何度もしつこいのですが多分みなさん、特に人生がうまく行っている人ほど挫折が少ない人ほど自分は大丈夫だと信じて疑わないので

何度もしつこいのですが多分みなさん、特に人生がうまく行っている人ほど挫折が少ない人ほど自分は大丈夫だと信じて疑わないので


ヒ素を混入された場合(ヒ素だけではありません)の症状をまとめます


口にする場面は往々にしてお酒を飲む場面が多いです

お酒の臭いや癖に紛れるからだと思います

まず口に入れた瞬間はあまりわかりません

少し辛いというか刺激はないけど硬い味がします

喉を通るときに詰まるような感じがあります

胸や喉が詰まるような感覚で不快です

その後は量によりますが、気だるくなり疲れたり眠くなったり頭が回らなかったり食欲が減ります

お腹が張ったようになり食べたものを吸収しないといった感じで苦しくなります

小さな事が気になったりすぐに堕ち込んだりコンプレックスを抱き始めます

それら自体は個々により様々でしょうから、なにか気になることがあり落ち込むことがあるということが妥当なのですが漠然としてはっきりしないと思いますので堕ち込んだりしたら飲食だけでなくスーパーでの買い物にも気をつけてください

店員どころか店ごと工作員である可能性すらあります

僕の経験ではまさにそうですが田舎だからできることであるのだとも思います

しかし混入するくらいはできるでしょうし飲食店に誘い込む事もできます


反対にやけにハイテンションになったり饒舌になったり、いくら飲んでも酔わなかったりします

分量が多い場合は数時間後に胸が張り詰めた感じになり心臓が張り裂けそうになります

筋弛緩剤か何かを混ぜているのか顔の筋肉が衰えて垂れてきます


こうした様々な症状を纏めると明らかにコンプレックスを抱いている存在による犯行であることが分かります

僕の調べる限りでは被害感情を植え付けることが既得権益に結びついたり組織の求心力となり優越的地位を確保できる存在による組織犯罪で中国マフィアと繋がりがあります

その中国マフィアの特徴を挙げるならハワイやモンゴルや東南アジアっぽくて背の低い人々です


もちろん見た目では判断できませんし差別的な目を向けるつもりもありませんがそうした個人の特徴を理由に共通点を持ち求心力とすることが可能で人類普遍的に行われる活動であるということを理解するべきでしょう

これは陰謀だとか反社会的存在による犯罪だとするのは簡単ですが僕の体感と調べた感じでは明らかに第二次大戦以前から続く他国の工作が関係しています

なぜなら工作のクオリティが民間レベルではないからです

もしかすると国家の戯れというか鍛えるためという名の虐待なのか何なのかわかりませんが僕の感覚ではただの金儲けです


例えば化粧品を売ろうとしたらどうでしょう?

いつものお客さんが離れて行きそうになり他社の化粧を購入し始めたならば顔が垂れるようにすれば化粧を元の製品に戻すでしょう

例えばライバルがいた場合はどうでしょう?

薬を混入してパフォーマンスを低下させる事は有効な手段となるでしょう

ありとあらゆることが考えられますがただひとつ確かなことは認識していなければ嵌められるということです

更に言うなればこれは国家の鍛えるという活動だとは言えません

もしそうであるならば頭が悪すぎるからです

これによる閉塞感や不信感による経済損失は計り知れません

しかし諜報機関を作るための活動であれば比較的価値はあると思いますが子供の頃から被害に合っているものとしては腹立たしいとしか言えません


しかし何よりもこうした様々な症状を引き起こすような存在が一般社会に紛れているという事を皆さんが理解するべきでしょう

そしてこれらの組織はある狭義に辿り着くことになります

それは自分達の独裁化こそが正義であるということです

お気をつけ下さい


例えば安倍政権がそうであれば恐ろしいでしょうが僕は反対なのではないかと考えてもいます

こうした不穏な存在に立ち向かっているのが安倍政権なのではないかと

しかし問題はどちらにせよ憲法を改正して独裁的になって恐ろしいことが起きようと恐ろしくないパターンであろうとその後には恐ろしいことが待ち構えているという事でしょう


僕の願いは安倍政権は救世主で独裁をするけど後にもたらす恐ろしいことにはならないように、やめる時には憲法をまた元に戻すというアクロバティックな方法が好ましいと感じます

強権を振るい敵の手に渡れば復讐が待っているのだから


日本の一部は儒教丸出し

どちらにせよ、危険です

三大政党制にするべきだ

逃げ場がない