであるならば左とされている人々は左とされている人々によるプロパガンダに騙されているということになる

つまり左とされている人々が国家へ反逆するように仕向けている工作の数々であると言える

という事は他国の介在を示す決定的な証拠はないとしても、組織犯罪であり政治犯罪でありテロリズムであることは明らかだ

なのに証拠がないとか言っているようでは警察も既に手の内という事か

やはり公明党による警視庁への政治的介入による捜査妨害を疑わざる負えない


やはり軍による捜査しか残されていないと言えるだろう

しかし最近の風潮から察するに自分を褒め称えるわけではないがある程度の抑止力にはなっているのではないだろうか?

軍事レベルの活動を意識すれば自ずと活動は制限される

そうして自殺率やうつ病患者や保険の支払い率などを調べれば犯罪率が低下している事は明らかだ

しかし部落済州島コミュニティという情報を開示する必要がある

それこそまさに軍事レベルの捜査により一般公開はしなくても出来る筈だ

本来であれば公安警察がこの役目を担う筈だが部落済州島コミュニティの影響下にある行政の傘下とも言える警察庁にはなんの信用もない


軍だけはまともであってほしいな

じゃないと殺される

おいらか騒いでいる間は親族は安心か、、、